検索結果はサイトのトップページ

概要

検索結果、いわゆるランディングページはユーザーに一番に見られるページです。
そんなことからも。トップページと考えることが大切です。
トップページが表示される、自然検索についてまとめました。

【目次】
  • 概要
  • 自然検索とは
  • 実際にクリックされているかも大切
  • 本の紹介
  • 自然検索とは

  • 広告以外の部分の検索結果です。
  • 検索エンジンはユーザーが入力したキーワードに対して最も近い順に表示します。
  • 実際にクリックされているかも大切

  • 自然検索で1位になってもイコール全てがクリックするわけではありません。
  • 期待した結果がなく、キーワード検索しなおす可能性もあります。
  • 自然検索には、クリックスルー率(CTR)というものがあります。
  • 自然検索結果で1位の場合、CTR21%といわれています。
  • 本の紹介


    検索エンジンの仕組み

    概要

    インターネットで調べ物をする際に、Yahoo!やGoogleと言った検索エンジンを使用します。SEOはその検索時に上位表示させるための手段です。今回はその検索エンジンの仕組みについてまとめました。

    【目次】
  • 概要
  • データベースを利用している
  • 検索結果の表示方法
  • 本の紹介
  • データベースを利用している

    日本で主要な検索エンジンは、下記の3つです。スマートフォン検索の場合IphoneとAndoroidは両社ともGoogleno検索結果を表示します。

    主要な検索エンジン

  • Yahoo!
  • Google
  • Bing
  • 検索結果の表示方法<

  • クローラと呼ばれるシステムが世界中のサイトを自動的にチェックします。
  • それらを「キャッシュ」として保存します
  • 何について書かれているか、どこへリンクされているか、どこからリンクされているかなどの評価でデータベース化(インデックス)
  • ユーザーがキーワードの検索を行います。
  • 検索エンジンはキーワードに合ったサイトを探しだします。
  • ユーザーの目的に合っていると思われる順番に表示されます。
  • →検索結果に自サイトを表示するためには、まずインデックスされる必要があります。

    本の紹介


    時間軸とソーシャルメディアを意識したブログ作成

    概要

    ブログは簡単に作成でき、SEOにも活用が可能です。 年月で分類するだけでなく、キーワードからジャンルを作ったり、時間軸のキーワードを意識して記事を書く必要があります。

    【目次】
  • 概要
  • 新車ブログを例にしたサイトの場合
  • カテゴリの考え方
  • タグの使用について
  • ソーシャルメディアを意識する
  • 本の紹介
  • 新車ブログを例にしたサイトの場合

  • 発売前(モーターショー)
  • 発売直後(新車)
  • 発売1年後(中古車)
  • のように、時間軸でブログを書き、古い記事とリンクを貼りあうと効果的です。

    カテゴリの考え方

  • ブログのテーマに合わせて検索ニーズから作ります。
  • キーワードからカテゴリを作ると、検索エンジンにインデックスされやすくなります。

  • カテゴリをたくさん作り記事を複数に紐づけると、関係性が薄くなり逆効果のこともあり注意。

    タグの使用について

  • カテゴリで対策しきれなかった、人気のキーワードはタグでフォローします。
  • タグは近年あまり評価されない傾向もあります。
  • カテゴリと重複しないものにします。
  • ソーシャルメディアを意識する

  • 共感したユーザーが共有しやすいので記事ページにはソーシャルボタンを掲載します。
  • 記事の更新とともにソーシャルメディアでも投稿します。
  • 本の紹介


    はたらくプログラミングー本の紹介

    概要

    Twitterでプログラマーさんなら面白いと思える本を紹介しているのをみつけ、思わず買ってしまいました。 読み終わったので感想をまとめたいと思います。

    【目次】
  • 概要
  • はたらくプログラミング
  • 感想
  • はたらくプログラミング


    感想

    帯には、超ど級ビギナー向けとありますが、ある程度分かっている人の方が面白おかしく読めるのではないかと感じました。
    表紙からもわかるように、各プログラミング言語が擬人化されています。
    でてくるのは、javascript、PHP、HTML、CSS,HTTP、SQL、Rubyそれぞれどんな擬人化されるか想像してから読み始めるのも面白いかもしれません。

    ECサイトのキーワード対策

    概要

    ECサイトは、アイテムやブランド、季節ワードハウツーワードなど幅広い対策が必要になります。

    【目次】
  • 概要
  • ファッションECサイトを例に考える
  • ブランド名やシリーズ名はクロスカテゴリで対策
  • 本の紹介
  • ファッションECサイトを例に考える

