SEOについて理解する

概要

SEOとは何かや、検索エンジンと検索順位について理解を深めていきたいと思います。

【目次】
  • 概要
  • SEOとは?
  • 検索順位の変動は簡単ではない
  • SEOの本質
  • SEOとは?

  • SEOとは、「検索エンジン最適化」というマーケティング手法です。
  • マーケティング手法であり、広告ではありません。
  • サイトを見ているユーザーを意識し、使いやすいサイトにしていく最適化の方法です。
  • 検索順位の変動は簡単ではない

  • 検索エンジンは検索結果の「質」をとても大切にしています。
  • Gogleは質の高い検索結果を維持するため、検索従二をアルゴリズムによって決めています。
  • ページのコンテンツの新しさやほかのサイトからどのくらいリンクされているか?などシグナルは200以上あるとされています
  • 詳しい内容は公開されていません。
  • SEOの本質

  • 検索順位を決めるアルゴリズムも日々変化していきます。
  • SEOにとって大切なのは「訪問者のニーズ」を知っていいサイトを長く続けることです。
  • 本の紹介


    いちばんやさしい新しいSEOの教本(本の紹介)

    概要

    マーケティングの勉強として、「いちばんやさしいマーケティングの教本」を読んだところ、素人の自分にもわかりやすかったので、今回SEOの本を買ってきました。
    今後この本でSEOの勉強をし、学んだ内容でアクセサリショップ「CottonPot」のSEO対策を行いブログにまとめていきたいと思います。

    【目次】
  • 概要
  • 本の紹介
  • 本の紹介


    鬼滅の刃からヒットのマーケテイングを探る

    概要

    SEOを意識したブログ を基にブログを書いていきたいと思います。

    内容は、鬼滅の刃のヒットを分析し、そこからマーケティングのヒントを得ようという物です。
    このブログは、以下の目次のような構成になっています。

    「鬼滅の刃とは」では、鬼滅の刃のあらすじ、「鬼滅の刃がヒットした理由」では、kishio715なりにヒットの理由を考えたものをまとめています。そこからマーケティングに使える人を見つけて「マーケティング使えるヒントはあるか?」でまとめます。
    「目次」
  • 概要
  • 鬼滅の刃とは
  • 鬼滅の刃がヒットした理由
  • マーケティング使えるヒントはあるか?
  • まとめ
  • 鬼滅の刃とは

    大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚[6]。作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い

    ウィキペディア

    鬼滅の刃がヒットした理由

    個人的な主観ですが、ヒットの要因は下記かと思います。
  • 敵と味方がおり、敵を倒すという王道ストーリー
  • 主人公に明確な敵を憎む理由と戦う理由がある為感情移入しやすい
  • 強いヒロイン
  • 敵と味方がおり、敵を倒すという王道ストーリー

  • 人がおり、敵対して鬼がいる
  • 人からすると喰われるから、身内が喰われたからなど戦う明確な理由がある。
  • 「仕事から帰ると全員が鬼に喰われていた。唯一生き残った妹は鬼になっていた」⇒主人公に同情し応援したくなる
  • 主人公に明確な敵を憎む理由と戦う理由がある為感情移入しやすい

  • 「家族を喰らった鬼が憎い」「鬼になった妹を人間に戻したい」等明確な戦う理由がある主人公⇒応援しやすい
  • 強くかわいいヒロイン

  • 一蹴りで首を跳ねる脚力があり、時には主人公が背中を預けたりもある。⇒守られるだけではなく自ら動くヒロイン
  • 一方で籠などに入るときは小さくなりかわいい面もある。⇒ギャップ?
  • 剣及び呼吸法、型

  • 漫画のヒットにおける必須アイテムと言われる剣がでてくる
  • 「邪王炎殺黒竜破」のような中二病をくすぐる「○○の呼吸〇の型」⇒子供がごっこ遊びをしやすい、ワクワクする


