セッション数が2桁以上のデータからアクセス数UP方法を考察する

概要

8 去年の8月から、ブログのタイトルやPV、セッション数、ユーザー数のデータをまとめています。
今回は、セッション数が2桁のものを抽出しアクセス数UPの方法を考察していきたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • セッション数とは
  • セッションが少ないとはどういうことか?
  • セッションが少ない理由
  • まとめ



  • セッション数とは

  • ユーザーがサイト訪問した回数をいいます。
  • セッションが少ないとはどういうことか?

  • ユーザーがページを訪問する機会が生み出されていない
  • セッションが少ない理由

    セッションが少ない理由は以下の2つがあげられます。
  • ページへの流入元が少ない
  • コンテンツのクオリティが低い
  • Shore_Tailのセッション数を確認

  • 上の画像は2020年のセッション数が2桁以上のデータです。
  • ユーザー数の2倍のセッション数の記事が2件あるのがわかります。
  • 分析計の記事はユーザー数とセッションの数に変わりがありません
  • 完全オリジナルのイラストはセッションがユーザー数の2倍以上あります。
  • タイトル「デジタルマーケティング」はセッションがユーザー数の2倍以上あります。
  • 上の画像は2021年のセッション数が2桁以上のデータです。
  • 項目は左から、日付、ブログタイトル、カテゴリ、ユーザー数、セッション数、セッション数/ユーザー数です。
  • すべての記事がユーザー数の2倍以上のセッション数なのがわかります。
  • SEO対策についてわかりそうと感じるタイトルのものがユーザー数の2倍以上のセッション数です。
  • まとめ

  • 上の画像は2020年~2021年のセッション数がユーザー数の2倍以上のものとそれ以外のものをまとめたものです。
  • SEO対策についてわかりそうと感じるタイトルのものがユーザー数の2倍以上のセッション数です。

  • ここから、「SEO対策について具体的な対策案が書かれたブログにひかれた」可能性が考えられます。
    個人的には左に並んだタイトルの方が力を入れて書いているものが多く、右のタイトルのような勉強の結果左のタイトルを右に移動できるの理想形になります。

    次は、これを受けて改めてKGI、KSF、KPIの設定を行いたいと思います

    収益とPVセッション数、ユーザー数の関係

    概要


    時々、Googleアドセンスから収益があります。とは言え、高くても100円くらいですが。
    今回は、収益とPVやセッション数、ユーザー数との関係を表にして探っていきたいと思います。

    このブログは、以下の目次のような構成になっております。
  • 目次
  • 概要
    PV30以上ユーザー数2桁
    PV30以上ユーザー数1桁
    収益の発生したデータ
    PVが増える理由
    まとめ

    PV30以上ユーザー数2桁


    上記表からわかること。
  • ユーザー数とセッション数が似た数字でPVが多い

  • ざっくりした表現ですが、上のようなことが分かります。解釈間違いだったら申し訳ないですが、ユーザー数とセッション数(訪問数)が同じくらいということは、ほとんどの人が一回だけ訪問したということになります。
    またPVがそれに比べて多いのは、一度の訪問でサイトに興味を持ってくれた人が他のページも閲覧してくれたと考えられます。

    PV30以上ユーザー数1桁


    上記表からわかること。
  • ユーザー数とセッション数に開きがあり、PVが最も多い

  • 1人のユーザーが何度か訪問し、かつ他のページも閲覧した。ということではないかと考えられます。

    収益の発生したデータ


    上記表からわかること。
  • ユーザー数が一桁台でセッション数も同様位の値でPVが高いとき、収益が発生する

  • データ不足感は否めませんが、上記表からは以上のような仮説が立てられるかと思います。

    PVが増える理由


    PV30以上ユーザー数1桁の表を見てみると、「山下にゃんこさん試作」が以上にPVが高いのが見受けられます。そこで、このページを確認してみたところ、内部リンクがされていたので、他ページへ飛びやすくPVが増えたのかと考えられます。
    また、この時リンクしていたのは、「かわいい」を数値化するというブログで数回にわたり書いていました。

    以前からSEO対策に内部リンクが有効というのは知っていましたが、如実に表れたのは今回が初めてでした。
    理由としては、
  • リンクがリスト的に複数になっていなかった
  • 「かわいい」というフィジカル的なものを数値化しようという企画に興味を持たれた

  • の二つが挙げられるのではないかと考えられます。

    まとめ

    収益が発生するのは、広告がクリックされたときです。広告がクリックされるには、まず物理的に複数回広告が表示される必要があります。
    複数回広告が表示されるということは、たくさんリンクを飛んでくれる必要があり、必然PVの増加が大切であると考えられます。
    しかし、PV30以上ユーザー数1桁のようにたくさんの人が一度だけ色々見てくれて終わりでは次につながらないので、やはり少数ユーザーで複数回多数訪問してくれることが理想なのではないかと思われます。