広告以外の集客方法~その他~

概要

広告以外の集客方法には、メールマガジンやブログ、SNS、プレスリリースや動画などがあります。 それぞれどのようなものなのかまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • メールマガジン
  • メールマガジンの集客役割
  • ブログ
  • SNSの活用法
  • プレスリリース
  • 動画
  • 本の紹介

  • メールマガジン

  • 自社サイトへの誘導を行い、サイト内でのコンバージョンを達成させる集客メディア
  • メルアドが分かれば、直接相手に働きかけられる。
  • メールマガジンの集客役割

  • 見込み客の確保
  • 既存の顧客フォロー
  • ブログ

  • 投稿記事から自社サービスなどへ誘導
  • 即効性はないので長期的な運営が必要
  • SNSの活用方法

  • 企業ページを作成しブラントの向上を期待
  • 商品開発のためのリサーチ
  • 商品のファン化
  • ユーザーを顧客かしやすいメリットがある一方良いことも悪いことも爆発的に拡散するデメリットがある。
  • プレスリリース

  • 新商品やサービスをプレスリリースとして提供
  • ニュース等で紹介されることを通じ集客
  • 動画

  • Youtubeにチャンネルを作成し企業の公式ウェブサイトへリンク設定
  • 本の紹介


    広告以外の集客方法~自然検索~

    概要

    検索方法の一つに自然検索という物があります。
    自然検索によるSEOとは何か?自然検索の特徴とは?他の集客施策と異なる点は何か?をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 自然検索によるSEOとは?
  • 自然検索とは
  • 他の集客施策と異なる点
  • 本の紹介

  • 自然検索によるSEOとは?

  • ページのコンテンツや構造を改造する
  • 検索結果から自社サイトへの流入を増やす取り組みをする
  • 自然検索

  • オーガニックサーチと呼ばれる
  • SEO対策したとして集客が増える保証はない⇒検索上位にひょうじされなかったら無意味
  • 本の紹介


    ディスプレイ広告

    概要

    WEBサイトの広告枠に表示される広告にディスプレイ広告というものがあります。


  • 目次
  • 概要
  • ディスプレイ広告の種類
  • ディスプレイ広告
  • 本の紹介

  • ディスプレイ広告の種類

  • バナー広告
  • リッチメディア広告
  • テキスト広告
  • 動画広告、インターネットCM
  • ディスプレイ広告

  • バナー広告などの画像による広告メニューのこと
  • 様々な広告フォーマットで掲載される画像形式の広告
  • 主にバナー広告損とあリッチメディア、テキスト広告、動画広告など
  • 本の紹介


    ターゲティング手法2

    概要

    ターゲティングとは、集客したいユーザーの絞り込みを言います。 今回は、ターゲティングのポイントと配信手法の図解、次回は一つ一つを細かく見ていきます。


  • 目次
  • 概要
  • デモグラフィック配信
  • ジオグラフィック配信
  • カテゴリ配信配信
  • 行動ターゲティング
  • オーディエンス配信
  • キーワードターゲティング
  • サイトターゲティング
  • レコメンドりターゲティング
  • 本の紹介

  • デモグラフィック配信

  • デモグラフィック情報(年齢、性別など)でターゲティングし広告配信する手法
  • ジオグラフィック配信

  • ジオグラフィック情報(地域情報)でターゲティングして広告配信
  • カテゴリ配信配信

  • 単一広告媒体でなく、複数の広告媒体のカテゴリをまとめて配信
  • 行動ターゲティング

  • ユーザーの行動履歴を基に興味を絞り配信する手法
  • オーディエンス配信

  • ユーザーの行動履歴を基にユーザーにターゲティングして広告配信
  • 自サイトに来たことはないが似たような行動履歴を持つユーザーにも配信する
  • キーワードターゲティング