  • 上のようにヒットの理由を考えた時、「応援したいと思える主人公」がヒットの一因ではないかと感じました。
    元々「優しすぎる」と評されていた主人公は、恐らく本来ならば戦いなんてしたくないはずです。それでも家族の仇、妹を人間に戻したい!と必死になっているところが応援したくなる=アニメを見る のではないかと言えます。
    マーケティングに使えるヒント あるお笑い芸人もゴールデンに出られるようになり自身の露出が増えた時、ライブの集客数が減ったそうです。本人はそれを「応援の代がなくなったため」と分析していました。

    つまり「応援できる」⇒「気になる」⇒「集客につながる」という図式が成り立つのではないかと思われます。

    まとめ

    全然有名ではないアイドルがいた場合
    応援したい!⇒情報収集を行う。 認知を広めたい⇒SNSなどで拡散したりして沢山の人に知らせる活動を行う。 周知される⇒みんなに知られたことで無名の頃から応援していた自分が優越感に浸れる ライブ等が行われるくらいになる⇒当然見に行く。
    といった形で集客につながると考えられます。

    いつ、戦略を見直す?

    概要

    戦略は、中長期的なものですが賞味期限が存在します。
    見直すべきタイミングは環境と結果の変化から知ることができます。

    環境的の変化

  • 戦略を見直すタイミングの一つが環境の変化です。
  • 環境とは企業の内部及び外部の両方を指します。

  • 内部環境

  • 人の変化が戦略へ影響を与えます。
  • 人の変化とは、人員の減少を指します。
  • 人の変化があったタイミングは戦略を見直すタイミングとなる場合があります。

  • 外部環境はPESTと競合を注視する

  • PEST分析と同様に政治、経済、ライフスタイル、テクノロジーの変化に注意します。
  • 政治の変化:新しい法律により制限が生まれることが挙げられます。
  • 経済の変化:デフレにより消費が控えられることなどです。
  • 競合他社の変化:競合他社が変化することで自社に影響がある場合もあります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    戦略と戦術のフレームワーク

    概要

    戦略と戦術をうまく連動させるためにフレームワークがあります。

    なぜ、戦略と戦術が連動しないか?

    理由1:戦略を忘れる

  • 戦術の組み立てをしているうちに戦略を忘れてしまう。
  • →忘れた時は、「見つける」の段階に戻りながら「組み立てる」を進めることを意識する必要があります。

    理由2:方法を知らない

  • 「組み立てる」ために有用な方法を知らない
  • 戦略と戦術を連動させて組み立てるにはある程度の経験が必要です。
  • 有用なフレームワーク

    ロジックツリー

  • 目標に達するまでに顧客がとる行動を整理することができる。
  • 自社の顧客増が明確であればあるほど、顧客の行動が思いつきやすくなります。
  • 顧客の行動が想像できない場合は顧客を知ることが不足していることになります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    戦術とは、実行して育てること。

    概要

    戦術とは、実行して育てることを言います。戦術を行うために戦略の理解は必須です。
    戦術と戦略は両方とも重要なものになります。

    戦略

  • 戦略とは「知って」「見つけて」「組み立てる」ことです

  • 戦術の定義

    戦術とは、戦略を知り、見つけ、組み立てて具体的な実行可能なプランにし、実行するためのものをいいます。

    改善しながら育てる

  • 戦術を実行することにより、数値と言う結果を得られます。
  • 数値、つまりデータが集まることで気付きを得ることもできます。
  • 戦術は、目標を達成するための具体的な手段です。
  • 戦術のもう一つの定義は「育てる」ことです。
  • 戦略と戦術の定義

  • 戦略→「知って」「見つけて」「組み立てる」
  • 戦術→「実行して」「育てる」
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    知って、見つけて、組み立てる。戦略

    概要

    戦略の最初の入り口は知ることです。そこから内容から強みや方向性を見つけてベースにしてプランを組み立てることを戦略と言います。

    戦略とは

  • 戦略とは目標を達成するための道筋を立てることです。
  • →目標とは企業により異なりますが、売り上げや利益と言う場合が多いです。
  • 目標を理解し達成までの道のりや自分たちの武器はどんなものかを知らなくてはいけない
  • 道の見つけ方

