流入でみるべきポイント詳細(ノーリファラ)

概要

流入でみるべきポイント で4つのステップに分けて課題を発見すると書きましたが、今回はその中の流入について細かく勉強したことをまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • ノーリファラ
  • ノーリファラの原因
  • パラメータ
  • 本の紹介


  • ノーリファラ

  • 参照元(どこから飛んできたか?検索エンジン?メルカリ?)が判別できないもの
  • ノーリファラの原因

  • ブックマーク
  • ブラウザの履歴
  • SSLからHTTPのページへ
  • アドレスバーに直接入力
  • アプリケーションからのリンク
  • リダイレクト
  • メールからのリンク
  • 印刷媒体のQRコード
  • SSL

    SSLとHTTPSって同じだよな?って印象だったので調べました。
    SSLを調べてみると

    「サーバーとクライアント間の通信を暗号化してセキュリティを高める通信手段」
    ということでした。やっぱり同じだなと思いもう少し調べました。

  • HTTP には情報を安全にやりとりする仕組みがない
  • そこで「SSL/TLS」が登場。
  • HTTP で行われるウェブ通信に、「SSL/TLS」をくわえて「ウェブで情報を安全にやりとりする仕組み」にしたものが、「HTTPS」

  • ということでした。

    HTTP君が防具(SSL/TLS)を持ったみたいなイメージかな?

    パラメータ

  • 設定することで参照元の判別が可能になる
  • HRL/?…のように?以降にパラメータがつけられる。
  • ツールで発行することも可能
  • ノーリファラの判別だけではなくリスティングなどの広告設定にも有効
  • 本の紹介


    流入でみるべきポイント詳細(リファラ)

    概要

    流入でみるべきポイント で4つのステップに分けて課題を発見すると書きましたが、今回はその中の流入について細かく勉強したことをまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • 流入
  • 参照元あり(リファラー)と参照元なし(ノーリファラー)
  • キーワードとフレーズの違い
  • 本の紹介


  • 流入

  • ユーザーがサイトに訪れること
  • KPIどおりにユーザーが訪問(セッション)しているかモニタリングをする
  • ユーザーがどうしてサイトへ訪れたか「流入元(トラフィック)」や「参照元(リファラー)」を把握することで理由が浮かび上がる
  • 流入元ごとにアクセス解析を行うことで見込み通りの目論見が確認できる。
  • 参照元あり(リファラー)と参照元なし(ノーリファラー)

    リファラー

  • GoogleからYahooからのように参照元が判別できるものを言う
  • ユーザーが検索結果からサイトへ流入した場合、流入したキーワードを分析
  • ⇒検索キーワードはWebサイト改善のヒントになる。

    キーワードとフレーズ

    キーワード

    フレーズが空白で区切られた場合、空白前後で分割したもの

  • キングコング 西野
  • (例)フレーズ
  • キングコング 西野
  • (例)キーワード
  • キングコング
  • 西野
  • キングコング西野
  • 本の紹介