ロングテールSEO

概要

SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。
ロングテールSEOについて勉強しました。


ロングテールSEOとは

  • 上位表示をめざしたもののSEOに嫌気がさし不正リンクの購入にはしるなどのリスクを避けて、ビックキーワードで上位表示を達成する方法
  • ロングテールの概念

  • クリス・アンダーソン氏が提唱

  • 「Webビジネスは実店舗のように在庫経費がかからず、少なくて済むので人気商品だけではなく、ニッチ商品の多品少量販売で売り上げや利益を得られる」という考え方

    理論をSEOに応用

    「競争率の激しいビックキーワードでの上位表示ばかり追わなくても、競争率の低いスモールキーワードをたくさん目標化し、上位表示すれば、少ない労力で効率的に見込み客の集客が叶う。

    ロングテールの利点

  • たくさんの関連キーワードで訪問者が増えた
  • ⇒Googleの評価につながり、ビックキーワードでも上位表示されるようになる。

    ロングテールの例

  • 「インプラント」で上位表示させたい⇒短期間では難しい
  • インプラントの関連キーワードをキーワードプランナーで調べる
  • ⇒「前歯 インプラント 値段」など
  • 比較的上位表示しやすいスモールキーワードでの上位表示を目標にする。
  • いくつものスモールキーワードで上位表示するようになったら、ミドルキーワード(「インプラント 寿命」など)で上位を目指す。
  • 最終的に「インプラント」で上位を目指す。
  • 本の紹介

    SEO技術の3代要素

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    SEO技術の3代要素について勉強しました。


  • 目次
  • 概要
  • Googleのアルゴリズム
  • 企画・人気要素
  • 内部要素
  • 外部要素
  • 本の紹介


  • Googleのアルゴリズム

    Googleが持っていると言われるアルゴリズムは、下記の3つ
  • 企画・人気要素
  • 内部要素
  • 外部要素
  • 企画・人気要素

  • Webサイトがどのくらいのユーザーに閲覧されているかアクセス数をGoogleが測定
  • ⇒人気の高いWebサイトの検索順位が上がる
  • SEOの最終目標⇒自社サイトのアクセス数を増やし人気にするk十
  • 人気サイトを作るには?

  • 企画力を養う=ユーザーが求める情報を予測して提供する必要がある
  • 内部要素

    技術的要因

  • タグの使い方
  • キーワードをタグの中にどのように書くか
  • Webページの中に、南海、何%キーワードを書くか
  • コンテンツの要因

  • コンテンツの量と質
  • 独自性があるかどうかといった品質面の要因
  • 外部要素

  • リンク元の数と質
  • ソーシャルメディアからの乱入
  • サイテーション(SNSでサイト名が話題に上ること)
  • 本の紹介

    SEO

    概要

    SEOの特徴と自然検索がなぜ重要なのか勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • 特徴
  • なぜ自然検索が重要か?
  • 本の紹介


  • 特徴

  • SEO(Search Engine Optimization)=検索エンジン最適化
  • 検索一覧に高い順位で表示されるようサイトに最適化を施す施策の総称
  • ユーザーが検索に使いそうなフレーズをタイトルに設定や
  • 検索ロボットに分かりやすいようHTMLを構造化する
  • 自然検索からの流入が期待できる
  • なぜ自然検索が重要か?

  • ユーザーが自ら行動している=モチベーションが高い
  • すでに顕在化したニーズや目的を持っている。
  • 自然検索の流入が増えれば、コンバージョンやコンバージョン率の改善につながる。
  • 本の紹介


    SEOの情報源

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    SEOの情報源について勉強しました。


  • 目次
  • 概要
  • Googleの公式・非公式発表
  • Googleウェブマスタ向け公式ブログ
  • ウェブマスタ向けガイドライン
  • 検査品質評価ガイドライン
  • Googleウェブマスター
  • サーチコンソール
  • 本の紹介


