マンガでわかる行動経済学ー本の紹介

概要

マンガでわかる行動経済学という名前から、漫画でストーリが進むのかと思いきやそうではなく、1単元ごと小話マンガが載っているという感じでした。
読んでみての要約を すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で学んだフレームワークを利用し をまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • この本から学べること
  • 感想

  • この本から学べること

  • 行動経済学とはなにか?
  • 商品やお金を手にした時の人の心理状態はどういう物なのか
  • 人が何かを決める時にはどのような判断手法がとられるのか
  • 投資やギャンブルの時人はどういった行動をとりがちなのか
  • 感想

    この本を読んで、行動経済学というのは「損をしたくないと考えている人の行動からどうすれば、自然な集客につながるかといった方法を模索する手段」であると感じました。

    ブログを書くとき、物を売るときどうすればいいか、普段何気なく目にしているお店ではどういった集客努力がされているのか?と言ったことがわかります。
    何気なく置かれている商品の配置にも理由があります!値段の設定にも理由があります!タダにも理由があります。これを知ると世の中が楽しくなります!


    SEOの本を読了。今後どう生かす。

    概要

    「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読んで、SEOの勉強をしていました。 読み終わりましたので、 すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で学んだフレームワークを使い この本から学んだこと、そして今後どう生かしていくかなどまとめたいと思います。


  • 目次
  • 概要
  • この本から学んだこと
  • なぜSEOが重要か
  • アクセサリーショップ「CottonPot」運営にどうつなげる?
  • まとめ

  • この本から学んだこと


    この本を読んで、SEOについて学びました。特に記憶にとどめておきたいと感じたのは、下記3点です。
  • キーワードプランナーなどのツールを使用し人気や濃さなどを調査しブログに活かす

  • 訪問者の目的を意識してキーワードを選ぶ
  • サイトがターゲットとする訪問者を意識する。

  • やもすると、自サイトは自分の書きたいこと使いたい言葉であふれてしまいます。自分ファーストではなく、見に来てくれる人を第一に考える。何かしらの問題解決を考えこのサイトにたどり着いた人のニーズにあっているのかを考えることは大切だなと感じました。

    なぜSEOが重要か

  • 認知されないとどれだけ自信を持ったコンテンツでも届けることができないため。
  • 検索上位に自分のサイトを上げるため
  • アクセサリーショップ「CottonPot」運営にどうつなげる?

  • キーワードプランナーなどのツールを使用し関連キーワードの調査を行う
  • 抽出したキーワードをもとにブログを作成しSEOにつなげる
  • 過去に行ったペルソナ設定のデータを元に訪問者の目的を推測する
  • すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介

    概要

    知識のアウトプット方法についての本でした。この本で学んだフレームワークを利用し 内容について感想をまとめました

  • 目次
  • 概要
  • すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法
  • 感想
  • まとめ
  • すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法

    この本では、以下のような内容が学べます。
  • 学んだ内容を忘れてしまう理由、20字インプット方法とはどんなものか
  • アウトプットを高める学び方とはどんなものか
  • 学びを仕事に生かすには??
  • 感想

    この本を読んで、目的を明確かしてフレームワークを作成する大切さを学びました。

    この本を手に取った理由は、。タイトルにもあるように「20字」でまとめる方法にひかれたことと、たくさん本を読むもののその知識が行かせているという自信がなかったためです。

    この本を通じて、20字でまとめる方法を学ぶことができました。またそれを基にアウトプットする方法についても学べます。

    わかりやすくまとまっているので、今後も実践を通してより自分のものにしていけたらと感じました。

    カスタマージャーニーマップ

    概要

    ユーザーの行動を知るためのフレームワークとして、カスタマージャーニーマップというフレームワークがあります。

    カスタマージャーニーマップとは

  • ユーザを定義し商品サービスを認知し、興味を持ち企業の最終目標に淘汰するまでを旅になぞらえて分断することをいいます。
  • ユーザーの行動傾向と思考、心理変化も考えます。
  • 作成手順

  • ペルソナ設計
  • ユーザーの行動範囲を決定
  • どこで最初の接点を持って、ゴールをどこに設定するかを考えます。
  • 決めた範囲の中でユーザーの行動をステップ化します。
  • ステップができたら、ステップごと企業とユーザーの接点を洗い出します。
  • その接点でユーザーが課題に感じることを洗い出し施策へと落とし込みます。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    3C分析で攻める領域を発見する

