A/BテストとLPO

概要

リスティング広告の分析のような分析を進める際、広告の中身を変更し望んだ結果につながるかテストをする必要があります。その際に用いられる有用な手法として「A/Bテスト」があげられます。 「A/Bテスト」について勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • A/Bテスト
  • リスティング広告のA/Bテスト
  • ポイント
  • LPO
  • 本の紹介


  • A/Bテスト

  • 分析結果を測定するテスト
  • AとBの2つのパターンを用意しどちらかの方が効果の高い結果を得られるか実験する方法
  • リスティング広告ではタイトルやテキストをより良く改修するため行う
  • リスティング広告のA/Bテスト

  • 候補となる広告テストを複数用意し配信する
  • クリック率を計測する
  • クリック率の高い方を残す
  • ポイント

  • 各広告の違いは一か所にし良かった箇所、悪かった箇所を明確にする。
  • LPO

  • ランディングページ最適化=ランディングページの改善
  • 流入したユーザーが直帰しないようA/Bテストを行い改善する。
  • 本の紹介


    リスティング広告の分析

    概要

    リスティング広告の分析視点や基本手順について勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • リスティング広告の分析視点
  • 分析の基本手順
  • 結論
  • 本の紹介


  • リスティング広告の分析視点

  • マクロからミクロの視点で結果を読み取る
  • 分析の基本手順

  • マクロからミクロの視点で結果を読み取る
  • アカウント⇒キャンペーン⇒広告グループ⇒広告文/キーワードから分析しデータ変化を把握
  • 改善の導き方

  • 前月と比較し結果の良し悪しから結果はどうなのか確認する。
  • 広告グループや広告文ごとに何が良かったか、悪かったのから要因を探す
  • 広告グループや広告文、キーワードなどを深く(ミクロに)確認し要因を探す
  • 結論

    アカウント全体から確認し、キャンペーン、広告グループキーワードと掘り下げ結果はどうか?前月と比較してどうか?を分析する。

    本の紹介


    サイト内外および顧客データ1

    概要

    Webアナリストに求められることとは何か?求められることは?どんな実務があるのか?まとめました。


  • 目次
  • 概要
  • Webアナリストがみる範囲
  • サイトに関係するもの
  • ユーザーの声
  • 顧客状況(CRM分析)
  • 本の紹介

  • Webアナリストがみる範囲

  • 様々な手法を組み合わせて状況を分析
  • サイトに関するもの

  • アクセス解析、広告効果測定、クリックマップ分析、フォーム分析、競合分析
  • ユーザーの声

  • サイト外のユーザーの声も広い上げて分析
  • ソーシャルメディア分析
  • インタビュー調査で分析
  • Webアンケート調査で分析
  • 顧客状況(CRM分析)

  • 顧客属性やトレンドから分析しついて買いを促す。
  • 本の紹介


    Webアナリストに求められること2

    概要

    Webアナリストに求められることとは何か?求められることは?どんな実務があるのか?まとめました。


  • 目次
  • 概要
  • データの収集
  • 情報分析
  • 改善施策の立案
  • 報告レポート
  • 本の紹介

  • データの収集

  • ページの改善を成果に結び付けるためデータ収集を行う
  • 情報分析

  • 仮説裏付けのため様々なデータと照らし合わせ比較分析する
  • 改善施策の立案

  • 分析を元に改善施策を立案する
  • 報告レポート

  • 短時間で理解できるレポートづくりを心掛ける
  • 本の紹介


    鬼滅の刃からヒットのマーケテイングを探る

    概要

    SEOを意識したブログ を基にブログを書いていきたいと思います。

    内容は、鬼滅の刃のヒットを分析し、そこからマーケティングのヒントを得ようという物です。
    このブログは、以下の目次のような構成になっています。

    「鬼滅の刃とは」では、鬼滅の刃のあらすじ、「鬼滅の刃がヒットした理由」では、kishio715なりにヒットの理由を考えたものをまとめています。そこからマーケティングに使える人を見つけて「マーケティング使えるヒントはあるか?」でまとめます。
    「目次」
  • 概要
  • 鬼滅の刃とは
  • 鬼滅の刃がヒットした理由
  • マーケティング使えるヒントはあるか?
  • まとめ
  • 鬼滅の刃とは

    大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚[6]。作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い

    ウィキペディア

    鬼滅の刃がヒットした理由

    個人的な主観ですが、ヒットの要因は下記かと思います。
  • 敵と味方がおり、敵を倒すという王道ストーリー
  • 主人公に明確な敵を憎む理由と戦う理由がある為感情移入しやすい
  • 強いヒロイン
  • 敵と味方がおり、敵を倒すという王道ストーリー

