鬼滅の刃からヒットのマーケテイングを探る

概要

SEOを意識したブログ を基にブログを書いていきたいと思います。

内容は、鬼滅の刃のヒットを分析し、そこからマーケティングのヒントを得ようという物です。
このブログは、以下の目次のような構成になっています。

「鬼滅の刃とは」では、鬼滅の刃のあらすじ、「鬼滅の刃がヒットした理由」では、kishio715なりにヒットの理由を考えたものをまとめています。そこからマーケティングに使える人を見つけて「マーケティング使えるヒントはあるか?」でまとめます。
「目次」
  • 概要
  • 鬼滅の刃とは
  • 鬼滅の刃がヒットした理由
  • マーケティング使えるヒントはあるか?
  • まとめ
  • 鬼滅の刃とは

    大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚[6]。作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い

    ウィキペディア

    鬼滅の刃がヒットした理由

    個人的な主観ですが、ヒットの要因は下記かと思います。
  • 敵と味方がおり、敵を倒すという王道ストーリー
  • 主人公に明確な敵を憎む理由と戦う理由がある為感情移入しやすい
  • 強いヒロイン
  • 敵と味方がおり、敵を倒すという王道ストーリー

  • 人がおり、敵対して鬼がいる
  • 人からすると喰われるから、身内が喰われたからなど戦う明確な理由がある。
  • 「仕事から帰ると全員が鬼に喰われていた。唯一生き残った妹は鬼になっていた」⇒主人公に同情し応援したくなる
  • 主人公に明確な敵を憎む理由と戦う理由がある為感情移入しやすい

  • 「家族を喰らった鬼が憎い」「鬼になった妹を人間に戻したい」等明確な戦う理由がある主人公⇒応援しやすい
  • 強くかわいいヒロイン

  • 一蹴りで首を跳ねる脚力があり、時には主人公が背中を預けたりもある。⇒守られるだけではなく自ら動くヒロイン
  • 一方で籠などに入るときは小さくなりかわいい面もある。⇒ギャップ?
  • 剣及び呼吸法、型

  • 漫画のヒットにおける必須アイテムと言われる剣がでてくる
  • 「邪王炎殺黒竜破」のような中二病をくすぐる「○○の呼吸〇の型」⇒子供がごっこ遊びをしやすい、ワクワクする


  • 上のようにヒットの理由を考えた時、「応援したいと思える主人公」がヒットの一因ではないかと感じました。
    元々「優しすぎる」と評されていた主人公は、恐らく本来ならば戦いなんてしたくないはずです。それでも家族の仇、妹を人間に戻したい!と必死になっているところが応援したくなる=アニメを見る のではないかと言えます。
    マーケティングに使えるヒント あるお笑い芸人もゴールデンに出られるようになり自身の露出が増えた時、ライブの集客数が減ったそうです。本人はそれを「応援の代がなくなったため」と分析していました。

    つまり「応援できる」⇒「気になる」⇒「集客につながる」という図式が成り立つのではないかと思われます。

    まとめ

    全然有名ではないアイドルがいた場合
    応援したい!⇒情報収集を行う。 認知を広めたい⇒SNSなどで拡散したりして沢山の人に知らせる活動を行う。 周知される⇒みんなに知られたことで無名の頃から応援していた自分が優越感に浸れる ライブ等が行われるくらいになる⇒当然見に行く。
    といった形で集客につながると考えられます。

    SEOを意識したブログ

    概要

    SEO対策の基本 を基にブログを書いていきたいと思います。
  • 目次
  • 概要
  • 内部対策
  • 35文字以内のタイトル名及びキーワードを前半に入れる
  • h1~h6タグを使用し各ブロックごとわかりやすいキーワードを入れる。
  • まとめ
  • 内部対策

    SEO対策の基本 の中で以下のような内部対策を紹介しました。
  • タイトルは35文字程度
  • タイトルの前半部分にキーワドを入れる
  • 必要に応じたh1~h6タグを使用し、各タグごとわかりやすいキーワードを入れる。
  • 内部リンク
  • サイトマップの送信
  • robots.txtの設置
  • パンくずリストの設置

  • この中の上3つ、つまりタイトルの文字数とキーワード及び”h〇タグ”並びに内部リンクはブログを書く際に注意するべきところだと思います。

    残りの3つはサイトマップとrobots.txtはGoogleサーチコンソールでのこと、パンくずリストはWordpressでの設定になります。そこで今回は上3つを意識して作っていくブログの過程をまとめたいと思います。

    35文字以内のタイトル名及びキーワードを前半に入れる

    今回書こうと思っているブログは、鬼滅の刃についてです。アニメを見たことが無くてもオープニングを何となくしているし、「全集中〇の呼吸」は何となく知っています。映画ではものすごい経済効果をだしたというニュースもありました。

    そこで、なぜヒットしたのかを分析し自身のアクセサリーショップの売上向上の参考にしたいと考えています。


    ということでタイトルは「鬼滅の刃からヒットのマーケテイングを探る」としました。キーワードである「鬼滅の刃」は前半部分に入り全20文字。35文字以内。

    h1~h6タグを使用し各タグごとわかりやすいキーワードを入れる。

    各ブロックごとのわかりやすいキーワードはビックワードをミドルワード、テールワードと細分化することで決定が可能かと思われます。
    h1:はタイトルなので、本文はh2:から始まります。
  • h2:鬼滅の刃とは
  • h2:鬼滅の刃がヒットした理由
  • h2:マーケティング使えるヒントはあるか?
  • まとめ

    上のようにブログを書いてみようと思います。各ブロック前半にキーワードを入れています。そしてこのブログを内部リンクで貼ります。
    怖いのは、「マーケティング使えるヒントはあるか?」の部分。なーんにも見つからなかったらどうしよう(汗