潜在層向けの代表的な広告メニュー

概要

潜在層向けの広告メニューには代表的なものがいくつかあります。
今回は、潜在層向けメニューの役割やそれぞれどのようなものがあるのかをまとめました。



  • 目次
  • 概要
  • 役割
  • 潜在層向けメニュー
  • 本の紹介

  • 役割

  • 広告を元にユーザーをサイトへ誘導すること=トラフィック効果
  • 広告をmチアユーザーにクリックなどアクションを起こさせサイトに誘導する
  • 欲求はあるが具体的なところまで確定していない人向け
  • ある程度のターゲティングが行われている状態で表示される広告
  • =認知層より関心が高い
    =クリックして自社サイトに誘導できる可能性が高い

    潜在層向けメニュー

    ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)

  • 広告媒体のWebサイトを多数集めた「広告配信ネットワーク」を形成
  • 運用型広告
  • 少額で掲載可能
  • アドネットワーク・・・広告枠掲載料を持った媒体の広告枠をまとめて広告配信
  • DSP・・・複数の広告配信ネットワークをまとめて1mp(インプレッション)単位で広告配信をコントロール
  • コンテンツ広告・・・自社の商品やサービスに関連性の高いコンテンツに広告表示
  • アフィリエイト(成功報酬型広告)

  • 実行したコンバージョンに応じて広告費を支払う手法
  • 口コミによる情報技術拡散が期待できる
  • 紹介文はアフィリエイターが作成
  • 広告主がメッセージ内容のコントロールや把握は難しい
  • メール(DM型/広告/ダイレクトメール/メルマガ)

  • チラシやDMなどの広告をEメールで配信
  • アプリ(CPI/広告/リワード広告)

  • アプリ内に広告を掲載
  • ユーザーがアプリをダウンロードすると広告費が発生
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介