事業の流れを知り、よさを見つける

概要

事業の良さを見つけるためには、外部環境、内部環境を調査し事業について知ることが重要です。

外部環境の分析

  • 事業を知るにはその事業の外部環境を理解しなくてはいけない。
  • PEST分析はそのための有用なフレームワークです。
  • PESTの項目以外では(既知、最近注目、検索エンジンで上位などの)競合他社が存在します。
  • キャッチコピーや何を訴えているか、メールやSNSは行っているかなど多面的に把握します。
  • 内部環境の分析

  • 内部環境を分析することで、強みを生み出す資源を洗い流すことができます。
  • 強みにつながる資源をリストアップします。
  • よく見られているコンテンツやユーザが流入する参照元、などの数値からヒントを得ることができます。
  • いちばんやさしいマーケティングの教本


    Web分析、改善の第一歩は「会社」と「ユーザー」を知ること

    概要

    会社とユーザーを知ることで、より良いWeb分析や改善を行うことができます。

    会社を知る

  • 会社を知らなければWeb分析、改善どころか何の施策も行えません。
  • そのためには会社のWebの状況も把握する必要があります。
  • サイトの構造を理解し、どういったコンテンツがあってどのようなナビゲーションとなっているかをチェック
  • セッション数などの数値や推移は必ず知っておく必要があります。
  • Web広告の実施有無やツールの導入状況を知ることも大切です。
  • ユーザを知る

  • 商売の基本は誰に、何を、どう売るかです。

  • 顧客とは

  • 競合と比較した時に自社を最も評価してくれた人
  • →継続して評価してくれれば、その人はファンとなって企業は継続的な利益を得られます。
    →ユーザーを知ることができる最たるWeb特融のデータは気ワードです。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    フレームワーク利用のメリットと効果的な組み合わせ

    概要

    フレームワークは、論理性向上に役立ちます。社内外で共通言語として使用ができ、また、組み合わせることで会社とユーザーへの理解を深めてくれます。

    フレームワーク利用のメリット

  • <フレームワークは経営学者やコンサルタントがビジネスを分析するために作りだした考え方の枠組みです。/li>
  • 有名なものとしては、3C分析や4P分析、5フォース分析にPEST分析などが挙げられます。
  • メリットの一つは道筋をたてて論理的に物事を把握できることです。
  • 事業領域や戦略戦術の解釈を複数にせず共通言語として認識ができます。
  • STPとペルソナ

    STP

  • 自社の立ち位置を決める
  • Segmentation(セグメンテーション)Targeting(ターゲッティング)Positionning(ポジショニング)の頭文字をとった分析手法です。
  • セグメンテーションで市場を細分化
  • ターゲッティングで細分化した市場から狙うべき市場を決めます。
  • ポジショニングでその市場で自社がとるべき立ち位置を設定します。
  • ペルソナ

  • 理想の顧客増をイメージ
  • 自社の商品やサービスを利用する理想の顧客像です。
  • まずSTPで太枠を決めそこからペルソナに落としていくことペルソナの設定がしやすいです。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    いつ、戦略を見直す?

    概要

    戦略は、中長期的なものですが賞味期限が存在します。
    見直すべきタイミングは環境と結果の変化から知ることができます。

    環境的の変化

  • 戦略を見直すタイミングの一つが環境の変化です。
  • 環境とは企業の内部及び外部の両方を指します。

  • 内部環境

  • 人の変化が戦略へ影響を与えます。
  • 人の変化とは、人員の減少を指します。
  • 人の変化があったタイミングは戦略を見直すタイミングとなる場合があります。

  • 外部環境はPESTと競合を注視する

  • PEST分析と同様に政治、経済、ライフスタイル、テクノロジーの変化に注意します。
  • 政治の変化:新しい法律により制限が生まれることが挙げられます。
  • 経済の変化:デフレにより消費が控えられることなどです。
  • 競合他社の変化:競合他社が変化することで自社に影響がある場合もあります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Shore_tailのPV分析

    概要

    3月14日にこのサイトを立ち上げて半年近くたちました。そこでPVの遷移を確認し考察していきたいと思います。

    PV遷移

  • 3月から始まり5月がピークで7月まで減少しています。
  • 7、8月は横ばいです。
  • PV減少理由を考察

  • 3~6月は、立ち上げて3か月はできたばかりと言うことでGoogleのロボットが積極的に取り上げてくれた?
  • 7月にPVが落ち着いたためそこから9月までPVが横ばい?
  • ユーザー数遷移

  • 4~6月まで右上がりです。
  • ユーザー数は5、6月と右上がりでPVは5、6月と下がっています。
  • →6月はFaceBookの投稿に反響があったのがきっかけで流入が増えたと思います。

    各月の上位記事を確認

    4月

  • 『えんとつ町のプペル』(主題歌) Covered by キングコングが50万再生以上された理由
  • キングコングの西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」の企画について書いています。

    5月

  • 宮迫さんがロコンドのCMに出られた理由を分析してみた。
  • 宮迫さんのCM出演について、書いています。

    6月

  • ラインスタンプ試作で「西野」を考えた
  • ラインの苗字スタンプで「西野」の試作を考えた時の記事です。

  • 上位記事を確認すると4~6月とキングコングさんと宮迫さんの記事を書いています。
  • 以降はからめた記事がありません。
  • 7~9月は同じくらいのPVで横ばいです。
  • サイトへの流入

  • 流入元を見てみるとTwitterが最も多く見られました。
  • 以前Twitterでいいねが付いているものを調べてみた。でいいねが2以上のものを調べたところ、キングコング関連ばかりでした。
  • カジサック(梶原雄太さん)を見ている人と宮迫です!を見ている人はダブっていると考えられます(多分)
  • まとめ

    以上を踏まえて考えてみると、
  • Shore_tailへの流入はTwitterが多い
  • kishio715のTwitterはキングコング関連で反応してもらうことが多い。
  • →キングコングや宮迫さんなどお笑い好きの人が見に来てくれていることが多い?