    概要

    3C分析を使うと、戦うべき事業領域を見つけ出すことができます。

    3C分析とは

  • Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字を取ったフレームワークです。
  • 顧客、競合、自社の3つの要素から考えることでその企業が戦うべき領域が見つけ出せます。
  • 分析の順番のセオリー:顧客→競合→自社の順です。
  • 顧客視点で考えられるよう顧客から分析することが大切
  • 競合と顧客が重なる部分:競合が強みを発揮している市場です。
  • 顧客、自社、競合が重なる部分:レッドオーシャンです。
  • *狙うべきは顧客と自社だけが重なっている部分です

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    フレームワーク利用のメリットと効果的な組み合わせ

    概要

    フレームワークは、論理性向上に役立ちます。社内外で共通言語として使用ができ、また、組み合わせることで会社とユーザーへの理解を深めてくれます。

    フレームワーク利用のメリット

  • <フレームワークは経営学者やコンサルタントがビジネスを分析するために作りだした考え方の枠組みです。/li>
  • 有名なものとしては、3C分析や4P分析、5フォース分析にPEST分析などが挙げられます。
  • メリットの一つは道筋をたてて論理的に物事を把握できることです。
  • 事業領域や戦略戦術の解釈を複数にせず共通言語として認識ができます。
  • STPとペルソナ

    STP

  • 自社の立ち位置を決める
  • Segmentation(セグメンテーション)Targeting(ターゲッティング)Positionning(ポジショニング)の頭文字をとった分析手法です。
  • セグメンテーションで市場を細分化
  • ターゲッティングで細分化した市場から狙うべき市場を決めます。
  • ポジショニングでその市場で自社がとるべき立ち位置を設定します。
  • ペルソナ

  • 理想の顧客増をイメージ
  • 自社の商品やサービスを利用する理想の顧客像です。
  • まずSTPで太枠を決めそこからペルソナに落としていくことペルソナの設定がしやすいです。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    戦略と戦術のフレームワーク

    概要

    戦略と戦術をうまく連動させるためにフレームワークがあります。

    なぜ、戦略と戦術が連動しないか?

    理由1:戦略を忘れる

  • 戦術の組み立てをしているうちに戦略を忘れてしまう。
  • →忘れた時は、「見つける」の段階に戻りながら「組み立てる」を進めることを意識する必要があります。

    理由2:方法を知らない

  • 「組み立てる」ために有用な方法を知らない
  • 戦略と戦術を連動させて組み立てるにはある程度の経験が必要です。
  • 有用なフレームワーク

    ロジックツリー

  • 目標に達するまでに顧客がとる行動を整理することができる。
  • 自社の顧客増が明確であればあるほど、顧客の行動が思いつきやすくなります。
  • 顧客の行動が想像できない場合は顧客を知ることが不足していることになります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    知ること

    概要

    戦略も戦術も知ることが大切です。

    知ることの重要性

  • 戦略や戦術を立てる時に大切なのは知ることです。
  • アイディアを出すときも、様々な知識を知り掛け合わせることで新しい発想につながります。
  • 戦略を立てる上で知るべきこと

    戦略を立てる上では
  • 外部環境
  • 顧客
  • 自社
  • 競合他社
  • を知る必要があります。

    外部環境を知るとは

  • 世の中の流れを知る
  • 外部環境を知るためのフレームワークとしてPEST分析が有名です
  • 顧客を知るとは

  • 顧客は自身の課題を解決するために商品購入します。
  • どんな属性の顧客がどのような課題を解決したいのか知る必要があります。
  • 有名なフレームワークは、STP、ペルソナ、カスタマジャーニーなどがあります
  • 自社を知るとは

  • 顧客同様、自社を知らなければ商品やサービスは売れません
  • 有名なフレームワークとしては3C分析、4P分析、4C分析などが上げられます
  • 競合他社を知るとは

  • どの市場にも必ず競合他社は存在するので、競合を知り自社の強みや戦略の方向性を知る必要があります。
  • 有名なフレームワークとしては5フォースがあります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。