  • Googleの公式・非公式発表

  • SEO技術を習得するには適切な情報源を持つ必要がある
  • Gogleの公式情報が知れるサイト

  • Googleウェブマスター向け公式ブログ
  • ウェブマスター向けガイドライン
  • 検索品質評価がガイドライン
  • Gogleウェブマスター
  • サーチコンソール
  • Gogleサーチクオリティチームや広報担当者のソーシャルメディア
  • Googleウェブマスター向け公式ブログ

  • Gogleフレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報を発信
  • ウェブマスター向けガイドライン

  • デザインとコンテンツに関するガイドライン
  • 技術に関するガイドライン
  • 品質に関するガイドライン
  • 検査品質評価ガイドライン

  • Googleのアルゴリズムやスタッフがどのようにサイトを評価しているのかの基準を解説
  • Googleウェブマスター

  • 初心者向けに簡単な言葉でWebサイトをどのような作り方をすればGogleに評価されるか解説
  • サーチコンソール

  • Gogleに自社サイトがどのようにインデックスされているかなど、問題点を個別に指摘するサイト
  • 本の紹介

    インハウスSEO

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    インハウスSEOについて勉強しました。


  • 目次
  • 概要
  • 具体的なSEO対策方法
  • インハウスSEOのメリット
  • インハウスSEOのデメリット
  • 本の紹介


  • 具体的なSEO対策方法

  • すべてを外注(アウトソーシングSEO)
  • 自社内で実施(インハウスSEO)
  • インハウスSEOのメリット

  • 社内にSEO技術が増える
  • 成果が上がっても費用は増えない
  • 外部に集客依存しなくていい
  • 情報漏洩のリスクが少ない
  • インハウスSEOのデメリット

  • 有効なSEO技術を持つまで一定時間かかる
  • スタッフを育てる費用がかかる
  • たえず勉強する費用がかかる
  • 本の紹介

    アウトソーシングSEO

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

    アウトソーシングSEOについて勉強しました。


  • 目次
  • 概要
  • 具体的なSEO対策方法
  • アウトソーシングSEOのメリット
  • アウトソーシングSEOのデメリット
  • 本の紹介


  • 具体的なSEO対策方法

  • すべてを外注(アウトソーシングSEO)
  • 自社内で実施(インハウスSEO)
  • アウトソーシングSEOのメリット

  • SEO会社と契約することで即時実施可能
  • 社内スタッフの養成費用がいらない
  • 最新技術を持ったスタッフが実施してくれる
  • アウトソーシングSEOのデメリット

  • 自社にSEOの技術が蓄積されない
  • 成功報酬方式の場合成果が出るほど高くなる
  • ネット集客を外部依存することになる
  • 情報漏洩のリスクがない
  • 本の紹介

    インターネットの誕生

    概要

    SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。
    そのため、テキストを基に勉強を始めます。

    初回は「インターネットの誕生」知っているよ!と思いましたが、実は前身は1960年からあったり、今の形のインターネットすら、1970年からあったり、意外と知らないことも多くありました。

  • 目次
  • 概要
  • インターネットの誕生
  • 本の紹介


  • インターネットの誕生

    ARAPANET=インターネットの前身

  • 1960年代軍事目的で開発
  • 世界初のパケット通信によるコンピュータネットワーク

  • 万が一重要な情報を持つコンピュータが一か所にしかない場合、そこを攻撃されると全データが消失する
  • ⇒「コンピュータを複数に分散し、データを生き残そう」というコンセプト

    本の紹介

    SEO検定

    概要

    SEO検定という検定試験があるらしい。
    SEOについて勉強するため立ち上げたブログなので勉強することにしました。

    そのため、これ以降SEO検定の項目をまとめたものも上げていこうと考えています。
    とりあえず今回は、SEO検定がどのようなものか、各級ごとの特徴や合格率など まとめていきたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • SEO検定とは
  • 各級ごとの特徴まとめ
  • 合格率は?
  • 感想
  • SEO検定とは

  • 一般社団法人全日本SEO協会が主催している検定試験
  • SEO検定とはブログ運営等で必須となるSEOについて学べるWEBマーケティングの資格
  • 4級から1級まで存在
  • 受験資格不要
  • 合格ラインは8割
  • 各級ごとの特徴まとめ

