検索エンジンの歴史

概要

SEO検定という検定を見つけ、4級を受験することにしました。

検索エンジンの歴史として、ディレクトリ型の検索エンジンの検索方法やメリット、デメリットについて勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • ディレクトリ型検索エンジン
  • ディレクトリ型検索エンジンの検索方法
  • ディレクトリ型検索エンジンのメリット
  • ディレクトリ型検索エンジンのデメリット
  • 本の紹介


  • ディレクトリ型検索エンジン

  • 人間がWebサイトの名前、紹介文、URLをデータベースに記述
  • カテゴリ別に整理
  • 情報収集も内容編集も人の手で行う。
  • ディレクトリ型検索エンジンの検索方法

    [カテゴリ検索]

  • ユーザーがカテゴリ名をクリックすると目的のサイトが見つかる
  • [キーワード検索]

  • キーワードを入力するとあらかじめ設定されているサイト名や紹介文とキーワードが適合すると表示される。
  • ディレクトリ型検索エンジンのメリット

  • 人的管理のため無駄が少ない、有益な情報が見やすい
  • カテゴリを通じ、自分の興味ある分野のサイトが見つかる。
  • ディレクトリ型検索エンジンのデメリット

  • キーワード検索で見つからない時もある。
  • 情報量が少ない
  • 掲載情報が運営会社によって左右される。
  • 本の紹介

    サイトpv数でみる、カテゴリ別のデータ遷移

    概要

    Googleアナリティクスでデータを取り始めてから3月までで各カテゴリのPVがどのような遷移をしているのかを確認し
    今後力を入れたいカテゴリを考えていきたいと思います。

  • 目次
  • 概要
  • 月別PV遷移
  • 上の項目から分析できること
  • まとめ


  • 月別PV遷移

    表からわかる事

  • 「SEO、マーケティング勉強」は毎月投稿していますがPVの遷移は横這いです。
  • 「プログラム」は3カ月に1回投稿していますがPVの遷移は右下がりです。(-7PV)
  • 「ネットショップ」は9月から1月にかけて連続投稿していますがPVの遷移は11月がピークです。
  • 「WEBアナリスト」は3月から投稿しています。
  • 「分析」は8月、10、11月、1から3月に投稿していてPVの遷移は右上がりです。(+47.17PV)
  • 「本の紹介」は9、11、12、3月と投稿していてPVの遷移は右上がりです。(+16PV)
  • 「イラスト、ラインスタンプ」はPVの遷移は横這いです。
  • 「占い」は2、3月と投稿していてPVの遷移は右上がりです。(+11.5PV)
  • 上の項目から分析できること

  • 「分析」と「本の紹介のカテゴリはPVの遷移が順調に伸びているので、今後も需要が見込めそうです。
  • 「占い」は2月と3月のみの投稿ですがPVがダントツなので、興味を持ってくれた人が多そうだと予想できます。
  • ⇒今後、この3つのカテゴリに特に力を入れることがPVを増やすことにつながるのではないかと考えられます

    感想

    このブログのメインは「SEO、マーケティング勉強」でここで学んだことを「ネットショップ」運営につなげてアクセサリの販売やラインスタンプの販売を行おうと考えていたのに、まさかの最も力を入れていた「SEO、マーケティング勉強」と「イラスト、ラインスタンプ」のPVが横這いだったと知り、頭抱えています。

    SEO、マーケティング勉強」は内容が小難しいし他のブログと似たような投稿になっている。 「イラスト、ラインスタンプ」はシンプルに絵がうまくないことが原因かな?

    カテゴリページのリンクの貼り方

    概要

    訪問者の道しるべになるナビケーションを配置して探したい情報が絞り込めるような構成にします。

    【目次】
  • 概要
  • カテゴリページの役割と目的
  • アンカーテキストを設置
  • 本の紹介
  • カテゴリページの役割と目的

  • カテゴリページは情報をさらに絞り込んで検索できるテンプレートです。
  • 訪問者の目的がより具体的になるよう誘導できます。
  • カテゴリページの画面構成と要素

  • パンくずリスト:トップページから現在地までのリンク遷移がわかる
  • カテゴリへのリンク:カテゴリの並びとアンカーテキストが重要
  • アンカーテキストを設置

  • リンクを設置する際にサイト上下に表示されるテキスト
  • 本の紹介


    Shore_Tailのカテゴリを確認

    概要

    テーマ性を意識してサイトの構成を考えるを受けて、自分のサイトの構成を見直してみようかと思います。

    【目次】
  • 概要
  • 階層構造
  • 感想
  • 本の紹介
  • 階層構造

    Shore_Tailは以下のような階層構造になっています。
    ここから、活動内容はネットショップなどへのリンク。ブログは様々なカテゴリに分かれていて、ウェブ解析士とG検定は単元ごとページが続いています。

