集客パターンの整理(第3章1-2まとめ)

概要

Webアナリストのテキスト第3章1-2をまとめました。第3章1-2ではWeb広告の効果に期待することを学びます

すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-2について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-2で学ぶこと
  • 第3章1-2の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-2で学ぶこと

  • Web広告の3つの目的と効果
  • 第3章1-2の概要

    広告効果は認知、誘導、獲得が期待される。

    本の紹介


    Web広告の3つの目的と効果

    概要

    Web広告の目的は、「認知」「誘導」「獲得」の3つがあり、効果は「インプレッション効果」と「トラフィック効果」「レスポンス効果」の3つです。今回はその中の「インプレッション効果」についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • インプレッション効果
  • インプレッション効果詳細
  • インプレッション効果で確認する広告指標
  • 本の紹介

  • インプレッション効果

    インプレッション効果とは
  • ブランドや商品の「認知」を目的とした効果
  • インプレッション効果詳細

    インプレッション効果とは
  • 認知層に向けた「認知」を目的とする効果
  • 広告は見せるだけで一定の効果があります。
  • 広告により露出を高めることで認知やイメージ向上になります。
  • ブランディングを目的とし、広告を見られたことで得られる効果の事をインプレッション効果といいます。
  • インプレッション効果で確認する広告指標

  • Imp:Impression(広告表示回数)
  • チェックポイント:広告認知、ブランド好感度、購入意向率などの向上につながっているか
  • 本の紹介


    集客パターンの整理6

    概要

    Web上での集客方法には大きく分けるとプッシュ型とプル型があります。と書きましたが、それ以外に興味関心の度合いによる整理方法も存在します。
    興味関心の度合いで「認知層」「潜在層」「顕在層」があり、今回はこの中の「潜在層」と顕在層」についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 潜在層
  • 潜在層の広告手法
  • 顕在層
  • 顕在層の広告手法
  • 本の紹介

  • 潜在層

  • すでに商品を知っているユーザー
  • 欲してはいない、知っているだけ。
  • 集客目的→興味関心を引き商品やサービスへの必要性を感じてもらう
  • 潜在層の広告手法

  • ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)
  • アフィリエイト(成果報酬型広告)
  • メール(DM型広告/ダイレクトメール/メールマガジン)
  • アプリ(CPI広告/リワード広告)
  • 顕在層

  • 目的が明確なユーザー(見込みの高いユーザー)
  • CVの見込みが高い
  • 集客目的→すでにニーズが顕在化しているユーザーへの効率的な広告提供。コストを抑え集客が可能
  • 顕在層の広告手法

  • ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)
  • アフィリエイト(成果報酬型広告)
  • メール(DM型広告/ダイレクトメール/メールマガジン)
  • アプリ(CPI広告/リワード広告)
  • 本の紹介


    広告効果測定とは?いつ?何を確認するのか紹介

    概要

    web広告とは?効果が最大化する3つのポイントを解説!ででてきた、効果測定について、さらに細かく調べました。

    web広告を掲載したら、その広告の目的がどの程度達成されたかを測定するために効果測定という物を行います。広告効果測定のチェックポイントや指標具体的にどうしたらいいのかを調べました。


  • 目次
  • 概要
  • 広告効果測定とは
  • チェックポイント
  • 広告効果指標

  • 広告効果測定とは

  • 広告の目的がどの程度達成されたか測定することを言います。
  • チェックポイント

  • 売上:出稿前後の売り上げの変動で効果を確認
  • 認知率:出稿前後の認知の変動で効果を確認
  • 広告効果指標

    効果指標は、広告出稿の目的によって変わってきます。

    広告の目的が認知(インプレッション効果)の時のチェックポイント

  • ブランドや商品のサービスの認知拡大が目的
  • インプレッションやインプレッション単価を中心に広告効果を把握
  • 広告の目的が誘導(トラフィック効果)の時のチェックポイント

  • ランディングページへの誘導が目的
  • クリック、クリック率、CPC(Cost Per Click:1クリックいくら?)を中心に広告効果を把握
  • 広告の目的が獲得(レスポンス効果)の時のチェックポイント

  • コンバージョンが目的
  • コンバージョン、コンバージョン率、CPA(Cost Per Acquisition:件のコンバージョンを獲得するのにいくらかかった?)を中心に広告効果を把握
  • web広告とは?効果が最大化する3つのポイントを解説!

    概要

    自サイトを知らない層に認知してもらう方法に、web広告があります。
    web広告とは、インターネット上に存在する広告枠を持つ媒体に掲載される広告のことです。

    私は、Web広告を2回ほど出したことがあり、PVの向上につながりました。
    しかし、2回ともコンバージョンにはつながらなかったため、 過去出稿したことがあるgogle広告について調べました。


  • 目次
  • 概要
  • gogle広告とは
  • リスティング広告とは
  • google広告の効果が最大化する使い方
  • web広告効果測定

  • gogle広告とは

  • リスティング広告の一つです。
  • ppc(クリック課金型)広告です。
  • 広告のCPC(1回のクリック)の単価または、CPM(表示回数1000回)あたりの単価に基づき費用を支払います。
  • 広告キャンペーンの質が高くなれば獲得できるクリック数が増えリードや顧客を得られる見込みも上がります。
  • リスティング広告とは

