リードジェネレーションの測定方法の設計

概要

リードジェネレーションは見込み客の獲得がWeb上の成果です。見込み客をどのように育てて商談と成約に結びつけるかが重要です。

リードジェネレーションの要素

  • 集客、接客、追客、商談がリードジェネレーションの要素となります。
  • 商談の測定方法も設計し、KPIを設定します。
  • 見込み客を育成する

  • リードジェネレーションのWEB上の成果は見込み客の獲得です。
  • 売上につなげるために、購買意欲を引き上げる必要があります。
  • 見込み客を育成する手段をリードナーチャリングと呼びます。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    リードジェネレーションの計画立案

    概要

    リードジェネレーションは、Webにアクセスがきて、その後商談そして成約を経て初めて売り上げが発生します。そのため商談率や成約率の把握が計画立案には必要になります。

    リードジェネレーションの計画立案

  • コンバージョンは問い合わせや資料請求等、見込み顧客の獲得
  • ビジネスの成果を発生させるためには見込み顧客と商談し成約に至らなければいけません。
  • 商談率、成約率の把握が必須

    具体例

  • KGI:成約件数10件
  • →成約の前には商談があるので、必要な商談数の計算が必要
    →商談から成約に至る率が20%ならば成約件数10件/成約率20=商談数50件

  • 商談前には、Web上のコンバージョンがあります。
  • →必要なコンバージョンを計算
    →Web上のコンバージョンから商談に至る率が20%の時
    →商談数50件/商談率20%=コンバージョン約250件が必要

  • 250件のコンバージョン数を獲得するために
  • →流入数を増加させるか?
    →コンバージョン率を上げるか?

    など決定します。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Webサイト、ビジネスモデルを理解する

    概要

    Web上のビジネスモデルは、「イーコマース」「リードジェネレーション」「メディアサイト」「サポートサイト」の4つに分類できます。
    どれか一つだけ単体で存在せず複数の機能を持ったサイトが当たり前です。

    イーコマースとは

  • AmazonやZOZOTOWNが代表的です。
  • 通販サイトやECサイトとも呼ばれています。
  • イーコマースサイトの特徴はWeb上でビジネスが完結します。
  • 成果地点は購入で、購入により売り上げが発生します。
  • 売上はビジネスの成果と言えるのでWebとビジネスの成果が直結するビジネスモデルです。
  • リードジェネレーションとは

  • Web上でリード(見込み客)をジェネレーション(製造)するビジネスモデルです。
  • Web上では見込み客の獲得までです。
  • それ以降のステップを経て、ビジネスの成果が生じます。
  • 資料請求や問い合わせがサイトのゴールとなります。
  • サイト上でビジネスの成果が発生しないビジネスモデルはリードジェネレーションと呼ばれています。
  • メディアサイト

  • メディアサイトの中で最も分かりやすいのはYahoo!です。
  • Yahoo!には検索だけでなく経済やニュースなど様々なコンテンツが存在しています。
  • このようなサイトのビジネスの成果は広告収益です。
  • サポートサイト

  • QAサイトなどユーザーのサポートのために存在しているサイトです。
  • サポートサイトのビジネスの成果は、顧客満足度とサポート品質の向上です。
  • ビジネスモデルの理解

  • 「リードジェネレーションだからWeb行こうにもステップがある」
  • 「メディアサイトだから広告収益をどうするか?」
  • などビジネスモデルを理解することで、ビジネスの流れが分かり、分析における着眼や指標設計に役立ちます。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。