FXと行動経済学

概要

投資がうまく行かない理由も行動経済学で説明されています。

  • 目次
  • 概要
  • プロスペクト理論
  • 鏡映効果
  • 認知的不協和
  • 本の紹介


  • プロスペクト理論

  • 利益が出ている局面と損失が出ている局面ではリスクのとらえ方が変わる
  • 利益が出ている場合、リスクを避けようとする
  • 鏡映効果

  • 利益が出ているときは、リスク回避的になり損失が出ているときはリスク愛好的になる
  • 認知的不協和

  • 「株価は上昇する!」と予想したが下落した
  • ⇒上昇への期待と株価下落への認知が対立
  • 直視したくない⇒「市場が間違っている!」のように自分に都合の良い言い訳をする
  • 失敗を見たくないからという理由から心は言い訳が得意
  • 本の紹介

    初頭効果

    概要

    行動経済学の初頭効果について学びました。

  • 目次
  • 概要
  • 初頭効果
  • 初頭効果を高める5つのポイント
  • コミュニケーション以外にも影響する初頭効果
  • 本の紹介


  • 初頭効果

  • はじめの印象が大切ということ
  • 情報が増えると集中力が薄れ後から伝えられた情報に大きな注意が向けられない
  • ⇒伝えたいことを一番に話す=印象に残りやすい

    初頭効果を高める5つのポイント

    人の見た眼で最も印象を与える箇所

  • 目線・・・泳いでいると「落ち着けがない印象」
  • 表情・・・自然な笑顔が好印象
  • 声・・・ほどよい声量、明るい声
  • 姿勢・・・背筋を伸ばす、お辞儀も美しく足は組まない
  • 服装・・・清涼感が大切
  • *初頭効果は関心が低い人に有効

    コミュニケーション以外にも影響する初頭効果

  • 「Aは売上が50%上がったが利益は前年より少なかった」⇒好印象を持つ
  • 「Aは利益が前年よりすくなかったが売上は50%増えた」
  • *人は最初に聞いた情報の印象を受けやすい

    本の紹介

    行動経済学とは簡単に言うとどんなもの?

    概要

    行動経済学とはどんなもの?ヒューリスティックとは?人がブームに乗る理由とは? といった、行動経済学の中で出てくる単語について まとめました。

  • 目次
  • 概要
  • ヒューリスティック
  • 人は現状を変えたくない!
  • 人は見た目が100%?
  • 人はブームに乗るものです
  • アンカーリンクでコントロール
  • 本の紹介


  • ヒューリスティック

  • ざっくり物事を掴むこと
  • 直感的に物事を理解すること
  • 人は現状を変えたくない!

  • 人は現状を維持したがる
  • すべての物事は今あるままにしておこうとする傾向がある
  • 人は見た目が100%?

  • パッと見の印象が認知に決定的なインパクトを与える。
  • 人はブームに乗るものです

  • ハーディング現象・・・群集心理のこと
  • 人間も一人よりも大勢と一緒に行動することに大きな安心感を持つ
  • アンカーリンクでコントロール

  • 最初にインプットされた参考となる情報が怒りのようにここルの働きをコントロールしてしまうことを言う
  • 本の紹介

    経済は感情で動く~行動経済学とは?

    概要

    行動経済学とは「心が経済を動かす」という考えのもと心を基礎にして様々なことを考える、心の働きから人間の意思決定のプロセスや行動を分析しようという学問です。

    Webマーケティングや副業に使える知識が学べそうなので勉強を始めたので、こちらもまとめていきたいと思います。
    今回は、心理学、経済学との違い、プロスペクト理論、プロスペクトについてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 心理学
  • 経済学との違い
  • プロスペクト理論
  • プロスペクト


  • 心理学

  • 行動経済学では心理学を応用し経済に関する意思決定を分析。
  • 経済学との違い

  • 行動経済学では人のありのままを考えようとしてきた。
  • 従来の経済学では心の働き方を重要視していない。
  • 従来の経済学は人は合理的であるという前提。(人は間違わない前提)
  • プロスペクト理論

  • 行動経済学の生みの親ともいえる論文
  • ダニエル・カーネマンとエイモス・ドベルスキーが著した
  • プロスペクト

  • 期待や予想などの意
  • マンガでわかる行動経済学ー本の紹介

    概要

    マンガでわかる行動経済学という名前から、漫画でストーリが進むのかと思いきやそうではなく、1単元ごと小話マンガが載っているという感じでした。
    読んでみての要約を すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で学んだフレームワークを利用し をまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • この本から学べること
  • 感想

  • この本から学べること

  • 行動経済学とはなにか?
  • 商品やお金を手にした時の人の心理状態はどういう物なのか
  • 人が何かを決める時にはどのような判断手法がとられるのか
  • 投資やギャンブルの時人はどういった行動をとりがちなのか
  • 感想

    この本を読んで、行動経済学というのは「損をしたくないと考えている人の行動からどうすれば、自然な集客につながるかといった方法を模索する手段」であると感じました。

    ブログを書くとき、物を売るときどうすればいいか、普段何気なく目にしているお店ではどういった集客努力がされているのか?と言ったことがわかります。
    何気なく置かれている商品の配置にも理由があります!値段の設定にも理由があります!タダにも理由があります。これを知ると世の中が楽しくなります!