Twtitter広告

概要

Web広告の中にはSNS広告という物があります。私のサイトの流入はTwtitterからが多かったので、Twtitter広告について調べました。

  • 目次
  • 概要
  • Twitter広告
  • Twitter広告の種類
  • Twitter の広告メニューは3つ
  • 感想
  • Twitter広告

  • 魅力は即時性と拡散力
  • 数週間以上の投稿実績があるTwitterアカウントでないと、広告アカウントを作成できないので注意
  • 配信された広告は、「いいね」や「リツイート」されることで、広告に反応した人のフォロワーにも広まる。
  • ⇒広告によっては、予算以上の話題の広がりが生まれる可能性がある。(二次拡散性が強い)

    Twitter広告の種類

  • 「オートプロモートを設定する」と「Twitter広告を設定する」2つがある
  • オートプロモート⇒月額9,900円で継続的に広告を配信するプラン
  • Twitter の広告メニューは3つ

    プロモツイート

    タイムラインに表示される Twitter 広告で、フォロワー外を含めた投稿の閲覧数(リーチ)を伸ばしたり、コンバージョンを増加させたり、投稿に対するクリックやいいね、リツイートなどの反応数(エンゲージメント)を増やす目的でおこないます。

    プロモアカウント

    フォロワー数の獲得を目的とした Twitter 広告です。

    プロモトレンド

    24時間の表示で、タイムラインや検索タブ内にある「おすすめ」の二番目や「トレンド」の一番目に表示される Twitter 広告です。プロモツイートに比べ大きいキャンペーンやイベントを宣伝する目的で使用します。

    感想

    Twitter広告は、拡散力が魅力の一つとされていることから、フォロワー数が多ければ 宣伝効果は高まるということが推測される。Google広告のほかに気になっている広告の一つなのでもう少し調べてみようと思いました。

    広告の費用対効果と指標

    概要

    宣伝のための広告費を幾らかけようか?広告費を幾らかけて売り上げが幾らならば 利益が発生しているのか?
    そんな費用対効果の高い広告を見極める指標として「ROAS」「ROI」「CPA」が存在しています。

    今回これらの指標を、具体例を挙げてまとめました。
  • 目次
  • 概要
  • ROAS
  • ROI
  • CPA
  • 感想
  • ROAS

  • 広告費に対して得られた売上を%で表したもの、
  • 広告費の何%の売り上げが立ったかを知ることができる。
  • ROAS=広告経由の売上÷広告費用×100(%)

  • *ROASの高い広告にはさらに予算を投下したり
    *ROASの低い広告のページの改善を行うといった判断ができる

    【例】
    CottonPotで広告を出す。9000円の売り上げを目標にしている。広告費用を1カ月5000円とした。この時のROASは?
    (9000/5000)*100=180[%]

    1カ月5000円の広告費で9000円売り上げが発生した場合広告費の1.8倍の売り上げがあったということになります。


    ROI(Return on Investment)

  • 広告費に対して得られた利益を%で表したもの
  • *(ROASが売上、ROIが利益と考えるとわかりやすい)

     ROI=広告経由の利益÷広告費用×100(%)

    【例】
    CottonPotで広告を出す。8550円の利益を目標にしている。広告費用を1カ月5000円とした。この時のROIは?
    (8550/5000)*100=171[%]


    CPA(Cost Per Acquisition)

  • 広告をかけたとき、コンバージョン1件を獲得するのにかかった費用
  • CPAの数値が高ければ高いほど1件のコンバージョンにつなげるための費用がかかっているということ
  • CPA=広告費用÷CV数

    感想

    Web広告を出そうと思い調査中です。
    過去一度一万円で一カ月だけ出稿した際はPVは増えたもののコンバージョンは0でした。

    9000円の売り上げを出すためには広告費を幾らかけようか?広告はGoogle広告だけでいいのか?
    SNS広告はどんなものか?などを調べています。
  • メルマガとは

    概要

    Webマーケティングの手法の一つにメールマーケティングというものがあります。
    メールマーケティングとは、Eメールを用いたマーケティング活動で、顧客とのコミュニケーションを行う
    手法とされています。

    メールマーケティングと似た言葉でメールマガジンというものがあります。
    今回は、メールマーケティングとメールマガジンの違いと、メールマガジン(メルマガ)のメリットとデメリットについて
    メルマガではどのような内容を発信すればいいのかについてまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • メールマーケティングとメールマガジンの違い
  • メリットとデメリット
  • 何を発信する?
  • 感想
  • メールマーケティングとメールマガジンの違い

  • メルマガは、メールマーケテイングの手法の一つ
  • メリットとデメリット

    メリット

  • SNSよりダイレクト性が高い
  • 広告に比べ1件あたりのコストが抑えられる
  • ユーザーに直接アプローチできる
  • デメリット

  • 読んでもらえない場合もある
  • 迷惑メールに振り分けられてしまう場合もある
  • 何を発信する?