  • 他社にはない自社だけの強みや方向性を探します。
  • 強みとは、顧客が感じる価値の事です
  • 自社支店ではなく、顧客視点で見つける必要があります。
  • 他社にはない強みのことを差別化要因やUSPなどとも呼びます。
  • 強みを見つけるには

  • 強みを見つけるには「知る」ことが大切です
  • 見つけると知るの段階では適宜戻りながら行うと効果的です
  • 見つけるためのフレームワークとしては3C分析があります。
  • プランを組み立てる

    強みや方向性を見つけたら、それをベースに戦略を具体化します。
  • KGI(重要目標達成指標)、KPI(重要業績指標)KSF(主要成功要因)を設計し実務に落とし込めるようにする必要があります。
  • 手段の選定基準は「見つける」で定めた強みや方向性です。
  • 戦略はあくまで道筋なので実際に行動するための手段へとつなげなくてはいけない
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    知ること

    概要

    戦略も戦術も知ることが大切です。

    知ることの重要性

  • 戦略や戦術を立てる時に大切なのは知ることです。
  • アイディアを出すときも、様々な知識を知り掛け合わせることで新しい発想につながります。
  • 戦略を立てる上で知るべきこと

    戦略を立てる上では
  • 外部環境
  • 顧客
  • 自社
  • 競合他社
  • を知る必要があります。

    外部環境を知るとは

  • 世の中の流れを知る
  • 外部環境を知るためのフレームワークとしてPEST分析が有名です
  • 顧客を知るとは

  • 顧客は自身の課題を解決するために商品購入します。
  • どんな属性の顧客がどのような課題を解決したいのか知る必要があります。
  • 有名なフレームワークは、STP、ペルソナ、カスタマジャーニーなどがあります
  • 自社を知るとは

  • 顧客同様、自社を知らなければ商品やサービスは売れません
  • 有名なフレームワークとしては3C分析、4P分析、4C分析などが上げられます
  • 競合他社を知るとは

  • どの市場にも必ず競合他社は存在するので、競合を知り自社の強みや戦略の方向性を知る必要があります。
  • 有名なフレームワークとしては5フォースがあります。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Webマーケティング活動の一部

    概要

    Webマーケティングとは、マーケティングの一部です。Webには独自の特徴がありそれを理解して戦略を立てることが重要になります。

    マーケティングとは

  • 企業の目標を達成するために経営戦略が作られます。
  • ヒト、モノ、カネをどう分配、配置するかを定めることが経営戦略になります。
  • 経営戦略のもとにマーケティングが存在します。
  • マーケティングは「売れる仕組みを作ること」です。
  • その仕組みを機能させるための何かを実行する必要があります。
  • 経営理念や経営ビジョン、経営戦略との一貫性を持った売れる仕組みがマーケティングです。
  • Webマーケティングとは

  • Web中心のマーケティング活動を指します。
  • 戦略と戦術

  • マーケティング戦略においてWebha戦術の一つ
  • 戦略は目標を達成するための道筋を考えること
  • 戦術は目標を達成するための手段
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善が求められる理由

    概要

    スマフォの普及に伴い、企業のマーケティングの主戦場は、Webに移行しています。
    それに伴いビジネスの継続的な成長には、Webの分析、改善が必要不可欠となってきました。
    分析をせず戦略も立てないマーケティングでは、再現性がなく継続的な成長も望めません。

    戦略を立てるには

  • データを集め、区別し重要なものを抜き取ることで現状を正しく知る
  • この、区別をすることが分析の本質になります。

    スマフォ普及に伴う弊害

  • ユーザーの情報の取得先がテレビ、新聞からWebに変わったことで膨大な情報が取得できるようになった
  • それに伴い、ユーザーの行動が大きく変化し、分散されることになった
  • 自社のターゲットであるユーザーの行動や、どのようなアプローチが可能か掴みづらくなった
  • これを解消するためには、行動や趣味などを分析し、仮説を立て改善を繰り返す必要があります。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。