デジタル広告の課題と対策

概要

デジタルマーケティングの施策や市場にはメリットもデメリットも存在します。

ブランドセーフティとは

アダルトサイトや暴力的なサイトと言った公序良俗に反するコンテンツや著作権侵害など不正を行っているコンテンツへ自社広告が掲載されるのを防ぐ取り組み

ブランドセーフティの具体的な方法

  • 広告配信の際に優先的に配信したいメディア(ホワイトリスト)と除外したいメディア(ブラックリスト)を事前に設定
  • PMPと呼ばれる質の高いメディアのみ出稿できるアドネットワークを活用
  • 広告表示先を確認できるツールを活用し目視
  • BIツール

    概要

    PDCAサイクルを早めるためにBIツールの導入が便利です。

    BIツールとは

  • BIツールとはビジネスインテリジェンスツール
  • 企業に蓄積された大量のデータを集めて分析し、迅速な意思決定をするためのもの
  • 活用したいデータが増え、分析の何度が高まったり時間がかかったりするときに解決できるツール
  • メリット

  • 大量のデータを分析できる
  • 効果測定がリアルタイムになる
  • コスト削減
  • デジタル広告の効果測定

    概要

    テクノロジーの進化で効果測定のやり方や精度が向上しました。中でもデジタル広告の効果測定はそれが顕著です。

    デジタル広告の効果可視化

  • デジタル広告は広告効果が可視化しやすいメリットがある。
  • 表示した回数(インプレッション数)やクリックされた数、コンバージョン数につながった数などすべてが可視化される
  • 効果測定の考え方

  • インプレッション、リーチ→認知獲得ができた可能性
  • フリークエンシー→一人のユーザーに広告が表示された回数、これを確認し、一人に対し表示されすぎを防ぐ
  • クリック数→広告きっかけで興味を持ってもらえた度合い
  • SEO

    概要

    SEO対策は低賃金もしくは無料でWEB上の集客ができる方法です。
    SEOで上位表示されるのは、リスティング広告で上位表示されるよりクリックされやすいです。

    SEOとは

  • デジタルマーケティングの基本施策
  • リスティング広告に頼らず検索上位に表示させる施策
  • SEMとは

  • SEOと並んでデジタルマーケティングの基本と言える施策です。
  • 検索エンジンを使いWebサイトへの訪問を増やすマーケテイング手法
  • 具体的には、SEOとリスティング広告を指す。
  • 検索順位の決まり方

  • 検索エンジンのクロールとインデックス、検索キーワードとの関連性で決まる

  • クローラと呼ばれる検索エンジンロボットがサイトを巡回
  • 様々な情報を検索エンジンのデータベースに保存(インデックス)
  • サイトに掲載されている情報が検索キーワードとの関連性が強い=ユーザーニーズにまっちしている→検索順位が高くなる
  • すぐにできるSEO

  • WebsiteやExplorerなどのツールを使用し、競合他社が狙うキーワードを調べる
  • ニーズのあるキーワードのコンテンツを作成する
  • インターネット広告の効果的な使い方

    概要

    インターネット広告には様々な種類がありますが、各広告事に向き不向きがあります。
    逆に、現時点でインターネット広告が得意なのは、妙味を持っているターゲットを取り込むことです。
    ここでは、各広告の特徴についてまとめました。

    インターネット広告

  • ディスプレイ広告、アドネットワーク:広く認知獲得や興味喚起を行いたい場合使用
  • リスティング広告:興味喚起後の検索の場合使用
  • リターゲティング広告:比較検討を促進
  • 情報の伝え方

  • インターネット広告は興味を持たれることが少ない
  • →SNSやWeb閲覧をしている時は、目的をもっているのでよそ見される可能性が少ないため。
  • 広告と言う「点」ではなくオウドンドメディアなどで求めているコンテンツに近い記事を提供する
  • インターネット広告が得意なこと