  • 最新情報や新商品のリリース、セールにサイトの更新情報など
  • 不定期情報、突発情報の告知など
  • 感想

    今回、メルマガ配信サービスというものがあると知り詳しく調べる流れでメールマーケテイングについて 調べてみようという流れになりました。

    正直今更メルマガ?というのが本音でしたが、著名人の発行者もおり一定の集客力は見込めそうです。

    メルマガ発行の流れを考えてみると、ユーザー側が購読登録フォームから申し込み
    発行されるという流れなので、登録するユーザーはメルマガを発行する会社は知っているが積極的に商品を買うまでではない(潜在層)から興味がある、買いたいという(顕在層)人たちだと思われます。そう考えるといわゆる見込み客の獲得に強そうです。

    googleリスティング広告を出稿したがコンバーションされない!理由を探る

    概要

    過去2回、リスティング広告を出稿したことがあります。PV増加にはつながりましたが、コンバーションにはつながりませんでした。
    そこで理由を探ります。


  • 目次
  • 概要
  • 原因
  • クリック率
  • クリック率の改善方法

  • 原因

  • 1日の予算設定額が低すぎる
  • 入札価格が低すぎる
  • キーワードの検索ボリュームが少ない
  • キーワードのマッチタイプがよくない
  • *マッチタイプ=部分一致、フレーズ一致感ぜにっちなどがあり、完全一致だと表示回数が減る。
  • 広告の品質がよくない
    ⇒キーワード事品質スコアが決められていて低いと広告が表示されない。
  • クリック率

  • リスティング広告のクリック率は高い程いい
  • 改善すると、見込み客の訪問が増える。
  • クリック単価が下がる。
  • クリック率の改善方法率

  • 複数広告を設定(googleは3つ以上の広告作成を推奨)
  • 広告表示オプションの設定
  • アドカスタマイザーを使う
  • 入札単価を上げて掲載順位を上げる。
  • google広告の予算を考える

    概要

    web広告とは?効果が最大化する3つのポイントを解説! で勉強したことを元に、 アクセサリーショップCottonPotの広告を出稿しようと考えており、新たな疑問として幾ら位かければいいのか気になってきたのでgoogle広告の予算はどのくらいがいいのか調べました。


  • 目次
  • 概要
  • 一般的な広告出稿予算
  • 広告費用の決め方
  • CottonPotの広告費を決める

  • 一般的な広告出稿予算

    ネットで調べた限りになりますが、一般的に20~30万円を初期の予算として始める企業が多くいようです。
    掲載の目的が定まっていれば、「目標CPA × 目標CV数 = 必要予算」で決定します。

    広告費用の決め方

  • 「目標CPA × 目標CV数 = 必要予算」
  • CPA (Cost per Acquisition:コンバージョンを得るために幾らかかるか?)
  • CPA=CPC/CVR(コンバージョン率)
  • CPC(Cost Per Click:広告を見たユーザーが1クリック幾らか?)
  • 平均クリック単価(キーワードプランナーで調べられる)*クリック数=広告費
  • CottonPotの広告費を決める

    コンバーション数を決める

    コンバーション数、つまり何件の注文が欲しいかを考えます。
    とはいえ、今までショップ運営などしたことがないので、Web解析士の問題集などを参考に、仮に下のようなデータを目指すことを決めました

    売上9000円
    受注数3件
    商談数6件
    CV数24件
    フォーム到達数240件
    回遊数2400件
    セッション数9600件

    次にクリック単価を調べました。
    アクセサリーショップCottonPotは、ネックレスとピアスを販売しております。そこで、今回はネックレスのクリック単価をキーワードプランナーを使い調べました。
    その結果「18円~66円」とでてきたので、一番高い66円で計算しようと思います。

  • CVR=CV/セッション数*100=(24/9600)*100=0.25%
  • CPA=66/0.25=264
  • 広告費 = CPA*CV = 264 * 24 = 6336円

  • 広告の適切な予算は6336円と算出されました。文言等も考えて出稿はしたいと思います。

    広告効果測定とは?いつ?何を確認するのか紹介

    概要

    web広告とは?効果が最大化する3つのポイントを解説!ででてきた、効果測定について、さらに細かく調べました。

    web広告を掲載したら、その広告の目的がどの程度達成されたかを測定するために効果測定という物を行います。広告効果測定のチェックポイントや指標具体的にどうしたらいいのかを調べました。


