解析ツールの指標

概要

アクセス解析ツールにも活用する際に知っておくべき指標がたくさんあります。

ディメンションとメトリクス

ディメンション=項目

  • >日別、ページ別、参照元別などデータの集計項目です。

  • メトリクス=指標

  • セッション、ページ、ビュー数、ユーザー数といったデータ指標の項目です。
  • セグメントとフィルタ

    アクセス解析でデータをフォーカスしてみるための機能としてセグメントとフィルタがあります。

    セグメント

  • ユーザーの行動を特定の条件で絞り込む機能です。
  • フィルタ

  • 特定の条件に合致するデータを含めたり除外したりする機能です。
  • 加重直帰率

  • 改善対象のペ^字を洗い出すときに重要な指標です。
  • 重要度を加味した直帰率を加重直帰率といいます。
  • 回遊離脱率

  • 回遊ページ:ランディングページ後に閲覧した一連のページ群です。
  • 回遊離脱率:直帰しなかったがフォームページ(問い合わせページなど)に至らなかった率
  • →フォームまでの導線に問題があるかを確認するための率

    離脱改善指標

  • 離脱率:直帰しなかったがサイトのゴールにたどり着かなかった率
  • →導線の見直しに活用可能な指標
  • 改善率で改善対象を洗い出す場合でも重要度を加味して把握する必要があります。
  • 訪問頻度と訪問回数

  • 訪問頻度:最後にサイトをおとずれてから何日後に再訪問したかを意味します。
  • 訪問回数:サイトに何回訪問したかを意味します。
  • →2つをコンバージョン数と掛け合わせることでユーザーの傾向を把握することができます。

    訪問頻度が増えて、コンバージョンが多い

  • 比較検討されている状態
  • 訪問頻度と訪問回数を重ねて分布

  • 極端にユーザー数が減っている訪問頻度や訪問回数を発見
  • →そのタイミングでユーザーの興味関心が失われている状態。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。