検索ニーズの背景に注目

概要

キーワードはSEOにおいて最も大切な要素です。検索するユーザーの意図へのフォーカスが重要になっています。

【目次】
  • 概要
  • 検索されないキーワード
  • 検索意図をとらえる
  • 本の紹介
  • 検索されないキーワード

  • 訪問者は、こちらが想定したキーワードで検索するわけではありません。
  • キーワードとは検索で実際に使われる言葉です。
  • キーワードを入れて、空白を開けた時サジェストで補完される候補が実際に検索されるワードです。
  • 検索意図をとらえる

  • 訪問者のキーワードであることが大切です。
  • 検索数の人気度だけではなく、「検索意図」つまり背景を探ることが重要です。
  • 訪問者の意図の探り方

  • 派生語から探る
  • 例:「花粉症」
  • 派生語:「花粉症 メガネ」のようなキーワードの事
  • 花粉症:総合情報がヒット
  • 花粉症 メガネ:ECサイトや製品サイト(購入目的がありそうなワードのため)
  • →検索結果はユーザーのニーズを反映したものになっています。

    検索意図の3つの分類

  • ナビゲーショナル(案内型):社名やサービスなど固有名詞が主
  • インフォメーショナル(情報収集):悩みを解決したいというニーズ
  • トランザクショナル(取引型):購入ニーズのワード
  • →SEOを考える上で大切なのはインフォメーショナル型とンザクショナル型です。

    本の紹介


    ユーザーの検索ニーズからサイト構成を考える

    概要

    サイトに使うキーワードを考えたら次はサイトの構成を考えます。SEOの観点から重要なのは、「検索ニーズからサイト構成を考える」ことです。「検索ニーズ=訪問者の目的」です。

    【目次】
  • 概要
  • サイトの構成を考える
  • サイトマップにキーワードを書きこむ
  • 本の紹介
  • サイトの構成を考える

  • 最初にサイトの全体像を決めます。
  • サイトマップを作りサイトの構造を把握します
  • ターゲットキーワードを配置したキーワードマップを作ります。
  • サイトマップにキーワードを書きこむ

  • サイト全体を見渡せる「サイトマップ」を作成します。
  • 次にキーワードマップを作ります。
  • サイトマップにどこでどのキーワードを対策するか書き込みます。
  • 本の紹介


    顧客を学ぶ

    概要

    市場のニーズをとらえるためには、すでに顧客となっている人の声を聴くことが大切です。
    「どんな商品を購入しているのか?」「購入している金額や頻度」「購入理由、きっかけ、満足度」「ライフスタイルやパーソナリティ」など
    顧客理解が深まれば商品の課題やベネフィットが明確になります。

    新しいニーズを見つける

    新しいニーズを見つけるためには、既存の顧客を理解する必要があります。そのための分析方法として、「HMLN分析」というものがあります。

    HMLN分析とは

    ユーザーを以下のように分けます。
  • Heavyユーザー(週に1回以上購入する人)
  • Middleユーザー(月に1~2回以上購入する人)
  • Lightユーザー(月に1回も購入しない人)
  • Nonユーザー(過去に購入したことがない人)

  • どのような商品であっても頻繁に購入する人とめったに購入しない人ではニーズの差は大きいです。
    ヘビーユーザーはその中でも商品に接している機会がとても多いので、そこから更なるアイディアが生まれる可能性があります。

    参考書