マンガでわかる行動経済学ー本の紹介

概要

マンガでわかる行動経済学という名前から、漫画でストーリが進むのかと思いきやそうではなく、1単元ごと小話マンガが載っているという感じでした。
読んでみての要約を すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で学んだフレームワークを利用し をまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • この本から学べること
  • 感想

  • この本から学べること

  • 行動経済学とはなにか?
  • 商品やお金を手にした時の人の心理状態はどういう物なのか
  • 人が何かを決める時にはどのような判断手法がとられるのか
  • 投資やギャンブルの時人はどういった行動をとりがちなのか
  • 感想

    この本を読んで、行動経済学というのは「損をしたくないと考えている人の行動からどうすれば、自然な集客につながるかといった方法を模索する手段」であると感じました。

    ブログを書くとき、物を売るときどうすればいいか、普段何気なく目にしているお店ではどういった集客努力がされているのか?と言ったことがわかります。
    何気なく置かれている商品の配置にも理由があります!値段の設定にも理由があります!タダにも理由があります。これを知ると世の中が楽しくなります!