エンゲージメントを軸とした行動モデルと評価指標

ウェブマーケティング

  • 顧客獲得が重要視されていた
  • 顧客体験を軸とした「ブランディングとエンゲージメント」の重要性が見直されている
  • 広告においても「関節効果」を評価する必要性が高まっている。

  • エンゲージメントとは

  • 企業や商品ブランドなどに対してユーザーが共感を得て愛着を持っている状態
  • 企業とユーザーのつながりの強さを表す指標

  • ユーザーから共感を得るには

  • 長期的な顧客体験を通じ、関係性をより良いものにする必要がある。

  • エンゲージメントを高めるには

  • 広告などでオウンドメディアに新規ユーザーを集めるだけでは長期的な共感は得られない
  • ソーシャルメディアを中心としたユーザーとの積極的な交流により、新規訪問者をファン化する
  • コンテンツの内容に共感できる、拡散したいと感じたユーザーが多い状態=エンゲージメントが高い