検索キーワードの種類

概要

SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。
検索キーワードの種類について勉強しました。


種類

キーワードは下の3つのグループに分類できます。

  • 指名検索
  • 購入検索
  • 情報検索
  • 指名検索

  • 企業やブランド名での検索
  • そこで購入しようという意欲の高いユーザーが検索=成約率が高い
  • サービスや固有名詞で検索すること
  • 購入検索

  • モノやサービスを購入するときの検索キーワード(「ノートPC 通販」など)
  • 指名検索の次に成約率が高い
  • 成約率が高いためこのキーワードで上位表示を狙うことが多い
  • 情報検索

  • 疑問解消のための検索
  • 直接的にすぐに売り上げにつながらない
  • サイトのアクセスを増やしGoogleからの評価を高めるたには欠かせない
  • 本の紹介

    キーワード調査

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    企画人気要素の重要ポイントは、ユーザーが検索しているキーワードを知ることです。
    キーワード調査ツール、キーワードの種類などについて勉強しました。


    キーワード調査ツール

  • Googleキーワードプランナーを使用し、ユーザーが検索しているキーワードを調べる
  • Googleキーワードプランナー

  • GoogleアカウントのID,パスワードでログイン
  • キーワードを入力

  • ⇒入力したキーワードがGoogleで前月何回検索されているかわかる。

    [CSVファイルをダウンロードしてExcel等で開くと下記が分かる]

  • 関連キーワード
  • 各関連キーワードの競合性(競争率)
  • 各関連キーワードの平均月間検索数
  • 各関連キーワードのGoogleアドワーズ広告の推察入札金額
  • 関連ワード

  • 検索を行ったユーザーがほかにどのような関連性のあるワードで検索したか
  • 競合性

  • 1が最大値
  • 競争率が高いと広告の入札費用が高くなる(競争率が上がるため)
  • 推奨入札金額

  • そのキーワードで上位表示を目指す際、高額な競争率が高いキーワードがわかる
  • 本の紹介

    リスティング1

    概要

    Web広告の中の、リスティング広告について勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • 特徴
  • 検索連動型
  • リスティング広告の構成と要素
  • リスティング広告運用のための効果的なリスティングのポイント
  • 本の紹介


  • 特徴

  • ユーザーの検索キーワードと連動して表示される「検索連動型」と
  • ユーザーが閲覧しているサイトのコンテンツに関連して表示される「コンテンツ連動型」がある。
  • 検索連動型

  • 自然検索と同様にニーズが顕在化した状態=ユーザーのモチベーションが高い
  • ⇒CVRも他の広告より高い=費用面でメリットがある。
  • 検索キーワードに連動して広告を表示するため「入札」を行う。
  • 「入札」+「広告品質」で検索順位が決まる。
  • リスティング広告の構成と要素

  • 広告グループでキーワードや広告クリエイティブ(タイトルと広告テキスト)URLなどを管理
  • リスティング広告運用のための効果的なリスティングのポイント

  • USP(Unique Selling Propostion:独学のセールスポイントを強調)
  • 価格、優待情報、限定情報の記載
  • 行動を促すフレーズを入れる
  • 広告内にキーワードを入れる
  • 広告とリンク先の関連性を高める
  • テストを行う。
  • 本の紹介


    分析視点

    概要

    リファラーとキーワードという切り口で分析視点を整理します。

  • 目次
  • 概要
  • リファラー
  • キーワード
  • 本の紹介


  • リファラー

    【集客施策の状況把握】

  • トラフィック(データ転送量)で集客のボリュームを把握
  • 流入後どの程度の割合でコンバージョンがあったかを確認
  • かけたコスト以上にひようたいこうかはあったのか確認