  • すでに興味を持っているユーザーを取り込む
  • →リスティング広告が最も有名でかつ効果が高いとされています。

    広告効果測定

    概要

    生活者の購買プロセスの考え方を理解し影響を確認することで効果を適切に把握できます。

    広告効果測定

  • マーケテイング効果測定で最もよく行われている効果測定
  • 広告の投資効果は、ROI,ROAS,CPAの3つの指標で確認
  • ROI:Return On Investment

  • 投資額に対し、どれだけ「利益」を得ることができたか?
  • 広告の場合、「利益/投資額(広告費)*100%」
  • CPA:Cost Per Acquisition

  • 1件のコンバージョン獲得にかかった費用
  • 広告の運用成果を図る指標で「広告費/コンバージョン数」で求める
  • 購買プロセス

  • 商品を知り、購入に至るまでの過程の事
  • AIDMAとAISASの二つが有名
  • AIDM

  • Attention:商品、サービスを知る
  • Interest:興味、関心を持つ
  • Desire:ほしいと思うようになる
  • Memory:商品を記憶する
  • Action:買う
  • AISAS(電通の商品登録)

  • Attention:商品、サービスを知る
  • Interest:興味、関心を持つ
  • Search:商品について、検索
  • Action:買う
  • Sheare:体験や感想の共有
  • 参考書


    CRM

    概要

    既存顧客との絆を深め、ファンになってもらう活動が、顧客データが増えたことやテクノロジーの進歩によりやりやすくなっています。
    ここでは、CRMの基本についてまとめました。

    顧客は何を使い企業を知るか?

  • スマートフォン所有者が増え、顧客と企業がコミュニケーションを取れるツールとなった。

  • 企業が顧客との関係を深めるための取り組みをCRM(Customer RelationShip Management)という。

    CRMでまず行うこと

  • HMLN分析→既存顧客の購入理由や利用状況などを把握する
  • CRMで大切なこと

  • いかに一人一人の顧客に寄り添えるか
  • マーケティングテクノロジー

    概要

    マーケティングテクノロジーはマーケティング戦略に大きな影響を与えています。
    テクノロジーが戦略に与える範囲を確認しました。

    マーケティングテクノロジーとは

  • デジタルマーケティングを支える技術やサービスのこと

  • 具体的には?
  • 検索連動型広告
  • アフィリエイト
  • SNS

  • など。

    戦略に影響を与えるテクノロジー

  • 戦略立案においてはテクノロジーで「何ができて、何ができないか」を把握する必要がある。
  • 戦略立案の4ステップでもデジタル化の影響が大きな部分がある。

  • 以下、戦略立案の4ステップ「顧客と市場の理解」「ターゲッティング」「マーケティングコミックス」「プロモーション、コミュニケーション」についてまとめた。

    顧客と市場の理解

  • 顧客理解に活用できるデータが膨大になった。
  • データを活用したCRMが注目されている

  • ターゲッティング

  • ターゲットへのリーチ可能性を考える際、WEB上でどのように設計するかが重要

  • マーケテイングミックス

  • 以前からデジタル化が進んでいる

  • プロモーション、コミュニケーション

  • 以前より様々なものがやりやすくなっている

  • 効果測定

  • テクノロジーの活用により、リアルタイムでの効果測定が可能になった。
  • デジタルマーケティング

    概要

    デジタルマーケティングとはマーケティング全体をデジタル化したものです。

    デジタルマーケティングとは

  • テクノロジーを活用しマーケテイング全体をデジタル化していくということ
  • デジタル化とは

  • あらゆる活動がWEB上で完結すること
  • デジタル化によりビジネスのか環境は「データ化」「高速化」「二極化」のように変化をもたらした
  • データ化

  • 一人一人の行動がデータ化され企業に蓄積されるようになった
  • 高速化

  • テクノロジーの高速化により、リサーチなどの業務処理にかかる時間が短縮化された
  • 二極化

  • データ分析できなければデータ化の波に乗れず、仕事がなくなる人も出てくる