広告以外の集客方法~自然検索~

概要

検索方法の一つに自然検索という物があります。
自然検索によるSEOとは何か?自然検索の特徴とは?他の集客施策と異なる点は何か?をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 自然検索によるSEOとは?
  • 自然検索とは
  • 他の集客施策と異なる点
  • 本の紹介

  • 自然検索によるSEOとは?

  • ページのコンテンツや構造を改造する
  • 検索結果から自社サイトへの流入を増やす取り組みをする
  • 自然検索

  • オーガニックサーチと呼ばれる
  • SEO対策したとして集客が増える保証はない⇒検索上位にひょうじされなかったら無意味
  • 本の紹介


    広告メニュー~自サイトの広告はどこに向けて出す?

    概要

    広告には、認知層に働きかけるもの、潜在層に働きかけるもの、顕在層に働きかけるものそれぞれ違います。今回はそれぞれどのような広告メニューが存在するのかをまとめ、アクセサリーショップ「CottonPot」はどの層向けの広告を出稿したらいいのかを考えたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • 集客方法の違いとネット広告の全体像
  • CottonPotで広告を出すなら
  • 本の紹介

  • 集客方法の違いとネット広告の全体像

    認知層

  • 商品やサービスを知らない
  • 広告でブランド認知
  • 「広告効果が悪い」と評価されがち
  • ⇒興味が低いユーザーにも訴求するため成果につながりにくいため

    顕在層

  • 購入や資料請求など直接的に行動を促すことがもとめられる
  • CottonPotで広告を出すなら

    広告出稿の目的は?

  • みんなに知られたい
  • 買ってほしい
  • ⇒認知とコンバーション
    つまり、認知層に向けた広告をしばらく出稿しその後顕在層に向けた広告を出稿する流れが理想と言えます。

    以前にも広告出稿したことがありますが、その時は閲覧者は増えたものの、購入にはつながりませんでした。

    理由は恐らく「他のアクセサリーショップとの違いがほとんどない」「それでいて商品名が怪しい(”元気を出したい人に向けて”などとしていた)」「製作者が誰かわからない(kishio715って誰だよ状態)」が挙げられます。

    そこで
  • 商品名は「ガーネットのピアス」などのように普通の名前に変更
  • 「数秘術」という占いで「パーソナルナンバー」を選出し各数に対応する色のアクセサリーを紹介するという形で他のアクセサリーショップとの違いを出す
  • という改善を行いました。

    google広告の予算を考えるで書いたようにCottonPotで広告を出すならば予算は7000円行かないようでした。

    また、どのくらいの期間だしていたら効果が出るかを調べたところ半年~1年というデータを見つけました。

    7000円で1か月と考えた場合、1年広告を出そうと思うと、「7000*12=84000円」なのでお金をためて広告を出そうと思います。

    本の紹介


    集客パターンの整理(第3章1-2まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-2をまとめました。第3章1-2ではWeb広告の効果に期待することを学びます

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-2について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-2で学ぶこと
  • 第3章1-2の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-2で学ぶこと

  • Web広告の3つの目的と効果
  • 第3章1-2の概要

    広告効果は認知、誘導、獲得が期待される。

    本の紹介


    集客パターンの整理5

    概要

    Web上での集客方法には大きく分けるとプッシュ型とプル型があります。と書きましたが、それ以外に興味関心の度合いによる整理方法も存在します。
    興味関心の度合いで「認知層」「潜在層」「顕在層」があり、今回はこの中の「認知層」についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 興味関心の度合いによる整理
  • 認知層
  • 認知層の広告手法
  • 本の紹介

  • 興味関心の度合いによる整理

  • 興味関心の高低で「認知層」「潜在層」「顕在層」に分類できます。
  • 認知層

  • 製品やサービスを知らないユーザー
  • 集客の目的→消費にゃサービスを知ってもらうこと
  • 無関心の新規ユーザーに広くアプローチ
  • 認知層の広告手法

  • ディスプレイ(純広告/リッチメディア)
  • 動画(動画広告/インターネットCM)
  • 記事(タイアップ広告/記事広告/ネイティブ広告)
  • SNS(ソーシャルメディア広告)
  • 本の紹介


