ソーシャルメディア活用の設計方法

ソーシャルメディア活用の目的

  • 認知度拡大、関心醸成
  • ブランディング:ブランドのイメージ作り
  • コンバージョン:顧客の直接的な行動の創出
  • 運用目的ごとのコンテンツの設計

    広告認知は得られたもののブランド認知は得られなかったということがないように、どのようなコンテンツで露出とエンゲージメントを得たかをしっかり確認しておく必要がある。

    認知度拡大、関心醸成

    ブランド名を認知して関心を持ってもらうことに役立っているかどうかが重要
    →商品、サービス企業名、特徴をコンテンツに盛り込む