ブルーオーシャン戦略

ブルーオーシャン戦略

ブルーオーシャン戦略とは未開拓のユーザーに新しい価値を提供し
新しい市場を創造し利潤の最大化を実現することです。

戦略キャンパス

  • 競争要因を並べ、買い手にとって価値の高さを明らかにするチャート
  • チャートで表す事業戦略を「価値曲線」と呼ぶ
  • 横軸:顧客への提供価値としての業界の競争要因
  • 縦軸:顧客が享受している価値レベル
  • PMSマップ

  • 縦軸:「パイオニア(Pioneer)」「移行者(Migrator)」「安住者(Setter)」
  • 横軸:「現在」「将来」→ブルーオーシャンを創造できる製品・サービスを絞り込むフレームワーク
  • パイオニア:顧客に提供する価値を格段に引き上げる可能性のある人
  • 安住者:標準的な価値曲線となる層
  • 移行者:パイオニアと安住者の中間
  • 非顧客層3グループの分類

    購入していないユーザーを潜在的な市場として考え、非顧客層の共通点を発見する。

    消極的買い手

    なぜ、対象事業で購買を増やさないかという視点で分析

    利用しないと決めた買い手

    使わないと判断した人。対象事業の製品やサービスを使わなくなった理由を探る。

    市場から距離を置く買い手

    心理を分析し、自社の製品やサービスとつながりを持つ可能性を探る。
    それぞれの共通点を解明しブルーオーシャンを創造する。