デジタル広告の課題と対策

概要

デジタルマーケティングの施策や市場にはメリットもデメリットも存在します。

ブランドセーフティとは

アダルトサイトや暴力的なサイトと言った公序良俗に反するコンテンツや著作権侵害など不正を行っているコンテンツへ自社広告が掲載されるのを防ぐ取り組み

ブランドセーフティの具体的な方法

  • 広告配信の際に優先的に配信したいメディア(ホワイトリスト)と除外したいメディア(ブラックリスト)を事前に設定
  • PMPと呼ばれる質の高いメディアのみ出稿できるアドネットワークを活用
  • 広告表示先を確認できるツールを活用し目視
  • マーケティングミックスのデジタル化

    概要

    テクノロジーはマーケティングミックスの4Pにもデジタル化をもたらしています。 ここでは、4P分析のデジタル化についてまとめました。

    4Pのデジタル化

    商品(Product)

    様々なWebサービス

    価格(Price)

    需要と供給のバランスで価格を変動させる「ダイナミックプライシング」という仕組みが有名。

    流通(Place)

    amazonや楽天などのECサイト

    価値訴求(Promotion)

    広告やコミュニケーションのデジタル化

    インターネット広告

    インターネット広告には以下のような種類があります。

  • リスティング広告→検索エンジンを活用した広告
  • ディスプレイ広告→WEBページやSNSといったメディア内にある広告枠に表示する広告
  • メール広告
  • インフィード広告→ページの記事と記事の間に表示される広告
  • アドネットワーク

    複数のメディア広告枠をネットワークとしてつなげたものをアドネットワークと言い、以下のような特徴があります。
  • 広告主は、アドネットワーク事業者との未やり取りすればよく手続きが簡単
  • ネットワークにつながっている複数メディアに一括で広告掲載ができる
  • メディアごと効果測定データも手軽に入手できる