    大きなカテゴリがあり、それにあったページがリンクされていると考えると、階層構造に問題はなさそうです。

    感想

    カテゴリ分けは問題なさそうですが、更新が止まっているページがあります。この辺もSEOには関係するのかな?この後勉強していったなかで、そのような表記を見つけた場合、修正していこうと考えています。

    本の紹介


    カテゴリの作り方

    概要

    カテゴリ分けをしてブログを書いていくと、そのどこにも属せないな。となり、「その他」のカテゴリを作りそこにたくさん記事を入れてしまう場合があります。その場合にどのような不都合があるのかまとめました。

    【目次】
  • 概要
  • その他のカテゴリ
  • 重要フラグ、季節フラグ
  • 本の紹介
  • その他のカテゴリ

    <例>
  • 「カニ」のカテゴリにエビやイカが並んでいる
  • →カニのテーマが薄れてしまい、検索エンジンに評価してもらえません。

    重要フラグ、季節フラグ

    <例>
  • カテゴリ:料理
  • 人気料理ピックアップや寄せ鍋など季節ごとのカテゴリにすることでピックアップできます。
  • 本の紹介


    SEO対策を開始する前に準備すること。

    概要

    SEOを対策する前に、サイト構造を見直すことが大切です。
    ECサイトの場合、カテゴリ分けが検索されにくい分け方になっていないか考えることが大切です。


    【目次】
  • 概要
  • 対策するサイトを見直す
  • 本の紹介
  • 対策するサイトを見直す

  • 例:「高級腕時計のECサイト」
  • 悪いカテゴリ分け「メンズ/(シンプル、機械式、スポーティ)「レディース/(耐久性が高い、華やか)」
  • 良いカテゴリ分け「ロレックス、カシオ、カルティエ」などブランドごと
  • →十店舗をみても、高級時計はブランドごとにならんでいます。そこからも、高級時計はブランドで検索されることが分かります。

    CottonPotのカテゴリを考える

    アクセサリショップ「CottonPot」の場合、検索上位に挙がってほしいキーワードは「アクセサリ」「ネックレス」「ピアス」が挙げられると思います。

    今回、キーワードプランナーで、「ネックレス」を調べてみたところ、「ティファニ ネックレス」「ルビー ネックレス」「南京錠 ネックレス」「磁気 ネックレス」などがありました。

    ここから、ネックレスは「材質」「ブランド」「形状」「機能」で検索される可能性が高いことがわかります。

    そう考えると、「CottonPot」のカテゴリは「ネックレス/ルビー」「ネックレス/アマゾナイト」などにした方がいいかもしれません。

    取り敢えず早急にアイテム数増やさなきゃ(汗

    本の紹介


    ブログのカテゴリを見直す

    概要

    2020/3/14にサイトを立ち上げ、今日までブログの更新を続けてきました。その中で必要に応じてカテゴリを増やしてきたのですが、そんなに数が増えなかったカテゴリがあったり、わかりにくいかな?って思うものが出てきたりしたので、整理していこうかと思います。

    現在のカテゴリ

    改めてみると、12個もありました。
  • 「活動内容」「渡辺さん専門店」「イラスト」「ラインスタンプ」「ライングッズショップ」
  • これらは、全て活動内容に集約されます。
  • 「渡辺さん専門店」の前進が「ライングッズショップ」です。
  • 「イラスト」と「ラインスタンプ」も一つに集約できそうです。
  • 「プログラム」と「ウェブ解析士」は独立したページを作ってありますがブログでも時々書きたいのでそのまま残します。
  • 「本の紹介」は殆どこの本を元に勉強した内容ですよってカテゴリのため削除。
  • 「SEO」と「マーケティング」はSEOの勉強しているとマーケティングにつながっていくので一つにまとめたいと思います。
  • 「分析」はマーケティング等勉強したことを元に実践なので残そう
  • カテゴリ修正

  • 「渡辺さん専門店」「ライングッズショップ」→「ネットショップ」
  • 「イラスト」「ラインスタンプ」→「イラスト・ラインスタンプ」
  • 「SEO」「マーケティング」→「SEO、マーケティング勉強」
  • 「プログラム」「ウェブ解析士」「分析」→そのまま残す
  • 「本の紹介」「活動内容」→削除
  • まとめ

    カテゴリーがだいぶすっきりしました。