フレームワーク利用のメリットと効果的な組み合わせ

概要

フレームワークは、論理性向上に役立ちます。社内外で共通言語として使用ができ、また、組み合わせることで会社とユーザーへの理解を深めてくれます。

フレームワーク利用のメリット

  • <フレームワークは経営学者やコンサルタントがビジネスを分析するために作りだした考え方の枠組みです。/li>
  • 有名なものとしては、3C分析や4P分析、5フォース分析にPEST分析などが挙げられます。
  • メリットの一つは道筋をたてて論理的に物事を把握できることです。
  • 事業領域や戦略戦術の解釈を複数にせず共通言語として認識ができます。
  • STPとペルソナ

    STP

  • 自社の立ち位置を決める
  • Segmentation(セグメンテーション)Targeting(ターゲッティング)Positionning(ポジショニング)の頭文字をとった分析手法です。
  • セグメンテーションで市場を細分化
  • ターゲッティングで細分化した市場から狙うべき市場を決めます。
  • ポジショニングでその市場で自社がとるべき立ち位置を設定します。
  • ペルソナ

  • 理想の顧客増をイメージ
  • 自社の商品やサービスを利用する理想の顧客像です。
  • まずSTPで太枠を決めそこからペルソナに落としていくことペルソナの設定がしやすいです。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。