  • メイン対策:「アイテムキーワード」
  • 「バック」ではなく「トートバック」などのようにより細かいカテゴリまで作り対策する
  • アイテムキーワードの派生語として「通販」や「ランキング」「比較」コンテンツをアイテムは以下に作ると有効です。
  • ブランド名やシリーズ名はクロスカテゴリで対策

  • ブランド商材を扱う場合、メーカーやシリーズなどが有効です。
  • メーカーはアイテムとクロスさせて「シャネル バッグ」などの対策も必要です。
  • 本の紹介


    ユーザーの検索ニーズからサイト構成を考える

    概要

    サイトに使うキーワードを考えたら次はサイトの構成を考えます。SEOの観点から重要なのは、「検索ニーズからサイト構成を考える」ことです。「検索ニーズ=訪問者の目的」です。

    【目次】
  • 概要
  • サイトの構成を考える
  • サイトマップにキーワードを書きこむ
  • 本の紹介
  • サイトの構成を考える

  • 最初にサイトの全体像を決めます。
  • サイトマップを作りサイトの構造を把握します
  • ターゲットキーワードを配置したキーワードマップを作ります。
  • サイトマップにキーワードを書きこむ

  • サイト全体を見渡せる「サイトマップ」を作成します。
  • 次にキーワードマップを作ります。
  • サイトマップにどこでどのキーワードを対策するか書き込みます。
  • 本の紹介


    Shore_Tailのカテゴリを確認

    概要

    テーマ性を意識してサイトの構成を考えるを受けて、自分のサイトの構成を見直してみようかと思います。

    【目次】
  • 概要
  • 階層構造
  • 感想
  • 本の紹介
  • 階層構造

    Shore_Tailは以下のような階層構造になっています。
    ここから、活動内容はネットショップなどへのリンク。ブログは様々なカテゴリに分かれていて、ウェブ解析士とG検定は単元ごとページが続いています。

    大きなカテゴリがあり、それにあったページがリンクされていると考えると、階層構造に問題はなさそうです。

    感想

    カテゴリ分けは問題なさそうですが、更新が止まっているページがあります。この辺もSEOには関係するのかな?この後勉強していったなかで、そのような表記を見つけた場合、修正していこうと考えています。

    本の紹介


    テーマ性を意識してサイトの構成を考える

    概要

    Googleの検索エンジンは専門的で権威があり信頼できるサイトを重視します。

    【目次】
  • 概要
  • サイトのテーマを明確化する
  • 本の紹介
  • サイトのテーマを明確化する

  • 専門性の高いサイトはテーマが明確なのでSEO効果も出やすいです。
  • SEO評価の指標

  • サイトのテーマページで使われているキーワード
  • どんなサイトからリンクされているか
  • どんなサイトをリンクしているか
  • サイトの構造化

  • 関連したページを以下に置く構造にして構造認識させます
  • 本の紹介


    カテゴリの作り方

    概要

    カテゴリ分けをしてブログを書いていくと、そのどこにも属せないな。となり、「その他」のカテゴリを作りそこにたくさん記事を入れてしまう場合があります。その場合にどのような不都合があるのかまとめました。

    【目次】
  • 概要
  • その他のカテゴリ
  • 重要フラグ、季節フラグ
  • 本の紹介
  • その他のカテゴリ

    <例>
  • 「カニ」のカテゴリにエビやイカが並んでいる
  • →カニのテーマが薄れてしまい、検索エンジンに評価してもらえません。

    重要フラグ、季節フラグ

    <例>
  • カテゴリ:料理
  • 人気料理ピックアップや寄せ鍋など季節ごとのカテゴリにすることでピックアップできます。
  • 本の紹介


    SEOを考慮したカテゴリ作り

    概要

    カテゴリは、膨大なデータや商品を分類する中間階層のページになります。
    カテゴリをSEO的な考え方を踏まえて設計すると大きな効果が望めます。

    【目次】
  • 概要
  • カテゴリの種類
  • 定型データに強弱をつける
  • 本の紹介
  • カテゴリの種類

    提携データ

  • 駅名や作家など誰が使っても同じで変えようのないデータです。
  • 独自データ

  • イタリアンのカテゴリの下にピザや洋食の下にカテゴリなど、自由に設定できるデータ
  • 定型データに強弱をつける

    <例>
    音楽アーティスト
  • 50音表記にした場合→後ろの方のアーティストに人気アーティストがいた場合1P目に出てこない
  • →検索エンジンは1P目から評価するので人気アーティストへのリンクが弱くなってしまう。
    →50音の前に、人気アーティストの項目を作り1P目に表示するようにすると効果的

    本の紹介