    戦略と戦術のフレームワーク

    概要

    戦略と戦術をうまく連動させるためにフレームワークがあります。

    なぜ、戦略と戦術が連動しないか?

    理由1:戦略を忘れる

  • 戦術の組み立てをしているうちに戦略を忘れてしまう。
  • →忘れた時は、「見つける」の段階に戻りながら「組み立てる」を進めることを意識する必要があります。

    理由2:方法を知らない

  • 「組み立てる」ために有用な方法を知らない
  • 戦略と戦術を連動させて組み立てるにはある程度の経験が必要です。
  • 有用なフレームワーク

    ロジックツリー

  • 目標に達するまでに顧客がとる行動を整理することができる。
  • 自社の顧客増が明確であればあるほど、顧客の行動が思いつきやすくなります。
  • 顧客の行動が想像できない場合は顧客を知ることが不足していることになります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    戦術とは、実行して育てること。

    概要

    戦術とは、実行して育てることを言います。戦術を行うために戦略の理解は必須です。
    戦術と戦略は両方とも重要なものになります。

    戦略

  • 戦略とは「知って」「見つけて」「組み立てる」ことです

  • 戦術の定義

    戦術とは、戦略を知り、見つけ、組み立てて具体的な実行可能なプランにし、実行するためのものをいいます。

    改善しながら育てる

  • 戦術を実行することにより、数値と言う結果を得られます。
  • 数値、つまりデータが集まることで気付きを得ることもできます。
  • 戦術は、目標を達成するための具体的な手段です。
  • 戦術のもう一つの定義は「育てる」ことです。
  • 戦略と戦術の定義

  • 戦略→「知って」「見つけて」「組み立てる」
  • 戦術→「実行して」「育てる」
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    知って、見つけて、組み立てる。戦略

    概要

    戦略の最初の入り口は知ることです。そこから内容から強みや方向性を見つけてベースにしてプランを組み立てることを戦略と言います。

    戦略とは

  • 戦略とは目標を達成するための道筋を立てることです。
  • →目標とは企業により異なりますが、売り上げや利益と言う場合が多いです。
  • 目標を理解し達成までの道のりや自分たちの武器はどんなものかを知らなくてはいけない
  • 道の見つけ方

  • 他社にはない自社だけの強みや方向性を探します。
  • 強みとは、顧客が感じる価値の事です
  • 自社支店ではなく、顧客視点で見つける必要があります。
  • 他社にはない強みのことを差別化要因やUSPなどとも呼びます。
  • 強みを見つけるには

  • 強みを見つけるには「知る」ことが大切です
  • 見つけると知るの段階では適宜戻りながら行うと効果的です
  • 見つけるためのフレームワークとしては3C分析があります。
  • プランを組み立てる

    強みや方向性を見つけたら、それをベースに戦略を具体化します。
  • KGI(重要目標達成指標)、KPI(重要業績指標)KSF(主要成功要因)を設計し実務に落とし込めるようにする必要があります。
  • 手段の選定基準は「見つける」で定めた強みや方向性です。
  • 戦略はあくまで道筋なので実際に行動するための手段へとつなげなくてはいけない
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    知ること

    概要

    戦略も戦術も知ることが大切です。

    知ることの重要性

  • 戦略や戦術を立てる時に大切なのは知ることです。
  • アイディアを出すときも、様々な知識を知り掛け合わせることで新しい発想につながります。
  • 戦略を立てる上で知るべきこと

    戦略を立てる上では
  • 外部環境
  • 顧客
  • 自社
  • 競合他社
  • を知る必要があります。

    外部環境を知るとは

  • 世の中の流れを知る
  • 外部環境を知るためのフレームワークとしてPEST分析が有名です
  • 顧客を知るとは

  • 顧客は自身の課題を解決するために商品購入します。
  • どんな属性の顧客がどのような課題を解決したいのか知る必要があります。
  • 有名なフレームワークは、STP、ペルソナ、カスタマジャーニーなどがあります
  • 自社を知るとは

  • 顧客同様、自社を知らなければ商品やサービスは売れません
  • 有名なフレームワークとしては3C分析、4P分析、4C分析などが上げられます
  • 競合他社を知るとは

  • どの市場にも必ず競合他社は存在するので、競合を知り自社の強みや戦略の方向性を知る必要があります。
  • 有名なフレームワークとしては5フォースがあります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Webマーケティング活動の一部

    概要

    Webマーケティングとは、マーケティングの一部です。Webには独自の特徴がありそれを理解して戦略を立てることが重要になります。

    マーケティングとは

  • 企業の目標を達成するために経営戦略が作られます。
  • ヒト、モノ、カネをどう分配、配置するかを定めることが経営戦略になります。
  • 経営戦略のもとにマーケティングが存在します。
  • マーケティングは「売れる仕組みを作ること」です。
  • その仕組みを機能させるための何かを実行する必要があります。
  • 経営理念や経営ビジョン、経営戦略との一貫性を持った売れる仕組みがマーケティングです。
  • Webマーケティングとは

  • Web中心のマーケティング活動を指します。
  • 戦略と戦術

  • マーケティング戦略においてWebha戦術の一つ
  • 戦略は目標を達成するための道筋を考えること
  • 戦術は目標を達成するための手段
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。