リードジェネレーションサイトに関わるビジネスの理解

リードジェネレーションの目的

  • 見込み客「リード」を獲得すること
  • 業種ごとの重視ポイント

    リード数を重視する場合

  • リードの獲得件数、店舗への集客数、商談率、受注率などの数に注目
  • →リード獲得時には受注した時の客単価が不明のため。
    →不動産、結婚式場

    リードの質を重視する場合

  • 顧客や企業属性により、商談や案件単価に差がある
  • →リードの質が重要

    リードジェネレーションサイトの戦略

    リートチャリング

  • 獲得したリード(見込み客=潜在顧客)をメールや電話を用いてブーチャリング(関係を熟成)するプロセス
  • 「マーケテイングオートメーション(MA)」を利用し適切なメールや電話を行う。
  • インサイドセールス

  • リードジェネレーション領域からリードナーチャリング領域にリードを受け渡す役割
  • 主に電話やオンラインでの商談
  • マーケティング活動から商談機会を創造
  • アカウントベースマーケティング(ABM)

  • 事業内容に合わせ狙ったターゲットを企業単位や業種単位で特定しデジタルとリアルの両方の接点からアプローチ
  • 獲得したリードの質で評価
  • アカウント(ターゲット企業)の選定が重要