  • といったことを施策別、集客経路別に把握する。

    【SSLとの連動把握】

  • 「いいね」の数や「リーチ」の数
  • SNS経由でのサイト訪問数

  • などを日別に比較しSNSの反響を測る

    【日別や時間帯別の把握】

  • 分類ごとに日別、時間帯別でグラフにする
  • キーワード

  • ある程度のアクセス規模のWebサイトであれば流入時のキーワードTop100をカテゴライズする
  • 企業名、商品名、カテゴリ名などカテゴリベースで再集計し傾向をみる
  • 本の紹介


    検索エンジンの歴史

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    検索エンジンの歴史として、ディレクトリ型の検索エンジンの検索方法やメリット、デメリットについて勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • ディレクトリ型検索エンジン
  • ディレクトリ型検索エンジンの検索方法
  • ディレクトリ型検索エンジンのメリット
  • ディレクトリ型検索エンジンのデメリット
  • 本の紹介


  • ディレクトリ型検索エンジン

  • 人間がWebサイトの名前、紹介文、URLをデータベースに記述
  • カテゴリ別に整理
  • 情報収集も内容編集も人の手で行う。
  • ディレクトリ型検索エンジンの検索方法

    [カテゴリ検索]

  • ユーザーがカテゴリ名をクリックすると目的のサイトが見つかる
  • [キーワード検索]

  • キーワードを入力するとあらかじめ設定されているサイト名や紹介文とキーワードが適合すると表示される。
  • ディレクトリ型検索エンジンのメリット

  • 人的管理のため無駄が少ない、有益な情報が見やすい
  • カテゴリを通じ、自分の興味ある分野のサイトが見つかる。
  • ディレクトリ型検索エンジンのデメリット

  • キーワード検索で見つからない時もある。
  • 情報量が少ない
  • 掲載情報が運営会社によって左右される。
  • 本の紹介

    流入でみるべきポイント詳細(リファラ)

    概要

    流入でみるべきポイント で4つのステップに分けて課題を発見すると書きましたが、今回はその中の流入について細かく勉強したことをまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • 流入
  • 参照元あり(リファラー)と参照元なし(ノーリファラー)
  • キーワードとフレーズの違い
  • 本の紹介


  • 流入

  • ユーザーがサイトに訪れること
  • KPIどおりにユーザーが訪問(セッション)しているかモニタリングをする
  • ユーザーがどうしてサイトへ訪れたか「流入元(トラフィック)」や「参照元(リファラー)」を把握することで理由が浮かび上がる
  • 流入元ごとにアクセス解析を行うことで見込み通りの目論見が確認できる。
  • 参照元あり(リファラー)と参照元なし(ノーリファラー)

    リファラー

  • GoogleからYahooからのように参照元が判別できるものを言う
  • ユーザーが検索結果からサイトへ流入した場合、流入したキーワードを分析
  • ⇒検索キーワードはWebサイト改善のヒントになる。

    キーワードとフレーズ

    キーワード

    フレーズが空白で区切られた場合、空白前後で分割したもの

  • キングコング 西野
  • (例)フレーズ
  • キングコング 西野
  • (例)キーワード
  • キングコング
  • 西野
  • キングコング西野
  • 本の紹介


    時間軸とソーシャルメディアを意識したブログ作成

    概要

    ブログは簡単に作成でき、SEOにも活用が可能です。 年月で分類するだけでなく、キーワードからジャンルを作ったり、時間軸のキーワードを意識して記事を書く必要があります。

    【目次】
  • 概要
  • 新車ブログを例にしたサイトの場合
  • カテゴリの考え方
  • タグの使用について
  • ソーシャルメディアを意識する
  • 本の紹介
  • 新車ブログを例にしたサイトの場合

  • 発売前(モーターショー)
  • 発売直後(新車)
  • 発売1年後(中古車)
  • のように、時間軸でブログを書き、古い記事とリンクを貼りあうと効果的です。

