広告の目的と種類

広告出稿の背景

  • 獲得増加を目的としたCV重視
  • ブランド認知を高めるなど
  • 広告の目的から効果、指標を考える

    広告で成功するには?

  • 出向前に目的の明確化
  • ターゲット層と広告による効果を理解
  • 広告に結びつくメディアプランの設計
  • 広告メニューの選定
  • 効果検証
  • 検証すべき効果

  • インプレッション効果→消費にゃブランドの認知や行為を抱き消費行動に影響を及ぼす効果
  • トラフィック効果→サイトやランディングページへ誘導する効果
  • レスポンス効果→資料請求や申し込み、商品購入など行動を促す効果
  • ターゲット設定による露出の管理

    広告の効果的な露出

  • オーディエンスターゲットやコンテンツターゲットといった設定方法を用いターゲットを絞って配信
  • オーディエンスターゲット

  • 媒体が持つデータや媒体が連携したデータを元にユーザーに合わせてターゲット設定
  • コンテンツターゲット

  • ウェブサイトやアプリの内容に合わせターゲットを設定
  • リーチとフリークエンシー

    フリークエンシー

  • ユーザーが広告に振れた頻度や回数
  • 多すぎると飽きられたり嫌がられる
  • SNS広告など受動的に情報を受け取るプッシュ型の広告ではフリークエンシーのコントロールが重要
  • フリークエンシーキャップを使うと回数制限等設定可能
  • ディスプレイ広告

    オーディエンスターゲティング

  • 広告閲覧者の属性で制御
  • ユーザーの興味、関心、習慣で制御
  • 購買意欲の高いユーザーに広告表示
  • 対象ユーザを決めてユーザーに広告表示
  • 年、性別など属性で表示する方法などがある。
  • コンテンツターゲッティング

  • コンテンツの内容で制御
  • ターゲットをしっかりセグメントしてしつこく思わせない範囲で配信
  • コンテンツが少ないときはターゲッティングの範囲を拡大する
  • 範囲を広げればインプレッションは増えるが効率は悪い(その分予算を消費するため)
  • ソーシャルメディア広告

  • メディアごとに特徴がある。
  • Facebook広告、Instagram広告

  • 目的
  • フォーマット
  • 配信する受けて(オーディエンス)
  • 配信するメディア
  • に合わせて利用

    Twitter広告

  • 施策別の広告出稿ができる
  • 迅速な配信が可能
  • 審査が早い
  • 「オートプロモート」という月額サービスもある
  • 検索連動型広告

  • キーワードの入札単価、マッチタイプ(広告表示の条件)によりインプレションのコントロールが可能
  • マッチタイプ

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 部分一致
  • 絞り込み部分一致