リスティング広告の分析

概要

リスティング広告の分析視点や基本手順について勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • リスティング広告の分析視点
  • 分析の基本手順
  • 結論
  • 本の紹介


  • リスティング広告の分析視点

  • マクロからミクロの視点で結果を読み取る
  • 分析の基本手順

  • マクロからミクロの視点で結果を読み取る
  • アカウント⇒キャンペーン⇒広告グループ⇒広告文/キーワードから分析しデータ変化を把握
  • 改善の導き方

  • 前月と比較し結果の良し悪しから結果はどうなのか確認する。
  • 広告グループや広告文ごとに何が良かったか、悪かったのから要因を探す
  • 広告グループや広告文、キーワードなどを深く(ミクロに)確認し要因を探す
  • 結論

    アカウント全体から確認し、キャンペーン、広告グループキーワードと掘り下げ結果はどうか?前月と比較してどうか?を分析する。

    本の紹介


    リスティング1

    概要

    Web広告の中の、リスティング広告について勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • 特徴
  • 検索連動型
  • リスティング広告の構成と要素
  • リスティング広告運用のための効果的なリスティングのポイント
  • 本の紹介


  • 特徴

  • ユーザーの検索キーワードと連動して表示される「検索連動型」と
  • ユーザーが閲覧しているサイトのコンテンツに関連して表示される「コンテンツ連動型」がある。
  • 検索連動型

  • 自然検索と同様にニーズが顕在化した状態=ユーザーのモチベーションが高い
  • ⇒CVRも他の広告より高い=費用面でメリットがある。
  • 検索キーワードに連動して広告を表示するため「入札」を行う。
  • 「入札」+「広告品質」で検索順位が決まる。
  • リスティング広告の構成と要素

  • 広告グループでキーワードや広告クリエイティブ(タイトルと広告テキスト)URLなどを管理
  • リスティング広告運用のための効果的なリスティングのポイント

  • USP(Unique Selling Propostion:独学のセールスポイントを強調)
  • 価格、優待情報、限定情報の記載
  • 行動を促すフレーズを入れる
  • 広告内にキーワードを入れる
  • 広告とリンク先の関連性を高める
  • テストを行う。
  • 本の紹介


    web広告とは?効果が最大化する3つのポイントを解説!

    概要

    自サイトを知らない層に認知してもらう方法に、web広告があります。
    web広告とは、インターネット上に存在する広告枠を持つ媒体に掲載される広告のことです。

    私は、Web広告を2回ほど出したことがあり、PVの向上につながりました。
    しかし、2回ともコンバージョンにはつながらなかったため、 過去出稿したことがあるgogle広告について調べました。


  • 目次
  • 概要
  • gogle広告とは
  • リスティング広告とは
  • google広告の効果が最大化する使い方
  • web広告効果測定

  • gogle広告とは

  • リスティング広告の一つです。
  • ppc(クリック課金型)広告です。
  • 広告のCPC(1回のクリック)の単価または、CPM(表示回数1000回)あたりの単価に基づき費用を支払います。
  • 広告キャンペーンの質が高くなれば獲得できるクリック数が増えリードや顧客を得られる見込みも上がります。
  • リスティング広告とは

  • 検索エンジンの結果にユーザーが検索した語句)に連動し掲載される広告です。
  • 検索連動型広告やPPCとも呼ばれます。
  • 広告がクリックされると費用が発生します。
  • google広告の効果が最大化する使い方

    ターゲットを明確化する

  • どのようなターゲットに広告配信したいのか?
  • →そのために次のような3つのポイントでターゲットを絞ります。

    キーワードの組み合わせ

  • ビックワード、ミドルワード、スモールワードを設定
  • →流入数、CVRの増加といった効果を生むため必要です。

    広告配信地域設定

  • 地域を決めることで、無駄な費用を抑えられます。
  • ターゲットに応じた広告文を書く

  • ユーザーの関心を引き、強みをアピールできる広告を書く必要があります。
  • web広告効果測定

    (web広告効果測定については、後日詳細を上げます。)
  • 定期的に確認します。
  • 効果が見られない、クリック数、CVRが少ない→内容の不備など原因を探ります。
  • 入札単価の調整によるCPA(顧客獲得単価)の改善も重要
  • →ユーザーの関心が高く、成果のあったキーワードは入札単価を上げ、成果のないキーワードの入札単価は下げる。