Webサイトのボトルネックの特定

概要

ユーザーの行動は「流入」「回遊」「コンバージョン」「リテンション」の4つのステップに整理できます。4つのステップの中で離脱率の多い部分(ボトルネック)を特定するための改善箇所、目標設定をします。


  • 目次
  • 概要
  • 目標(KPI)との比較によるボトルネックの特定
  • Web改善の5段階
  • 目標設定
  • 本の紹介

  • 目標(KPI)との比較によるボトルネックの特定

  • ユーザーフローを(流入、回遊、CV、リテンション)に整理
  • 整理した視点ごとKPIと現状を比較しボトルネックを特定
  • Web改善の5段階

  • 目標設定
  • 現状把握
  • 課題抽出
  • 解決策の検討、実施
  • 解決策実施後のレビュー
  • 目標設定

  • 施策に応じた目標(KPI)を設定
  • 目標が達成でk知恵イルカを数値と比較し検討
  • アクセスログで現状把握
  • KPIを前提に値を見る
  • 本の紹介


    CottonPotのユーザーフローを整理(1月分)

    概要

  • サイト内外および顧客データ1
  • サイト内外および顧客データ2
  • で勉強した内容を元に アクセサリーショップ「CottonPot」を流入、回遊、コンバージョン、リテンションの4つの視点でユーザーフローを整理してみました
  • 目次
  • 概要
  • 流入
  • 回遊
  • コンバージョン
  • リテンション
  • まとめ
  • 流入

  • ユーザーがサイトへ訪問することを流入と言います。
  • 流入経路には、ソーシャル(SNS)オーガニックサーチ(検索エンジン)リファラ(リンク元)大レックとがあります。
  • 「CottonPot」の流入経路内訳

  • ソーシャル:35人
  • オーガニックサーチ:15人
  • リファラ:10人
  • ダイレクト:5人
  • リンク元

  • admin.the.base.in:5人
  • Shore_Tail.com:3人
  • sslwid.the.base:2人
  • ソーシャル

  • Twtitter:31人
  • Instergram:2人
  • Facebook:1人
  • 回遊

  • サイト内を閲覧するルート、ユーザーの行動のことを回遊と言います。
  • 「CottonPot」の回遊内訳

  • ブログを周回してトップへ行き離脱
  • 商品ページからトップへ行き離脱
  • コンバージョン

  • Webサイトの成果をコンバージョンと言います。
  • 「CottonPot」のコンバージョン

  • 0
  • リビジョン

  • リピーター数のことを言います。
  • 「CottonPot」のリビジョン

  • 新規41人、リピーター4人
  • まとめ

    ツイッターからの流入が最も多く、次いでShore_Tailからも少量の流入がありました。理想としてはShore_Tailからの流入が増えてくれると今後理想的なのでコンテンツを増やすなどの対策を検討してきたいと考えています。

    サイト内外および顧客データ2

    概要

    Webアナリストに求められることとは何か?求められることは?どんな実務があるのか?まとめました。


  • 目次
  • 概要
  • ユーザーフロー
  • データ分析の目的
  • 改善すべき問題点
  • ボトルネックの効率的な特定
  • 本の紹介

  • ユーザーフロー

  • 流入、回遊、コンバージョン、リテンションの4つに整理できます。
  • データ分析の目的

  • Webサイトの問題点を抽出
  • 改善すべき問題点

  • 流入からリテンションの中で徐々に離脱が発生します。
  • その中で、想定外に多い離脱(ボトルネック)が存在します。
  • ボトルネック=改善すべき問題点となります。
  • ボトルネックの効率的な特定

  • 流入、回遊、コンバージョン、リテンションでユーザーフローを整理します。
  • ステップごとポイントを見極め分析を行います。
  • 施策の成果状況を見極めるためKPIを定期的にモニタリングします。
  • 成果が出ていない要因と問題点を把握します。
  • 本の紹介