流入経路について学ぶ

概要

PVやユーザー数をUPするためには、認知を上げる必要があります。多くの人に知ってもらいサイトに流入してもらうために、流入経路はどのようなものがあるかまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 流入経路
  • 外部サイトにリンクを貼ってもらうには
  • 自サイトで最もみられているページ

  • 流入経路

    ウェブ解析士にもさんざんでてきましたが、流入経路には以下のようなものがあります。

  • Organic Search:検索エンジンからの流入
  • Paid Search:広告からの流入
  • SNS:TwtitterなどのSNSからの流入
  • 外部サイト:他のサイトにリンクを貼ってもらいそこからの流入
  • 直接流入:ブックマークからの流入

  • この中で、キーワードを考えたりマメなブログ更新といったものはOrganic SearchのSEO対策になります。
    こちらはずっと行っているつもりですが、成果がでてくるのも時間がかかると言われます。

    今回は、外部サイトにリンク(被リンク)を貼ってもらうにはどうしたらいいかを調べました。
    明確な結論はでなかったので、引き続き調べていきたいと考えています。

    外部サイトにリンクを貼ってもらうには

    ネットで調べたところ、以下のような項目が見つかりました。
  • ユーザーニーズを理解
  • コンテンツを深堀
  • コンテンツの整理
  • SNSで拡散


  • 正直いって、「~という掲示板にはるとアクセス数アップするよ」などといった情報を期待していました。
    全く見つかりませんでした。
    結局様々な本で読んだような上記の項目しかみつからなかったのでやはり、サイトのクオリティを上げるということが一番大切なのかという結論です。

    つまり
  • このサイトに来てくれる人の目的は何か?
  • このサイトで提供しているコンテンツは、見に来てくれた人の目的にあっているのか?

  • 大切なのはこの二つということになります。
    そこで次に自サイトで最もみてもらえてるページを調べました。

    自サイトで最もみられているページ

    自サイトで最もみられているページ上位3つは以下のようでした。
  • ブログ
  • ウェブ解析士のまとめページ
  • 活動内容

  • そんなに更新がないサイトだと、最もみられるページがトップページの事が多いので、ちょっとうれしい
    行動フローを見てみても「ブログ→ウェブ解析士→活動内容」離脱が多く見られました。

    この行動フローを辿る人の心理を推理すると
  • ブログを見る→マーケティングのプロかな?
  • ウェブ解析士→ウェブマーケティングもやってるのかな?
  • 活動内容→ただの素人かい!!離脱!

  • ってとこでしょうか?
    現在力を入れている活動はアクセサリーショップ「CottonPot」の運営なのですが、このサイトからの流入がほとんどありません。そんなところからも活動内容に魅力を感じられないという予想がされます。
    今後の課題として、魅力を感じられる活動を考えたいと思います。