戦略に立ち返る癖をつける

概要

施策を繰り返し事項していると戦略を忘れてしまうことがあります。立ち返る癖をつけるためチェックポイントを設けるようにします。

戦略に立ち返るチェックポイント

  • 新しい施策を考える時:新しい施策を考えているときに戦略を忘れやすいです。
  • 数値や状況を確認するとき:施策を実行し数値や状況を確認するタイミングでも忘れがちです。
  • 議論をしているとき:議論の最中脱線してしまったときなど忘れてしまうタイミングです。

  • 迷ったら戦略に立ち返ることが最も大切です。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    いつ、戦略を見直す?

    概要

    戦略は、中長期的なものですが賞味期限が存在します。
    見直すべきタイミングは環境と結果の変化から知ることができます。

    環境的の変化

  • 戦略を見直すタイミングの一つが環境の変化です。
  • 環境とは企業の内部及び外部の両方を指します。

  • 内部環境

  • 人の変化が戦略へ影響を与えます。
  • 人の変化とは、人員の減少を指します。
  • 人の変化があったタイミングは戦略を見直すタイミングとなる場合があります。

  • 外部環境はPESTと競合を注視する

  • PEST分析と同様に政治、経済、ライフスタイル、テクノロジーの変化に注意します。
  • 政治の変化:新しい法律により制限が生まれることが挙げられます。
  • 経済の変化:デフレにより消費が控えられることなどです。
  • 競合他社の変化:競合他社が変化することで自社に影響がある場合もあります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    戦術とは、実行して育てること。

    概要

    戦術とは、実行して育てることを言います。戦術を行うために戦略の理解は必須です。
    戦術と戦略は両方とも重要なものになります。

    戦略

  • 戦略とは「知って」「見つけて」「組み立てる」ことです

  • 戦術の定義

    戦術とは、戦略を知り、見つけ、組み立てて具体的な実行可能なプランにし、実行するためのものをいいます。

    改善しながら育てる

  • 戦術を実行することにより、数値と言う結果を得られます。
  • 数値、つまりデータが集まることで気付きを得ることもできます。
  • 戦術は、目標を達成するための具体的な手段です。
  • 戦術のもう一つの定義は「育てる」ことです。
  • 戦略と戦術の定義

  • 戦略→「知って」「見つけて」「組み立てる」
  • 戦術→「実行して」「育てる」
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    知って、見つけて、組み立てる。戦略

    概要

    戦略の最初の入り口は知ることです。そこから内容から強みや方向性を見つけてベースにしてプランを組み立てることを戦略と言います。

    戦略とは

  • 戦略とは目標を達成するための道筋を立てることです。
  • →目標とは企業により異なりますが、売り上げや利益と言う場合が多いです。
  • 目標を理解し達成までの道のりや自分たちの武器はどんなものかを知らなくてはいけない
  • 道の見つけ方

  • 他社にはない自社だけの強みや方向性を探します。
  • 強みとは、顧客が感じる価値の事です
  • 自社支店ではなく、顧客視点で見つける必要があります。
  • 他社にはない強みのことを差別化要因やUSPなどとも呼びます。
  • 強みを見つけるには

  • 強みを見つけるには「知る」ことが大切です
  • 見つけると知るの段階では適宜戻りながら行うと効果的です
  • 見つけるためのフレームワークとしては3C分析があります。
  • プランを組み立てる

    強みや方向性を見つけたら、それをベースに戦略を具体化します。
  • KGI(重要目標達成指標)、KPI(重要業績指標)KSF(主要成功要因)を設計し実務に落とし込めるようにする必要があります。
  • 手段の選定基準は「見つける」で定めた強みや方向性です。
  • 戦略はあくまで道筋なので実際に行動するための手段へとつなげなくてはいけない
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。