  • 検索キーワードを基にした広告配信
  • サイトターゲティング

  • 自サイトへ訪問歴のあるユーザーを絞り込んで配信
  • レコメンドりターゲティング

  • 自サイトに来たユーザーに対し履歴からユーザーの興味に応じた商品の広告配信
  • 本の紹介


    ターゲティング手法1

    概要

    ターゲティングとは、集客したいユーザーの絞り込みを言います。 今回は、ターゲティングのポイントと配信手法の図解、次回は一つ一つを細かく見ていきます。


  • 目次
  • 概要
  • ターゲティングのポイント
  • ターゲティングの配信手法
  • 本の紹介

  • ターゲティングのポイント

  • ターゲティングに利用する条件(広告配信設定)を決める
  • 「認知層」「潜在層」「顕在層」とターゲティング条件を掛け合わせる
  • ターゲティング配信の手法

    本の紹介


    顕在層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    顕在層向けの広告メニューには代表的なものがいくつかあります。
    今回は、顕在層向けメニューの役割やそれぞれどのようなものがあるのかをまとめました。



  • 目次
  • 概要
  • 役割
  • 顕在層向けメニュー
  • 本の紹介

  • 役割

  • コンバージョン=レスポンス効果の期待
  • 広告を見てWebサイトに誘導されたユーザーからコンバージョンを獲得するための広告手法が求められる。

  • (例)リスティング広告

    顕在層向けメニュー

    検索(検索連動型広告/リスティング広告)

  • 検索キーワードやフレーズに連動し結果的にテキストで掲載
  • 検索連動型(リスティング)広告とも呼ばれる
  • クリック課金(広告がクリックされると広告費が発生)
  • キーワードごと入札価格を設定、クリック単価*広告品質の高い順
  • (例)GogleAdwords

    ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)

  • 広告媒体のWebサイトを多数集めた「広告配信ネットワーク」を形成
  • 運用型広告
  • 少額で掲載可能
  • アドネットワーク・・・広告枠掲載料を持った媒体の広告枠をまとめて広告配信
  • DSP・・・複数の広告配信ネットワークをまとめて1mp(インプレッション)単位で広告配信をコントロール
  • コンテンツ広告・・・自社の商品やサービスに関連性の高いコンテンツに広告表示
  • アフィリエイト(成功報酬型広告)

  • 実行したコンバージョンに応じて広告費を支払う手法
  • 口コミによる情報技術拡散が期待できる
  • 紹介文はアフィリエイターが作成
  • 広告主がメッセージ内容のコントロールや把握は難しい
  • メール(DM型/広告/ダイレクトメール/メルマガ)

  • チラシやDMなどの広告をEメールで配信
  • アプリ(CPI/広告/リワード広告)

  • アプリ内に広告を掲載
  • ユーザーがアプリをダウンロードすると広告費が発生
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    潜在層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    潜在層向けの広告メニューには代表的なものがいくつかあります。
    今回は、潜在層向けメニューの役割やそれぞれどのようなものがあるのかをまとめました。



  • 目次
  • 概要
  • 役割
  • 潜在層向けメニュー
  • 本の紹介

  • 役割

  • 広告を元にユーザーをサイトへ誘導すること=トラフィック効果
  • 広告をmチアユーザーにクリックなどアクションを起こさせサイトに誘導する
  • 欲求はあるが具体的なところまで確定していない人向け
  • ある程度のターゲティングが行われている状態で表示される広告
  • =認知層より関心が高い
    =クリックして自社サイトに誘導できる可能性が高い

    潜在層向けメニュー

    ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)

  • 広告媒体のWebサイトを多数集めた「広告配信ネットワーク」を形成
  • 運用型広告
  • 少額で掲載可能
  • アドネットワーク・・・広告枠掲載料を持った媒体の広告枠をまとめて広告配信
  • DSP・・・複数の広告配信ネットワークをまとめて1mp(インプレッション)単位で広告配信をコントロール
  • コンテンツ広告・・・自社の商品やサービスに関連性の高いコンテンツに広告表示
  • アフィリエイト(成功報酬型広告)

