リードジェネレーションの計画立案

概要

リードジェネレーションは、Webにアクセスがきて、その後商談そして成約を経て初めて売り上げが発生します。そのため商談率や成約率の把握が計画立案には必要になります。

リードジェネレーションの計画立案

  • コンバージョンは問い合わせや資料請求等、見込み顧客の獲得
  • ビジネスの成果を発生させるためには見込み顧客と商談し成約に至らなければいけません。
  • 商談率、成約率の把握が必須

    具体例

  • KGI:成約件数10件
  • →成約の前には商談があるので、必要な商談数の計算が必要
    →商談から成約に至る率が20%ならば成約件数10件/成約率20=商談数50件

  • 商談前には、Web上のコンバージョンがあります。
  • →必要なコンバージョンを計算
    →Web上のコンバージョンから商談に至る率が20%の時
    →商談数50件/商談率20%=コンバージョン約250件が必要

  • 250件のコンバージョン数を獲得するために
  • →流入数を増加させるか?
    →コンバージョン率を上げるか?

    など決定します。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。