アクセス解析の4つの視点

  • 目次
  • 概要
  • アクセス解析の目的
  • ログデータ解析のための4つの視点
  • ディメンションとは
  • メトリクスとは
  • セグメント
  • フィルタ
  • まとめ
  • 概要

    アクセス解析には、ディメンション、メトリクス、セグメント、フィルタの4つの視点が存在します。

    アクセス解析の目的

  • 従来:サーバーのシステム調査
  • 現在:マーケティングのための解析
  • ログデータ解析のための4つの視点

  • ディメンション:データ項目。日やページ、流入元といったデータ集計時の項目
  • メトリクス:データの指標
  • セグメント:ユーザーの行動の絞り込み。「モバイル毎のデータ集計をしたい!」など
  • フィルタ:特定の条件に合致するデータを含めた「除外したりする機能」
  • ディメンションとは

  • データ項目、日別、ページ別、流入別といったデータ集計をするときの項目
  • 利用個所

  • 「ページ別かつデバイス別で解析したい!」⇒セカンダリディメンションを追加
  • 「会員/非会員といった独自の解析がしたい!」⇒カスタマディメンション
  • メトリクスとは

  • データの指標
  • ページビュー数、直帰率、滞在時間といった数値や合計など状況を判断したり評価する項目
  • 「〜という項目ごとにーという指標を見たい」といったとき「ーという指標を見たい」の部分をメトリクスという。

    ナゼ、ディメンションとメトリクスは混乱するか?

  • 似たような項目が存在するため
  • 迷ったら
  • 「〜ことに」「〜と別に」どうしたいと区別できる⇒ディメンション
  • 合計、平均が見たい⇒メトリクス
  • セグメント

  • データとして記録されるユーザーの行動を特定条件で絞り込む機能
  • フィルタとは絞り込んだ状態毎に比較できる点が異なる。
  • 条件(Condition)

    セグメント条件を一度に適用させる場合の事

    シーケンス(Sequence)

    「PAを見てPB」を見たというような行動条件を考えたセグメントをかけること

    フィルタ

  • 特定条件に合致するデータを含めたり除外したりして統計する機能
  • セグメントとフィルタの判断方法

  • フィルタ:画面のみで有効
  • セグメント:絞り込みを保ったまま他にも移動
  • まとめ

    アクセス解析には、ディメンション、メトリクス、セグメント、フィルタ の4つの視点が存在する。それぞれの役割を認識しておくことが大切。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です