    4級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • SEO全体の把握
  • SEOの勉強を始めるうえで出てくるインタネットの用語や技術用語の理解
  • Webの仕組み、検索エンジンの仕組み、Googleの特徴等その根本的な概念について理解
  • 3級のベース知識になる。
  • 3級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • SEOで重要な、目標キーワードの設定やサイト内部改善技術について学べる
  • 集客できるキーワード選定について理解
  • Googleがサイトの中身をどのように評価するか
  • 検索順位が向上するサイト内部の改善方法について
  • 2級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • Googleが高く評価するコンテンツ制作方法について
  • 効果的なリンク対策とソーシャルメディア活用方法
  • 効果測定と競合調査の実務について
  • 1級

    全日本SEO協会のページを参照しました。
  • モバイルSEO,ローカルSEOをマスター
  • 検索順にの回復方法
  • トップレベルのSEO技術の取得
  • 合格率は?

    2017年合格率 2018年合格率(10月まで)
    1級87%89%
    2級86%84%
    3級91%73%
    4級89%79%

    感想

    1級から4級まで級があり、どの級の知識も欲しい!と感じました。
    評判もあまり悪くはなさそうで、SEOの知識が取得できていい!という意見を多数見かけました(不評を見つけられなかっただけかもしれませんが・・・・。)
    SEOやWebマーケテイングについて勉強しているブログを運営していることもあり、受験してみようと思います。

    SEOの本を読了。今後どう生かす。

    概要

    「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読んで、SEOの勉強をしていました。 読み終わりましたので、 すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で学んだフレームワークを使い この本から学んだこと、そして今後どう生かしていくかなどまとめたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • この本から学んだこと
  • なぜSEOが重要か
  • アクセサリーショップ「CottonPot」運営にどうつなげる?
  • まとめ

  • この本から学んだこと


    この本を読んで、SEOについて学びました。特に記憶にとどめておきたいと感じたのは、下記3点です。
  • キーワードプランナーなどのツールを使用し人気や濃さなどを調査しブログに活かす

  • 訪問者の目的を意識してキーワードを選ぶ
  • サイトがターゲットとする訪問者を意識する。

  • やもすると、自サイトは自分の書きたいこと使いたい言葉であふれてしまいます。自分ファーストではなく、見に来てくれる人を第一に考える。何かしらの問題解決を考えこのサイトにたどり着いた人のニーズにあっているのかを考えることは大切だなと感じました。

    なぜSEOが重要か

  • 認知されないとどれだけ自信を持ったコンテンツでも届けることができないため。
  • 検索上位に自分のサイトを上げるため
  • アクセサリーショップ「CottonPot」運営にどうつなげる?

  • キーワードプランナーなどのツールを使用し関連キーワードの調査を行う
  • 抽出したキーワードをもとにブログを作成しSEOにつなげる
  • 過去に行ったペルソナ設定のデータを元に訪問者の目的を推測する
  • SEOの苦手分野はSNS(ソーシャルメディア)がカバー

    概要

    SEOだけではリーチできないビジネスも存在します。また、SEOだけではお客との関係性を深めることが難しいです。その解決のためにSNSが存在します。

    【目次】
  • 概要
  • 潜在客にアピール
  • 良質なインバウンドリンクの条件
  • SNSは情報や会話が伝搬される。
  • 本の紹介
  • 潜在客にアピール

  • SEOは目的をもって検索してくれる訪問者にしかリーチしません。
  • 検索してくれない訪問者にはアピールができません。
  • SNSでは情報拡散効果で潜在客へアピールができます。
  • 投稿でユーザーとの関係性を深める。

  • TwitterとFacebookが代表的なSNSになります。
  • SNSは情報や会話が伝搬される。

  • SNSは人対人、人対企業で行われているやり取りが見えることが特徴です。
  • 第三者が商品の良さをアピールしたりしてくれます。
  • 情報が伝搬し、拡散される可能性が強いです。
  • 本の紹介