    集客パターンの整理(第3章1-1まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-1をまとめました。第3章1-1ではWeb広告の3つの目的と効果を学びます。

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-1について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-1で学ぶこと
  • 第3章1-1の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-1で学ぶこと

  • Web広告の目的と効果について
  • 広告効果について
  • 第3章1-1の概要

    集客方法は、プッシュ型プル型の二つ。興味関心度合いで集客を整理する。

    本の紹介


    集客パターンの整理1

    概要

    Web上での集客方法には大きく分けるとプッシュ型とプル型があります。それぞれどんなものか簡単にまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • Webサイトの集客方法
  • プッシュ型の集客
  • プッシュ型の集客詳細
  • プル型の集客
  • プル型の集客詳細
  • プッシュ型/プル型を併せ持つ集客
  • 興味の度合いによる整理
  • 本の紹介

  • Webサイトの集客方法

  • サイトの集客方法は大きく分けると、広告によるものとそれ以外に分けられます。
  • さらにそれをプッシュ型とプル型、興味関心の度合いによる整理に分けられます。
  • プッシュ型の集客

  • 積極的に情報を届ける
  • ディスプレイ広告、動画、アフィリエイト、メール
  • プッシュ型の集客詳細

  • 広告による集客
  • 不特定多数に提供
  • 高い頻度で広告を出すため費用が必要
  • プル型の集客

  • ユーザーが情報を求めることで届けられる
  • 検索で手に入る情報
  • プル型の集客詳細

  • 検索により集客
  • 検索連動型広告やSEO
  • すでにサービスを認知しているユーザー対象
  • プッシュ型/プル型を併せ持つ集客

  • 記事やSNS
  • 興味の度合いによる整理

  • 集客ユーザーは「認知層」「潜在層」「顕在層」に分けられます。
  • 本の紹介


    PV1桁の記事から悪いところを学ぶ!

    概要

    PV100以上の記事から分析!集客のコツでは、PV100以上のブログ記事を基に100PV 以上の集客ができるようになる記事の書き方を分析しました。今回は逆にPVが少ない記事を見ていき悪い部分を探してみたいと思います。
  • 目次
  • 概要
  • PV一桁台の記事一部
  • まとめ
  • PV一桁台の記事一部

    PV一桁台の記事の一部を上記表にまとめました。

  • 勉強内容をまとめたものや、ただラインスタンプなどの紹介をしているだけのものが多い
  • タイトルもキーワードを並べているだけで「!!」のような煽りも具体的な数字も入っていない
  • まとめ

    主観ですが、こうしてPVの少ない以前のタイトルを見てい見ると読んでみようか?と思えるタイトルではないものが多いと感じます。まずユーザーさんが目にするのはタイトルなので、ここがPV増減の差につながっていきそうです。

    PV100以上の記事から分析!集客のコツ

    概要

    過去投稿したブログ記事のうち100PV 以上のものが3件ありました。
    今回はその3件の記事が何故、100以上のPVを獲得できたのかを考えていきたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • PV100以上のデータ一覧
  • まとめ
  • PV100以上のデータ一覧

    100PV以上を取得で来た理由を以下のように推測しました。

    3/15、タイトルの付け方を工夫

    『ユーザーの興味がわかる3つの項目!滞在時間、セッション数、コンバージョン。』

  • 「○○がわかる〇個の項目」のようなユーザーの興味を引くタイトルの付け方

  • 5/25、Amazonアソシエイトに興味がある人が多い

  • Amazonアソシエイトに興味がある人が検索過程で見つけた
  • amazonアソシエイトについて調べました。

    9/28、内部リンク

    山下にゃんこさん、試作
  • 内部リンクもSEO対策の一つになると聞きます。この記事はそれがある為PVが増えたのでは?
  • まとめ

    以上のことから、PVを増やす記事の書き方は
  • タイトルには具体的な数字を入れ、前半部分で何についてかわかるように書く
  • キーワードプランナーなどを使い、興味を持たれているキーワードを抽出する。
  • 関連した記事の内部リンクを貼る
  • だと考えられます。
    SEO関係の様々なブログに書かれていた内容とも合致するため、可能な限り守っていきたいと思います。