    カテゴリの考え方

  • ブログのテーマに合わせて検索ニーズから作ります。
  • キーワードからカテゴリを作ると、検索エンジンにインデックスされやすくなります。

  • カテゴリをたくさん作り記事を複数に紐づけると、関係性が薄くなり逆効果のこともあり注意。

    タグの使用について

  • カテゴリで対策しきれなかった、人気のキーワードはタグでフォローします。
  • タグは近年あまり評価されない傾向もあります。
  • カテゴリと重複しないものにします。
  • ソーシャルメディアを意識する

  • 共感したユーザーが共有しやすいので記事ページにはソーシャルボタンを掲載します。
  • 記事の更新とともにソーシャルメディアでも投稿します。
  • 本の紹介


    テーマ性を意識してサイトの構成を考える

    概要

    Googleの検索エンジンは専門的で権威があり信頼できるサイトを重視します。

    【目次】
  • 概要
  • サイトのテーマを明確化する
  • 本の紹介
  • サイトのテーマを明確化する

  • 専門性の高いサイトはテーマが明確なのでSEO効果も出やすいです。
  • SEO評価の指標

  • サイトのテーマページで使われているキーワード
  • どんなサイトからリンクされているか
  • どんなサイトをリンクしているか
  • サイトの構造化

  • 関連したページを以下に置く構造にして構造認識させます
  • 本の紹介


    実践!「ブログ記事のキーワードを対策」

    概要

    ブログ記事のキーワードを対策で書いた方法を元にして、ブログの組み立てをやってみようと考えました。
    いざやってみると、本を読んでさらっとまとめた以上に難しいことが分かったのでまとめておこうと思います。

    【目次】
  • 概要
  • キーワードを抽出
  • Googleでキーワード検索
  • 感想
  • 本の紹介
  • キーワードを抽出

    ブログの記事に書くキーワードを抽出します。
    Shore_Tail自体は、「マーケティングやSEOなどを勉強してまとめ、副業にいかすこと」がコンセプトです。そこからキーワードの候補は「SEO」「ホームページ作成、SEO」「サイト アクセス分析」があげられます。

    Googleでキーワード検索

  • 「SEO」「ホームページ作成 SEO」では、SEOとは何か?費用はいくらかといったサイトが表示されました。
  • 「サイト アクセス分析」では、アクセス解析ツールについてのサイトがトップでした。
  • 感想

    この後、派生語ツールを使い段落を考えようとしたところで、つまりました。
    その上で感じたのは、キーワードを見て何を書こうか考えるのではなくて、自分が書こうとしたことに対してマッチするキーワードはどれなのか?と考えた方が書きやすいのかなという印象を受けました。

    本の紹介


    ブログ記事のキーワードを対策

    概要

    ブログを書き始める前に、キーワードの派生語や検索ニーズなどを調べ、段落を組み立てます。

    【目次】
  • 概要
  • 目的やシーンを考えてキーワードを抽出
  • 内容のクオリティを上げる
  • Gogleの検索結果をチェックする
  • 派生語からニーズを把握
  • 本の紹介
  • 目的やシーンを考えてキーワードを抽出

  • 記事の効果を出すには、検索意図の把握が重要です。
  • 目的やシーンにあたる検索ニーズは読み物での対策が向いています。

  • →目的というニーズが存在するため。
    →訪問者は目的を達成する方法を探している。

    内容のクオリティを上げる

  • 訪問者のニーズに合った情報
  • 説明文や写真などで分かりやすい内容にする

  • など、ユーザーが満足するようなコンテンツにすることも重要です。

    Gogleの検索結果をチェックする

  • キーワードを想定したら、Gogleで検索結果を確認します。
  • →Gogleは検索ニーズに一致すると判断したページを上位にヒットさせるため。

    派生語からニーズを把握

  • プランナーツールとサジェストツールを使用し派生語からニーズを把握します。
  • <例>
  • 検索ワード「デート、夏」
  • 派生語「場所、スポット、服装」
  • の場合

    タイトル:夏のデートにおすすめ!「穴場スポットとデートコーデ」

    本の紹介