計画を立てるための事業目的からの逆算

概要

計画を立てる際には、目的から逆算する必要があります。
様々なサイトごとに目的や追い求める指標は変わってきます。

計画立案

  • 計画は目的を達成するための仕組みです。
  • いつまでに、何を、どれくらい実行すればよいのかを考えるために目的から逆算することは必要です。
  • 計画立案に必要な要素

    事業目的

    事業目的により指標は変わります。
  • イーコマース:コンバージョン
  • リードジェネレーション:問い合わせ数、資料請求数、商談率、成約率の計測も必要です。
  • サポートサイト:サポートページの満足率やサポートにかかるコスト
  • メディアサイト:セッションやページビュー数

  • 目標売上、達成時期

  • 売上の目標値、達成時期は必須です。
  • →期限がなければ計画が立てづらく、目標自体もあいまいになってしまいます。

    客単価

  • 売上=客単価*客数
  • 目標売上に達成するためには、客単価か客数のどちらか、または両方を伸ばす必要があります。

  • 流入数

  • 流入数を増やすためには、SEO、メルマガ、SNSの活用が考えられます。
  • 関心度の低いユーザーも増えるため、流入数を増やすとコンバージョン率が下がることが多いです。

  • コンバージョン率

  • 1回の訪問に対してコンバージョン(制約)する確率の事
  • コンバージョン率を上げるためには流入ユーザーの質を上げる(関心を高める)かサイトないの離脱を減らすことが施策です。

  • サイトの目的に関わる指標

  • イーコマース:売上「コンバーション数*客単価」
  • リードジェネレーション:商談、成約と言うステップを踏んで売上が発生します。
  • メディアサイト:広告収入が主です。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。