  • 目次
  • 概要
  • 広告効果測定とは
  • チェックポイント
  • 広告効果指標

  • 広告効果測定とは

  • 広告の目的がどの程度達成されたか測定することを言います。
  • チェックポイント

  • 売上:出稿前後の売り上げの変動で効果を確認
  • 認知率:出稿前後の認知の変動で効果を確認
  • 広告効果指標

    効果指標は、広告出稿の目的によって変わってきます。

    広告の目的が認知(インプレッション効果)の時のチェックポイント

  • ブランドや商品のサービスの認知拡大が目的
  • インプレッションやインプレッション単価を中心に広告効果を把握
  • 広告の目的が誘導(トラフィック効果)の時のチェックポイント

  • ランディングページへの誘導が目的
  • クリック、クリック率、CPC(Cost Per Click:1クリックいくら?)を中心に広告効果を把握
  • 広告の目的が獲得(レスポンス効果)の時のチェックポイント

  • コンバージョンが目的
  • コンバージョン、コンバージョン率、CPA(Cost Per Acquisition:件のコンバージョンを獲得するのにいくらかかった?)を中心に広告効果を把握
  • web広告とは?効果が最大化する3つのポイントを解説!

    概要

    自サイトを知らない層に認知してもらう方法に、web広告があります。
    web広告とは、インターネット上に存在する広告枠を持つ媒体に掲載される広告のことです。

    私は、Web広告を2回ほど出したことがあり、PVの向上につながりました。
    しかし、2回ともコンバージョンにはつながらなかったため、 過去出稿したことがあるgogle広告について調べました。


  • 目次
  • 概要
  • gogle広告とは
  • リスティング広告とは
  • google広告の効果が最大化する使い方
  • web広告効果測定

  • gogle広告とは

  • リスティング広告の一つです。
  • ppc(クリック課金型)広告です。
  • 広告のCPC(1回のクリック)の単価または、CPM(表示回数1000回)あたりの単価に基づき費用を支払います。
  • 広告キャンペーンの質が高くなれば獲得できるクリック数が増えリードや顧客を得られる見込みも上がります。
  • リスティング広告とは

  • 検索エンジンの結果にユーザーが検索した語句)に連動し掲載される広告です。
  • 検索連動型広告やPPCとも呼ばれます。
  • 広告がクリックされると費用が発生します。
  • google広告の効果が最大化する使い方

    ターゲットを明確化する

  • どのようなターゲットに広告配信したいのか?
  • →そのために次のような3つのポイントでターゲットを絞ります。

    キーワードの組み合わせ

  • ビックワード、ミドルワード、スモールワードを設定
  • →流入数、CVRの増加といった効果を生むため必要です。

    広告配信地域設定

  • 地域を決めることで、無駄な費用を抑えられます。
  • ターゲットに応じた広告文を書く

  • ユーザーの関心を引き、強みをアピールできる広告を書く必要があります。
  • web広告効果測定

    (web広告効果測定については、後日詳細を上げます。)
  • 定期的に確認します。
  • 効果が見られない、クリック数、CVRが少ない→内容の不備など原因を探ります。
  • 入札単価の調整によるCPA(顧客獲得単価)の改善も重要
  • →ユーザーの関心が高く、成果のあったキーワードは入札単価を上げ、成果のないキーワードの入札単価は下げる。

    CottonPotのユーザーフローを整理(1月分)

    概要

  • サイト内外および顧客データ1
  • サイト内外および顧客データ2
  • で勉強した内容を元に アクセサリーショップ「CottonPot」を流入、回遊、コンバージョン、リテンションの4つの視点でユーザーフローを整理してみました
  • 目次
  • 概要
  • 流入
  • 回遊
  • コンバージョン
  • リテンション
  • まとめ
  • 流入

  • ユーザーがサイトへ訪問することを流入と言います。
  • 流入経路には、ソーシャル(SNS)オーガニックサーチ(検索エンジン)リファラ(リンク元)大レックとがあります。
  • 「CottonPot」の流入経路内訳

  • ソーシャル:35人
  • オーガニックサーチ:15人
  • リファラ:10人
  • ダイレクト:5人
  • リンク元

  • admin.the.base.in:5人
  • Shore_Tail.com:3人
  • sslwid.the.base:2人
  • ソーシャル

  • Twtitter:31人
  • Instergram:2人
  • Facebook:1人
  • 回遊

  • サイト内を閲覧するルート、ユーザーの行動のことを回遊と言います。
  • 「CottonPot」の回遊内訳

  • ブログを周回してトップへ行き離脱
  • 商品ページからトップへ行き離脱
  • コンバージョン

  • Webサイトの成果をコンバージョンと言います。
  • 「CottonPot」のコンバージョン

  • 0
  • リビジョン

  • リピーター数のことを言います。
  • 「CottonPot」のリビジョン

  • 新規41人、リピーター4人
  • まとめ

    ツイッターからの流入が最も多く、次いでShore_Tailからも少量の流入がありました。理想としてはShore_Tailからの流入が増えてくれると今後理想的なのでコンテンツを増やすなどの対策を検討してきたいと考えています。

