安藤さんーラインスタンプ

概要

ラインスタンプ 安藤さん の紹介します。

安藤さん

右上、餡子が見えているお饅頭をベースとした、安藤さんのスタンプです。
手に持っているのは、藤で、餡子+藤で”あん”、”ふじ→藤”安藤です。
最初にイラスト化させるのに最も悩んだスタンプです。

個人的に結構かわいくできたかなと思っている一作です。

キャラグッズショップ

キャラグッズショップ
こちらで苗字スタンプのグッズを販売しております。 *キャラグッズショップは、わたなべさん専門ショップへ変更しました。

いちばんやさしいマーケティングの教本

概要

「いちばんやさしいマーケティングの教本」という本でマーケティングについて勉強し、ずっとブログにまとめていました。
初心者向けでわかりやすかったので、紹介したいと思います。

いちばんやさしいマーケティングの教本


3C分析やSWOT分析などと言ったおなじみの分析手法について、具体例を挙げるなどして初心者にも分かりやすく説明してくれています。
マーケティングの初心者の自分にでも理解しやすかったので勉強になりました。

トートバッグを販売しております。

概要

キャラグッズショップにて、渡辺さんのトートバッグを販売しております。
トートバッグのイラストは、綿を持った鍋のイラストで=「渡辺」です。

kishio715のラインスタンプ

kishio715は、こちらでラインスタンプを販売しております。主に、苗字をキャラクタ化したスタンプを販売しておりますが、最近では、別のスタンプの企画も行っております。

苗字スタンプはキャラグッズショップにて、バッグなどのグッズ販売も行っております。

売上は現在ゼロのため、まず一品を売ろうと考えているので、芸能人で言うところのごり押ししたい商品を紹介したいと思います。

渡辺さんのトートバッグ(黒)

渡辺さんのトートバッグ(黒です。本当は8月に売る予定でしたが、初めて自分で買ってみた結果色々手間取り現在に至っております(汗
購入して、手元に来ましたので、使い勝手などをレビューしようと思います。
サイズは本当に小ぶりなので、ドレッシング3本入れたらいっぱいになりました。
なので正直、メインのエコバッグとしての使用ではなく、メインのエコバッグを使い果たしたときに便利かと思います。
また、写真のようにメインのエコバッグを入れて持ち歩くカバンとしても使用できます。
小ぶりなので、カバン内でもそれほどスペースを取ることはないでしょう。

その他にも、手持ちのエコバッグで足りない時に、仕方がなく会社カバンに入れることもあると思います。
そんな時、カギや携帯が商品の下の方に入ってしまい、玄関口で商品を出して苦労してカギを引っ張り出すことになります。
そんなことにならないようこのバッグに財布やカギなどを入れることもできます。

また、ちょっとそこまで買い物に!と言ったときにも便利です。

購買プロセスの一つ「AISCEAS」

概要

購買プロセスの一つにAISCEASというものがあります。

AISCEAS

  • 購買プロセスを細かく分けているので、単価が高く購買意思決定に時間がかかる商材向き
  • Attention:商品、サービスの存在を知る
  • Interest:興味、関心を持つ
  • Search:検索
  • Comparison:検索結果から、よい商品を比較
  • Examination:具体的な購入検討
  • Action:購入
  • Share:体験や感想の共有
  • プロセスごとの効果測定

    AISCEASなどの考え方を用いてリサーチをすると、プロセスごとの効果測定がやりやすくなります。
  • 効果を解釈し要因分析を行う。
  • BtoBの営業部門の役割

    概要

    BtoBビジネスではマーケティング機能だけでなく営業機能がとても重要になります。

    BtoBで大切なこと

  • BtoBのターゲットはBtoCよりもターゲットが限定される
  • 慎重な意思決定が前提となる
  • →顧客が商品を深く正確に理解していることや自社への信頼度が大切になる

    BtoBにおける営業の役割

  • 商品の特徴を深く、正確に理解してもらう
  • 取引が長期的になるため、営業担当の人柄やスキルも大切になる
  • 営業担当はチャネルであり、広告塔、商品価値の一部を担っていると言える。
  • 企業の信頼度を高める

  • BtoBでマーケティングやPRが果たす役割は「信頼できる企業」と理解してもらうこと
  • BtoB

    概要

    対企業相手の取引を行うビジネスの事をBtoBと言います。
    BtoBの特徴についてまとめました。

    BtoBとは

  • 「Business to Business」の略で取引相手が企業となるビジネスの事
  • 取引相手が生活者のものをBtoC「Business to Cosutumer」と言う。
  • BtoBの特徴

  • 決算者が多く、決算に時間がかかる
  • 取引額が高額
  • 取引が長期的
  • インターナショナルコミュニケーション

    概要

    PRの需要名役割として、「インターナショナルコミュニケーション」があります。

    インターナショナルコミュニケーションとは

  • 社内関係者に対し行うコミュニケーション活動の事
  • 社外向けコミュニケーションは、エクスターナルコミュニケーションと言う
  • インターナルコミュニケーションの役割

  • 経営ビジョンや会社の魅力が会社員で共有されている状態を作り、経営と社員の信頼関係を強化する
  • 注目する情報流通経路は「経営者→社員」「社員→経営陣」「社員→社員」の3つ
  • 経営陣→社員

  • Vision、戦略、目標、想いを届ける
  • 経営陣の思想を魅力的に伝えることが求められる。
  • 社員→経営陣

  • 社員満足度調査が代表的
  • 社員が日々考えていること求めていることなどを経営陣が把握する
  • 社員→社員

  • 社員交流や部門間交流などの取り組み
  • PR活動のゴール

    概要

    PRの役割は信頼された認識を社会で共有して社会から応援される状態を作ることになります。

    PR活動

  • PR活動は社会との信頼関係を作り積極的に応援してもらう関係性を気づくことが必須です。
  • 第三者から発信されることで「信頼された認識」を得ることができます。
  • 信頼された認知の獲得のためにパブリシティ獲得の積み重ねによる認知獲得が必要です。
  • PR

    概要

    PR(広報)は「第三者話法」という信頼できる第三者を通し、情報発信するコミュニケーションの手法になります。

    PR

  • ニーズが細分化、多様化した現代、一律的に大量発信するマス広告は効率的な手段ではない
  • 情報も氾濫しており「何が正しく、どの情報を信じればわからない状態」
  • →信頼できるメディアやオピニオンリーダを通じ情報を発信することをPR(Public Relations)といいます。

    PRの定義と役割

  • パブリック=公、つまり社会
  • →社会は経営者や従業員と言う自社の関係者と顧客やパートナー企業、投資家、求職者、メディアなど様々な外部関係者で成り立っています。

  • すべての関係者と良好な信頼関係を作ることがPR活動です。
  • PRでは自分が主語ではなく第三者的なメディアなどが「価値がある」と判断した情報を発信してもらうことで信頼性を担保します。
  • 自社のPR

  • 自社だけが保有している、世に広く知られていない情報を届ける
  • メディア関係者に届ける必要がある