B2Bサイトの対策

概要

B2Bサイトはビジネスモデルごと、必要なキーワードやサイト構造が異なります。

【目次】
  • 概要
  • 目的ごとサイトの構造を考える
  • 企業の立場でカテゴリを考えない
  • 本の紹介
  • 目的ごとサイトの構造を考える

    <例>
    企業向けのプリンタ販売サイト
  • カテゴリ:製品情報、サポート情報、ドライバー情報
  • →一つの製品の情報が3つのカテゴリに分散されて配置
  • 製品名と合わせてサポート系のキーワードが検索される
  • →各製品情報のページ直下にドライバー情報などが配置されている方がよい

    企業の立場でカテゴリを考えない

  • に木戸が高いキーワードやキーワードの競争率が低く上位表示が狙いやすいキーワードを対策します。
  • 商品数がすくなければクロスカテゴリは不要
  • 本の紹介


    Webサイト、ビジネスモデルを理解する

    概要

    Web上のビジネスモデルは、「イーコマース」「リードジェネレーション」「メディアサイト」「サポートサイト」の4つに分類できます。
    どれか一つだけ単体で存在せず複数の機能を持ったサイトが当たり前です。

    イーコマースとは

  • AmazonやZOZOTOWNが代表的です。
  • 通販サイトやECサイトとも呼ばれています。
  • イーコマースサイトの特徴はWeb上でビジネスが完結します。
  • 成果地点は購入で、購入により売り上げが発生します。
  • 売上はビジネスの成果と言えるのでWebとビジネスの成果が直結するビジネスモデルです。
  • リードジェネレーションとは

  • Web上でリード(見込み客)をジェネレーション(製造)するビジネスモデルです。
  • Web上では見込み客の獲得までです。
  • それ以降のステップを経て、ビジネスの成果が生じます。
  • 資料請求や問い合わせがサイトのゴールとなります。
  • サイト上でビジネスの成果が発生しないビジネスモデルはリードジェネレーションと呼ばれています。
  • メディアサイト

  • メディアサイトの中で最も分かりやすいのはYahoo!です。
  • Yahoo!には検索だけでなく経済やニュースなど様々なコンテンツが存在しています。
  • このようなサイトのビジネスの成果は広告収益です。
  • サポートサイト

  • QAサイトなどユーザーのサポートのために存在しているサイトです。
  • サポートサイトのビジネスの成果は、顧客満足度とサポート品質の向上です。
  • ビジネスモデルの理解

  • 「リードジェネレーションだからWeb行こうにもステップがある」
  • 「メディアサイトだから広告収益をどうするか?」
  • などビジネスモデルを理解することで、ビジネスの流れが分かり、分析における着眼や指標設計に役立ちます。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。