チャネルの改良

概要

顧客の買いやすさの実現のため、マルチチャネルやオムニチャネルへ取り組む必要があります。

マルチチャネル

複数のチャネル(チャネル=商品と顧客を結ぶ経路)を用意することを、マルチチャネルと言います。

オムニチャネル

  • マルチチャネルをさらに推し進めた考え方を言います。
  • 店舗やWeb、スマフォなどすべてのチャネルで在庫や物流顧客情報を一元管理
  • 顧客が購入方法から受け取りまで自由に選べる
  • 参考書


    チャネルの構築

    概要

    商品と顧客を結ぶ経路(チャネル)つまり、価値の届けかたには大きなコストが発生します。顧客の利便性と効果のバランスを見極めることが必要になります。

    価値の届け方

    チャネルの種類

  • 販売チャネル:商品の販売場所
  • 流通チャネル:商品の輸送、物流を担う
  • コミュニケーションチャネル:商品の魅力を伝える。
  • 目に見えない価値

    チャネルの構築のためには、顧客と企業両方の視点を持ち「顧客が買いやすく、効率的に商品を届けるにはとうしたらよいのか」を考えるひつようがあります。

    参考書