流入でみるべきポイント詳細(ノーリファラ)

概要

流入でみるべきポイント で4つのステップに分けて課題を発見すると書きましたが、今回はその中の流入について細かく勉強したことをまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • ノーリファラ
  • ノーリファラの原因
  • パラメータ
  • 本の紹介


  • ノーリファラ

  • 参照元(どこから飛んできたか?検索エンジン?メルカリ?)が判別できないもの
  • ノーリファラの原因

  • ブックマーク
  • ブラウザの履歴
  • SSLからHTTPのページへ
  • アドレスバーに直接入力
  • アプリケーションからのリンク
  • リダイレクト
  • メールからのリンク
  • 印刷媒体のQRコード
  • SSL

    SSLとHTTPSって同じだよな?って印象だったので調べました。
    SSLを調べてみると

    「サーバーとクライアント間の通信を暗号化してセキュリティを高める通信手段」
    ということでした。やっぱり同じだなと思いもう少し調べました。

  • HTTP には情報を安全にやりとりする仕組みがない
  • そこで「SSL/TLS」が登場。
  • HTTP で行われるウェブ通信に、「SSL/TLS」をくわえて「ウェブで情報を安全にやりとりする仕組み」にしたものが、「HTTPS」

  • ということでした。

    HTTP君が防具(SSL/TLS)を持ったみたいなイメージかな?

    パラメータ

  • 設定することで参照元の判別が可能になる
  • HRL/?…のように?以降にパラメータがつけられる。
  • ツールで発行することも可能
  • ノーリファラの判別だけではなくリスティングなどの広告設定にも有効
  • 本の紹介