デジタルの時代におけるターゲティングとは

概要

データのデジタル化が進んだ昨今、生活者はインターネットを利用することが当たり前になってきています。そこで、現代マーケティングではデジタルとアナログの両面でのマーケティングが必要になります。

ターゲットへのリーチの可能性

  • ターゲットへのリーチの可能性を考えるためには、デジタル化の影響を考慮する
  • 10~20代前半はインターネットとの使用が長い→コミュニケーション軸はデジタルメディア

  • 若者へのリーチはとても難しい。なぜか?
  • マルチスクリーンや複数アカウント、複数SNSなどタッチポイントが分散されているため
  • デバイスの利用目的TOP

  • スマフォ→コミュニケーション
  • パソコン→情報収集
  • タブレット→エンタメ視聴

  • どの世代でもスマフォでどのように見るかということをターゲッティング視点として持つべき。

    デジタルマーケティング

    概要

    デジタルマーケティングとはマーケティング全体をデジタル化したものです。

    デジタルマーケティングとは

  • テクノロジーを活用しマーケテイング全体をデジタル化していくということ
  • デジタル化とは

  • あらゆる活動がWEB上で完結すること
  • デジタル化によりビジネスのか環境は「データ化」「高速化」「二極化」のように変化をもたらした
  • データ化

  • 一人一人の行動がデータ化され企業に蓄積されるようになった
  • 高速化

  • テクノロジーの高速化により、リサーチなどの業務処理にかかる時間が短縮化された
  • 二極化

  • データ分析できなければデータ化の波に乗れず、仕事がなくなる人も出てくる