広告効果測定

概要

生活者の購買プロセスの考え方を理解し影響を確認することで効果を適切に把握できます。

広告効果測定

  • マーケテイング効果測定で最もよく行われている効果測定
  • 広告の投資効果は、ROI,ROAS,CPAの3つの指標で確認
  • ROI:Return On Investment

  • 投資額に対し、どれだけ「利益」を得ることができたか?
  • 広告の場合、「利益/投資額(広告費)*100%」
  • CPA:Cost Per Acquisition

  • 1件のコンバージョン獲得にかかった費用
  • 広告の運用成果を図る指標で「広告費/コンバージョン数」で求める
  • 購買プロセス

  • 商品を知り、購入に至るまでの過程の事
  • AIDMAとAISASの二つが有名
  • AIDM

  • Attention:商品、サービスを知る
  • Interest:興味、関心を持つ
  • Desire:ほしいと思うようになる
  • Memory:商品を記憶する
  • Action:買う
  • AISAS(電通の商品登録)

  • Attention:商品、サービスを知る
  • Interest:興味、関心を持つ
  • Search:商品について、検索
  • Action:買う
  • Sheare:体験や感想の共有
  • 参考書


    売上分析の4パターン

    概要

    売上分析は4つのパターンがあります。売上を分解し分析することが基本となります。

    売上を分解

  • 売上=販売数*平均単価
  • 販売数UP、平均単価UP

  • 販売数、平均単価ともに目標を達成している
  • 提供価値が多くの顧客に支持されている
  • →価格とのバランスも納得されている

    販売数UP、平均単価down

  • 平均単価のみが目標を下回っている
  • 提供価値は支持されている
  • →割高な価格設定になっている可能性あり。

    販売数Down、平均単価UP

  • 販売数のみが目標を下回っている
  • 価値と価格のバランスが受容されている
  • →ターゲットに価値が届いていない可能性あり

    販売数Down、平均単価Down

  • 販売数も平均単価も目標を下回っている
  • →マーケティング戦略を根本的に見直す必要あり。

    マーケティング戦略を見直すには

  • 販売数と平均単価のどちらが不調なのかを確認することで、マーケティング戦略を見直すヒントが得られます。
  • 参考書


    効果測定の方法

    概要

    マーケッティング目標を設定したら、効果測定方法を考えておくことが重要です

    マーケティング戦略の4ステップ

  • 戦略を考え、目標を立て、施策を実行しても、振り返らなければ有効性の確認ができません。
  • 効果測定を通じて戦略や施策を柔軟に修正できるかがビジネスの成否を分ける
  • 施策実行後、効果測定をしようと思っても測定方法が見つけられなければ無意味です。
  • 参考書


    KGIとKPI

    概要

    マーケッティング戦略のPDCAを回すため、数値や目標の中身を適切に設定する必要があります。
    そのために必要な、KGIとKPIについてまとめました。

    目標はスマートに立てる

  • 目標は「SMART」に設定する必要があります。
  • SMART

  • Specific:明確性、具体性
  • Measurable:計測性
  • Achievable:達成可能性
  • Relevant:運動性
  • Time-bound:期限
  • KGIとKPI

    KGI(Key Goal indicator)

  • ビジネスの最終的な結果指標
  • 売り上げや利益
  • 顧客満足度、従業員満足度
  • KPI(Key Performance Indicator)

  • 売り上げにいたる重要な活動
  • 参考書


    マーケティングの目標を立てる

    概要

    マーケティングの目標は、ボトムアップのアプローチ(顧客ニーズの観点)トップダウン(企業収益観点)の両面を考慮する必要があります。
    目標を立てるタイミングや目標の立て方についてまとめました。

    目標を立てるタイミング

    目標と効果測定の方法はセットで考える

  • マーケッティングの施策の効果は目標に対しての達成度で考える
  • 具体的な目標数値を意識し、環境分析、STPマーケッティングミックスの策定を行う
  • 目標の立て方

  • マーケティングの基本的な目標は売り上げを作ること。
  • 参考書


    顧客体験底上げのための「7P」

    概要

    購買に付随するサービスを戦略的に考え設計するために4Pに3つの視点を加えた、マーケティングミックスの7Pが必要になります。

    7Pとは

    4Pの
  • Product:商品
  • Price:価格
  • Place:流通
  • Promotion:価値訴求

  • Personel:人員
  • Process:業務プロセス
  • PhysicalEvidence:物的証拠
  • サービスの特徴

  • 無形であること
  • 品質が均一でないこと
  • 蓄積できないこと
  • 参考書


    Webサービスにマーケティングミックスが活用できる

    概要

    Webサービスにおいても4P分析の観点で設計する必要があります。

    Webサービスにおけるマーケティングミックス

    Webサービス

  • Webサイト上で商品購入やサービス利用が完結するもの
  • Webサービスに必要なアプローチ

  • 顧客ニーズを理解し、売れる商品と売れる仕組みを作る
  • 4P分析のうち、ProductとPdomotionはWebサービスならではの観点が必要になる
  • Product(商品)

    WebサービスとしてのProductは、サービスのコンセプト、機能、ユーザーインターフェース、アクセシビリティ、ユーザビリティの5つです。
    商品などと異なり説明書をつけることができないので、直感的に使えるデザインにする必要があります。

    Promotion(価値訴求)

    Webサービスは店頭で陳列されるわけではないので、プロモーションが必須になります。

    参考書


    ブランディング

    概要

    ブランディングの世界は奥が深くコミュニケーションの積み重ねが必要です。ブランドの要素やコンセプトなどについてまとめました。

    ブランド要素

  • Web上の顧客接点の重要性が高い
  • 市場で差別化された知覚を作るため、顧客接点を一貫性ある体験としてマネジメントし、ブランド構築、強化する活動
  • 一貫性が重要

  • 一貫性を持った顧客接点の構築が重要
  • すべての顧客接点を統合管理し一貫したコミュニケーションを行うことをIMCという
  • ブランドコンセプト

  • ブランドが持っているUSP
  • 参考書


    CRM

    概要

    既存顧客との絆を深め、ファンになってもらう活動が、顧客データが増えたことやテクノロジーの進歩によりやりやすくなっています。
    ここでは、CRMの基本についてまとめました。

    顧客は何を使い企業を知るか?

  • スマートフォン所有者が増え、顧客と企業がコミュニケーションを取れるツールとなった。

  • 企業が顧客との関係を深めるための取り組みをCRM(Customer RelationShip Management)という。

    CRMでまず行うこと

  • HMLN分析→既存顧客の購入理由や利用状況などを把握する
  • CRMで大切なこと

  • いかに一人一人の顧客に寄り添えるか
  • ブランドとは

    概要

    一貫したコミュニケーションを通じて作られていくのが「ブランド」でブランドを強化していく活動が「ブランディング」といいます。

    ブランドとは

    元々は、陶器や土器、彫刻を制作した職人たちが、自身の作品であることを示すためマークを付けたのが始まりとされています。

    マーケティングにおける「ブランド」

  • 一般:市場で一定の認知や評判、行為を獲得している商品やサービスのこと
  • マーケティング:市場で明確に差別化された近くを保有し、購入に餡市にゃ意欲を与えていること
  • 参考書