広告評価の目的と視点「認知」

概要

広告の目的は、「認知」「誘導」「獲得」それぞれ「インプレッション効果」「トラフィック効果」「レスポンス効果」をきたいします。この中の「認知」について細かくまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 認知
  • 本の紹介

  • 認知

  • 確認すべき指標「インプレッション数」「リーチ」「フリークエンシー」

  • ブランディング目的でディスプレイ広告(バナー広告)を打っていると

  • インプレッション数・・・表示回数
  • リーチ・・・どれくらいの割合のユーザーに表示されたか
  • フリークエンシー・・・一人当たりに表示された頻度
  • ポストインプレッション・・・広告をmチアユーザーが後日起こした行動
  • 本の紹介


    エンゲージメントとリーチとインプレッション

    概要

    SNSの人気の指標にエンゲージメントがあります。

    エンゲージメント

  • 契約や約束と言う意味があります。また、マーケティングではユーザーと企業の結びつきを指します。
  • 企業の投稿などに対してのユーザーのアクションを指します。
  • Facebookでは、いいね!やコメントなど
  • Twitterではツイートやフォローなどを指します。
  • エンゲージメント率はソーシャルメディアを運用する上でフォロワー数より重要な指標です。
  • リーチとインプレッション

  • インプレッション:投稿や広告が表示された回数です。
  • リーチ:広告や投稿が表示されたユーザー数を表します。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web広告の指標

    概要

    Web広告にもたくさんの指標が存在します。

    広告の基本指標

    インプレッション

  • 広告が表示された回数
  • クリック

  • Web広告がクリックされた回数
  • CTR(Click Through Rate)

  • Web広告がクリックされた割合
  • CPC(Cost Per Click)

  • 1クリック当たりにかかるコスト
  • CVR(Coversion Rate)

  • コンバージョンに至った率
  • CPA(Const Per Action)

  • 広告経由で1CV獲得にかかった広告費
  • インプレッション効果

  • ユーザーの認知拡大や興味
  • フリークエンシー

  • 1ユーザーあたり何回広告が表示されたかを表します。
  • トラフィック効果

  • サイトへの誘導が目的
  • 重要指標:クリック、CTR、CPC
  • レスポンス効果

  • 購入や問い合わせ、資料請求などサイト上のアクションの獲得が目的です。
  • 重要指標:CV、CVR、CPA
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。