売上分析の4パターン

概要

売上分析は4つのパターンがあります。売上を分解し分析することが基本となります。

売上を分解

  • 売上=販売数*平均単価
  • 販売数UP、平均単価UP

  • 販売数、平均単価ともに目標を達成している
  • 提供価値が多くの顧客に支持されている
  • →価格とのバランスも納得されている

    販売数UP、平均単価down

  • 平均単価のみが目標を下回っている
  • 提供価値は支持されている
  • →割高な価格設定になっている可能性あり。

    販売数Down、平均単価UP

  • 販売数のみが目標を下回っている
  • 価値と価格のバランスが受容されている
  • →ターゲットに価値が届いていない可能性あり

    販売数Down、平均単価Down

  • 販売数も平均単価も目標を下回っている
  • →マーケティング戦略を根本的に見直す必要あり。

    マーケティング戦略を見直すには

  • 販売数と平均単価のどちらが不調なのかを確認することで、マーケティング戦略を見直すヒントが得られます。
  • 参考書