流入でみるべきポイント

概要

サイトの課題発見は、流入、回遊、コンバージョンの4つのステップに整理して行います。
今回それぞれどのようなものかを簡単にまとめました。

  • 目次
  • 概要
  • ユーザーフローに沿ったデータ分析
  • 4つのステップ
  • 本の紹介


  • ユーザーフローに沿ったデータ分析

  • Webサイトの課題発見は4つのステップに整理して行う
  • ユーザーの行動に沿って分析することでボトルネックを見極める
  • それによって問題を発見する
  • 4つのステップ

  • ユーザーがWebサイトへ訪問すること、流入経路を細かく見る
  • 4つのステップ

    流入

  • ユーザーがWebサイトへ訪問すること、流入経路を細かく見る
  • 回遊

  • サイトのコンテンツを見て回ること
  • ユーザーの行動を見る

  • コンバージョン

  • Webサイトの目的となる具体的な成果
  • 目標達成の数値を見る

  • リテンション

  • リピート(再訪)のこと
  • リピータ化しているか見る
  • 本の紹介


    流入でみるべきポイント(第3章1-7まとめ)

    概要

    Webアナリストのテキスト第3章1-7をまとめました。第3章1-7では流入で見るべきポイントについて学びます。

    すべての知識を「20字」でまとめる紙1枚!独学法ー本の紹介で勉強した方法で第3章1-2について概要をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 第3章1-7で学ぶこと
  • 第3章1-7の概要
  • 本の紹介

  • 第3章1-7で学ぶこと

  • Webサイトの課題は、流入や回遊、コンバージョン、リテンションに整理して分析する
  • 流入元の分析には、リファラーとノーリファラの振り分けが大切
  • キーワードとは、空白で区切られた単語のこと
  • フレーズとは、検索時に入力された単語のこと
  • どのキーワードで流入してきたかを分析する
  • リファラーの集客施策やSNS,日時は分析視点となる
  • キーワードの流入Top10 を取り出してカテゴライズすることで分析が可能
  • 第3章1-7の概要

    Webサイトの課題は4つの視点で分析を行い解決に導く

    本の紹介


    CottonPotのユーザーフローを整理(1月分)

    概要

  • サイト内外および顧客データ1
  • サイト内外および顧客データ2
  • で勉強した内容を元に アクセサリーショップ「CottonPot」を流入、回遊、コンバージョン、リテンションの4つの視点でユーザーフローを整理してみました
  • 目次
  • 概要
  • 流入
  • 回遊
  • コンバージョン
  • リテンション
  • まとめ
  • 流入

  • ユーザーがサイトへ訪問することを流入と言います。
  • 流入経路には、ソーシャル(SNS)オーガニックサーチ(検索エンジン)リファラ(リンク元)大レックとがあります。
  • 「CottonPot」の流入経路内訳

  • ソーシャル:35人
  • オーガニックサーチ:15人
  • リファラ:10人
  • ダイレクト:5人
  • リンク元

  • admin.the.base.in:5人
  • Shore_Tail.com:3人
  • sslwid.the.base:2人
  • ソーシャル

  • Twtitter:31人
  • Instergram:2人
  • Facebook:1人
  • 回遊

  • サイト内を閲覧するルート、ユーザーの行動のことを回遊と言います。
  • 「CottonPot」の回遊内訳

  • ブログを周回してトップへ行き離脱
  • 商品ページからトップへ行き離脱
  • コンバージョン

  • Webサイトの成果をコンバージョンと言います。
  • 「CottonPot」のコンバージョン

  • 0
  • リビジョン

  • リピーター数のことを言います。
  • 「CottonPot」のリビジョン

  • 新規41人、リピーター4人
  • まとめ

    ツイッターからの流入が最も多く、次いでShore_Tailからも少量の流入がありました。理想としてはShore_Tailからの流入が増えてくれると今後理想的なのでコンテンツを増やすなどの対策を検討してきたいと考えています。