3C分析で攻める領域を発見する

概要

3C分析を使うと、戦うべき事業領域を見つけ出すことができます。

3C分析とは

  • Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字を取ったフレームワークです。
  • 顧客、競合、自社の3つの要素から考えることでその企業が戦うべき領域が見つけ出せます。
  • 分析の順番のセオリー:顧客→競合→自社の順です。
  • 顧客視点で考えられるよう顧客から分析することが大切
  • 競合と顧客が重なる部分:競合が強みを発揮している市場です。
  • 顧客、自社、競合が重なる部分:レッドオーシャンです。
  • *狙うべきは顧客と自社だけが重なっている部分です

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。