  • 実行したコンバージョンに応じて広告費を支払う手法
  • 口コミによる情報技術拡散が期待できる
  • 紹介文はアフィリエイターが作成
  • 広告主がメッセージ内容のコントロールや把握は難しい
  • メール(DM型/広告/ダイレクトメール/メルマガ)

  • チラシやDMなどの広告をEメールで配信
  • アプリ(CPI/広告/リワード広告)

  • アプリ内に広告を掲載
  • ユーザーがアプリをダウンロードすると広告費が発生
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    認知層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    認知層に向けた広告の役割や認知層向けの広告メニューについてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 認知層向け広告はなんのためにあるか?
  • 様々な認知層向けの広告
  • 本の紹介

  • 認知層向け広告はなんのためにあるか?

  • 商品やサービスを知らなかった人が広告で認知し興味を抱かせるため=インプレッション効果
  • 不特定多数に表示されるので興味のない人にも表示される
  • 大量のユーザーが集まるサイトで展開することでユーザーに認知させる効果が高まる
  • 様々な認知層向けの広告

    ディスプレイ広告(純広告/リッチメディア)

  • 目にしやすい優良広告枠に配信=認知層、ブランディングに有効
  • 記憶コンテンツ

  • 広告を読み物として掲載する手法
  • ユーザーに商品やサービスの機能、特徴などを理解してもらうため有効(グノシーなど)
  • 動画(動画広告、インターネットCM)

  • インストリーム広告:動画の頭の部分に入る広告
  • インストロール広告:動画領域をクリックやマウスオンした時に配信される
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    広告メニュー~自サイトの広告はどこに向けて出す?

    概要

    広告には、認知層に働きかけるもの、潜在層に働きかけるもの、顕在層に働きかけるものそれぞれ違います。今回はそれぞれどのような広告メニューが存在するのかをまとめ、アクセサリーショップ「CottonPot」はどの層向けの広告を出稿したらいいのかを考えたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • 集客方法の違いとネット広告の全体像
  • CottonPotで広告を出すなら
  • 本の紹介

  • 集客方法の違いとネット広告の全体像

    認知層

  • 商品やサービスを知らない
  • 広告でブランド認知
  • 「広告効果が悪い」と評価されがち
  • ⇒興味が低いユーザーにも訴求するため成果につながりにくいため

    顕在層

  • 購入や資料請求など直接的に行動を促すことがもとめられる
  • CottonPotで広告を出すなら

    広告出稿の目的は?

  • みんなに知られたい
  • 買ってほしい
  • ⇒認知とコンバーション
    つまり、認知層に向けた広告をしばらく出稿しその後顕在層に向けた広告を出稿する流れが理想と言えます。

    以前にも広告出稿したことがありますが、その時は閲覧者は増えたものの、購入にはつながりませんでした。

    理由は恐らく「他のアクセサリーショップとの違いがほとんどない」「それでいて商品名が怪しい(”元気を出したい人に向けて”などとしていた)」「製作者が誰かわからない(kishio715って誰だよ状態)」が挙げられます。

    そこで
  • 商品名は「ガーネットのピアス」などのように普通の名前に変更
  • 「数秘術」という占いで「パーソナルナンバー」を選出し各数に対応する色のアクセサリーを紹介するという形で他のアクセサリーショップとの違いを出す
  • という改善を行いました。

    google広告の予算を考えるで書いたようにCottonPotで広告を出すならば予算は7000円行かないようでした。

    また、どのくらいの期間だしていたら効果が出るかを調べたところ半年~1年というデータを見つけました。

    7000円で1か月と考えた場合、1年広告を出そうと思うと、「7000*12=84000円」なのでお金をためて広告を出そうと思います。

    本の紹介


    広告メニュー(第3章1-5まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-5をまとめました。第3章1-5では広告メニューについて学びます。

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-2について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-5で学ぶこと
  • 第3章1-5の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-5で学ぶこと

    広告出稿の際にはターゲットを明確にし、各箇所でどういった対策が必要になっていくかを学びます。

    第3章1-5の概要

    「認知層」「潜在層」「顕在層」にターゲットを分類し、広告メニューを考える。

    本の紹介