知識表現

知識表現

人工無能

特定のルール、手順に沿って会話を機械的に処理

イライザ

人工無能の元祖
1964~66にかけてジョセフ・ワイゼンバウムによって開発

知識ベースの構築とエキスパートシステム

エキスパートシステム

専門分野の知識を取り込みその分野のエキスパートシステムのように振る舞うプログラム。

マイシン

初期のエキスパートシステム
1970年代にスタンフォード大学で開発

DENDRAL

有機化合物を特定するエキスパートシステム

意味ネットワーク(長期記憶の構造モデル)

概念をラベルの付いたノードで表す。

オントロジー(概念体系を記述するための方法論)

Cycプロジェクト

すべての一般常識をコンピュータに取り込もうというプロジェクト

オントロジー

オントロジーとは知識を体系化する方法論で目的は知識の共有と活用