    オーガニックサーチと広告収入の関係

    オーガニックサーチと収益の表

    概要

    このサイトは、Googleアドセンスの設定をしてあるので、広告のクリックに応じて 収益があります。SEOの勉強をし集客力が上がれば収益UPにもつながるので、日々勉強しております。

    Googleアドセンスでデータ収集もしておりずっと収益と関係のある指標はないか探っており、今回オーガニックサーチに 関連性が見つけられたので紹介します。
  • 目次
  • 概要
  • オーガニックサーチと収益の関係
  • オーガニックサーチとは
  • 外部SEO
  • 内部SEO
  • まとめ
  • オーガニックサーチと収益の関係

    こちらの図は、去年から今年2月半ばまでのオーガニックサーチ(自然検索)と広告収益の対比の表です。
    次にこの表をオーガニックサーチの件数が少ない順に並べ替えた表を載せます。
    この表から、「オーガニックサーチが増えれば、収益があがる」という仮説が立てられます。
    (データ不足感は否めませんが・・・・。)
    これは、SNSやブックマークなどから来る人と違い、自然検索はその日たまたまサイトにヒットして見に来る新規のユーザーが多いためと推理できます。

    オーガニックサーチとは

  • Yahoo!やGoogleなどで検索した結果のもの
  • オーガニックサーチでサイトが表示されれば流入UPにつながります。
  • SEO対策と言われるものは、このオーガニックサーチで上位表示させるための手法になります。
  • 外部SEO

  • 被リンク獲得の施策を、おもに外部SEOと呼びます。
  • 外部からの被リンクを受けると「ユーザーが求めているコンテンツである」と評価される傾向があります。
  • 内部SEO

  • 自サイトの構造やタグの最適化や内部リンクなどを行うことを言います。
  • まとめ

    結局のところ、画期的な近道などなく、地道なSEO対策が必要という結論になります。
    一度リスティング広告を出稿し、オーガニックサーチと広告クリック数の変化を確認してみようと思います。

    CottonPotを3C分析

    概要

    『SNSで人を集める』という本を読んで、まず最初は3C分析を行い自社の強みを抽出し、コンセプトなどを作っていくとありました。今まで読んだ本のなかで最もわかりやすく、細かく3C分析の方法が載っていたので、手順通り進めていってみたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • 3C分析とは
  • CottonPotの3C分析
  • まとめ
  • 本の紹介
  • 3C分析とは

  • 顧客、競合、自社の観点から分析
  • 経営戦略上の課題を導く分析ツール

  • 顧客(Customer)

    下のサイトから、見込み客の悩みを30個抽出します。
  • 同業者の出版した本のレビュー「こんな悩みを解決しました」などみつける
  • Yahoo!知恵袋や教えてgooなど相談系のサイトで関連キーワードで検索し悩みを見つける
  • 競合(Competitor)

    下のような手順で、他社の見込み客や強みを抽出します。
  • Yahoo!やGoogleで「関連キーワード」で検索
  • 似たようなコンセプトのサイトを抽出
  • 特徴を書きだす。
  • 自社

  • ポジショニングマップを作成し、各社の位置づけを明確にする
  • ポジショニングマップ・・・市場における自社の立ち位置を明確にし、マーケティング戦略を策定する手法

    CottonPotの3C分析

    顧客(Customer)

    見込み客の悩みをピックアップし、共通を抽出しましたところ、以下のような悩みが存在することがわかりました。
  • 手ごろ(安い)な価格のものがたくさん欲しい
  • 合わせ方、おしゃれの仕方を知りたい
  • プレゼントにほしい
  • など

    競合(Competitor)

    「アクセサリー 通販」でブランド名を調べ、「ブランド名 ブログ」で口コミを検索しましたところ、見込み客や強みを以下のように推測しました。
  • 見込み客:20~50代
  • 強み:丁寧な対応、安さ、品質
  • 自社

    以上のことから、ポジショニングマップを作成しました。
    x軸には品質、y軸には価格。競合は以下のような特徴のショップを見つけました。
  • A社:400円位 値段のわりには品質が高いが不良品も多い
  • B社:~3000円 かわいいものが多い リピータも多い
  • C社:~200円 安くて長持ち、壊れてもあきらめがつく
  • D社:1500~3000円 品質よい
  • B社とD社は値段が1500円以上かつ品質がよいようなので右上
  • A社は値段が安く、口コミから値段からすると納得という品質の印象だったので真ん中の下の方
  • C社は値段が安く、壊れてもあきらめがつくということだったので左下にしました。
  • まとめ

    競合と比べて空いている場所は、右下「品質が良く 価格が安い」でした。

    品質はプロにおまかせなので、担保されるとして価格を1000円から高くても2500円位で抑えられないかなと考えています。

    ということで、図の位置に自社をおいてみました。

    本の紹介