  • 検索エンジンの結果にユーザーが検索した語句)に連動し掲載される広告です。
  • 検索連動型広告やPPCとも呼ばれます。
  • 広告がクリックされると費用が発生します。
  • google広告の効果が最大化する使い方

    ターゲットを明確化する

  • どのようなターゲットに広告配信したいのか?
  • →そのために次のような3つのポイントでターゲットを絞ります。

    キーワードの組み合わせ

  • ビックワード、ミドルワード、スモールワードを設定
  • →流入数、CVRの増加といった効果を生むため必要です。

    広告配信地域設定

  • 地域を決めることで、無駄な費用を抑えられます。
  • ターゲットに応じた広告文を書く

  • ユーザーの関心を引き、強みをアピールできる広告を書く必要があります。
  • web広告効果測定

    (web広告効果測定については、後日詳細を上げます。)
  • 定期的に確認します。
  • 効果が見られない、クリック数、CVRが少ない→内容の不備など原因を探ります。
  • 入札単価の調整によるCPA(顧客獲得単価)の改善も重要
  • →ユーザーの関心が高く、成果のあったキーワードは入札単価を上げ、成果のないキーワードの入札単価は下げる。

    BASE(ネットショップ)とWordPressを連携させる

    概要

    BASEでアクセサリーショップ「CottonPot」をやっていますが、Wordpressと連携できないかと探していたら、みつかりました。意外と簡単だったのでメモがてら残したいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • 参考サイト

  • 参考サイト

    こちらのサイトを参考にしました。
    Wordpressの固定ページに、上記リンク先のサイトに書かれているタグを記入するだけでできました。

    CottonPotのPV変化を見る

    概要

    アクセサリーショップ「CottonPot」で毎週金曜日にブログを上げています。
    ブログを上げていない日と上げた日のPVの遷移を見ていきたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • それぞれどのような特徴があるか
  • グラフからわかること
  • 結論

  • 1月のPV遷移

    上の図は、1月にブログを毎週金曜日に上げたい際のPVの変化になります。
  • 1/8(金)にブログをアップし10(日)にPVが上がっています。
  • 1/15(金)にブログをアップし、16日土曜日に上がっています。
  • 1/22(金)にブログをアップし、その後は上がっていません。
  • グラフからわかること

  • 10日、15日にブログSNSで発信
  • 16日参考にする本を買ったことをSNSで発信
  • 22日はブログ更新について何も発信しませんでした。

  • 結論

  • SNSを通じての流入が多いことがうかがえます。
  • 流入元を調べてみると、SocialがOrganic Searchの1.6倍差があることが分かりました。
  • ソーシャルの参照元を見てみると、Twtitterが一番多く、FacebookとInstagramも少々ありました。

  • ここから、改善点としてブログ更新時の発信をTwtitterでしかやっていなかったので、FacebookとInstergramでも行おうと思います。
    また、行動フローをみてみると、ブログをみて離脱してしまう人が多かったので、ブログからアクセサリーページのリンクを貼ってみようと考えています。

    集客パターンの整理5

    概要

    Web上での集客方法には大きく分けるとプッシュ型とプル型があります。と書きましたが、それ以外に興味関心の度合いによる整理方法も存在します。
    興味関心の度合いで「認知層」「潜在層」「顕在層」があり、今回はこの中の「認知層」についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 興味関心の度合いによる整理
  • 認知層
  • 認知層の広告手法
  • 本の紹介

  • 興味関心の度合いによる整理

  • 興味関心の高低で「認知層」「潜在層」「顕在層」に分類できます。
  • 認知層

  • 製品やサービスを知らないユーザー
  • 集客の目的→消費にゃサービスを知ってもらうこと
  • 無関心の新規ユーザーに広くアプローチ
  • 認知層の広告手法

  • ディスプレイ(純広告/リッチメディア)
  • 動画(動画広告/インターネットCM)
  • 記事(タイアップ広告/記事広告/ネイティブ広告)
  • SNS(ソーシャルメディア広告)
  • 本の紹介


    集客パターンの整理(第3章1-1まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-1をまとめました。第3章1-1ではWeb広告の3つの目的と効果を学びます。

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-1について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-1で学ぶこと
  • 第3章1-1の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-1で学ぶこと

  • Web広告の目的と効果について
  • 広告効果について
  • 第3章1-1の概要

    集客方法は、プッシュ型プル型の二つ。興味関心度合いで集客を整理する。

    本の紹介


    集客パターンの整理3

    概要

    Web上での集客方法には大きく分けるとプッシュ型とプル型があります。それぞれどんなものか簡単にまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • プル型の集客
  • プル型の集客のメリット
  • プル型の集客のデメリット
  • 本の紹介

  • プル型の集客

  • 検索および検索広告
  • プル型の集客のメリット

  • 目的が明確なユーザーをピンポイントで集客できる
  • 広告を少額で出稿できる
  • 手軽
  • プル型の集客のデメリット

  • 認知、ブランディングされていないと効果が見込みにくい
  • 本の紹介