リスティング2

概要

Web広告の中の、リスティング広告について勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • 改善すべき指標
  • クリック率
  • クリック単価
  • CVR
  • 顧客獲得単価
  • 本の紹介


  • 改善すべき指標

  • リスティング広告はクリックされた時点でコストが発生
  • ⇒クリックされた実績とともに最終的な成果を踏まえて見合ったコストになっているか考慮

  • クリック率、クリック単価、コンバージョン率、顧客獲得単価と言った指標計測
  • クリック率

  • クリック率が高い=トラフィック効果が高い・多くの訪問者を獲得
  • ⇒クリック率を上げることが重要

  • クリック率に影響する主な要因の一つはクリエイティブ(広告テキスト)
  • クリック率が悪い場合、クリエイティブに魅力がない可能性が高い。
  • クリック単価

  • クリック単価=サイト訪問者獲得単価
  • 流入につながっているキーワードを特定しキャンペーン全体のクリック単価が低くなるよう改善を行う
  • コンバージョン率

  • キーワードと入札単価を評価する要因
  • 顧客獲得単価

  • 利益につながる成果を獲得するためのコスト
  • 本の紹介


    3C分析で攻める領域を発見する

    概要

    3C分析を使うと、戦うべき事業領域を見つけ出すことができます。

    3C分析とは

  • Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字を取ったフレームワークです。
  • 顧客、競合、自社の3つの要素から考えることでその企業が戦うべき領域が見つけ出せます。
  • 分析の順番のセオリー:顧客→競合→自社の順です。
  • 顧客視点で考えられるよう顧客から分析することが大切
  • 競合と顧客が重なる部分:競合が強みを発揮している市場です。
  • 顧客、自社、競合が重なる部分:レッドオーシャンです。
  • *狙うべきは顧客と自社だけが重なっている部分です

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    顧客を学ぶ

    概要

    市場のニーズをとらえるためには、すでに顧客となっている人の声を聴くことが大切です。
    「どんな商品を購入しているのか?」「購入している金額や頻度」「購入理由、きっかけ、満足度」「ライフスタイルやパーソナリティ」など
    顧客理解が深まれば商品の課題やベネフィットが明確になります。

    新しいニーズを見つける

    新しいニーズを見つけるためには、既存の顧客を理解する必要があります。そのための分析方法として、「HMLN分析」というものがあります。

    HMLN分析とは

    ユーザーを以下のように分けます。
  • Heavyユーザー(週に1回以上購入する人)
  • Middleユーザー(月に1~2回以上購入する人)
  • Lightユーザー(月に1回も購入しない人)
  • Nonユーザー(過去に購入したことがない人)

  • どのような商品であっても頻繁に購入する人とめったに購入しない人ではニーズの差は大きいです。
    ヘビーユーザーはその中でも商品に接している機会がとても多いので、そこから更なるアイディアが生まれる可能性があります。

    参考書