  • 人がおり、敵対して鬼がいる
  • 人からすると喰われるから、身内が喰われたからなど戦う明確な理由がある。
  • 「仕事から帰ると全員が鬼に喰われていた。唯一生き残った妹は鬼になっていた」⇒主人公に同情し応援したくなる
  • 主人公に明確な敵を憎む理由と戦う理由がある為感情移入しやすい

  • 「家族を喰らった鬼が憎い」「鬼になった妹を人間に戻したい」等明確な戦う理由がある主人公⇒応援しやすい
  • 強くかわいいヒロイン

  • 一蹴りで首を跳ねる脚力があり、時には主人公が背中を預けたりもある。⇒守られるだけではなく自ら動くヒロイン
  • 一方で籠などに入るときは小さくなりかわいい面もある。⇒ギャップ?
  • 剣及び呼吸法、型

  • 漫画のヒットにおける必須アイテムと言われる剣がでてくる
  • 「邪王炎殺黒竜破」のような中二病をくすぐる「○○の呼吸〇の型」⇒子供がごっこ遊びをしやすい、ワクワクする


  • 上のようにヒットの理由を考えた時、「応援したいと思える主人公」がヒットの一因ではないかと感じました。
    元々「優しすぎる」と評されていた主人公は、恐らく本来ならば戦いなんてしたくないはずです。それでも家族の仇、妹を人間に戻したい!と必死になっているところが応援したくなる=アニメを見る のではないかと言えます。
    マーケティングに使えるヒント あるお笑い芸人もゴールデンに出られるようになり自身の露出が増えた時、ライブの集客数が減ったそうです。本人はそれを「応援の代がなくなったため」と分析していました。

    つまり「応援できる」⇒「気になる」⇒「集客につながる」という図式が成り立つのではないかと思われます。

    まとめ

    全然有名ではないアイドルがいた場合
    応援したい!⇒情報収集を行う。 認知を広めたい⇒SNSなどで拡散したりして沢山の人に知らせる活動を行う。 周知される⇒みんなに知られたことで無名の頃から応援していた自分が優越感に浸れる ライブ等が行われるくらいになる⇒当然見に行く。
    といった形で集客につながると考えられます。

    全体の傾向を知る

    概要

    分析は、まず大きな視点でとらえ、次第に小さくしていくことが基本になります。

    サイトの全体像を理解する

  • アクセス解析を見る前にサイトをじっくり見ます。
  • 対象となるサイトの目的、主要な導線、構造、デザインを理解します。
  • ユーザーが便利に心地よく、価値を感じるサイトであるかが顧客になってもらうため重要です
  • どこに便利さや心地よさ、価値を感じるかをユーザー視点でチェックします。
  • 不便、不満、不快に感じる部分などをチェックします。
  • サイトの構造を理解する

  • サイトにはどのようなページがあるか、どのようにつながっているかを把握します。
  • サイトマップやサイトストラクチャを作成すると全体像が把握しやすくなります。
  • 構造の把握は、各ページの役割や導線の糸の理解になります。
  • 不足や不要なものがないかをチェックします
  • 全体傾向の把握

  • サイトの全体を理解したら次は数値を把握します。
  • 対象となるサイトの傾向をつかむため、月別のセッション数など大まかな数値からチェックします。
  • 対象サイトの全体傾向を把握しながら基準値から外れた値を見つけ、仮説を立てます。
  • 課題発見のため確認すべき指標

    日、週、月別のトレンド

  • 日、週、月別の主要な指標(セッション数、ページビュー数、新規率、直帰率、コンバージョン数、CVRなど)を確認
  • 上昇傾向か、下降傾向か、月や週ごとのトレンドはあるかを把握します。
  • チャネル、参照元/メディア

  • チャネル、参照元/メディアごとの主要指標を確認します。
  • どのチャネルからの流入が多いか、どの参照元/メディアからのCVが多いのかなどを把握します。
  • デバイス別

  • PC,スマートフォン、タブレットごとの主要指標を確認します。
  • ランディングページ、閲覧ページ

  • 流入が多いランディングページはどれか、よく見られているページはどれか把握します。
  • 新規ユーザー、リピーターごとの数値

  • 新規ユーザーおよび、リピータの主要な指標を確認します。
  • リピータ中心にコンバージョンが多いか、新規ユーザーが多いサイトなのかなど把握します。
  • 主要導線

    ランディングページから始まり、サイト内を回遊してフォームに到達しそしてコンバージョンするという導線が基本です。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Shore_tailのブログ分析

    概要

    Shore_tailのPV分析でこのブログのデータ解析をGoogleアナリティクスのデータを元に行いました。
    そこで、このブログは「キングコングや宮迫さんなどお笑い好きの人が見に来てくれていることが多い」のではないかとまとめました。その仮説検証のため カジサックさんを3C分析してみた。を書いてみました。その結果どうだったかをまとめました。

    ランディングページ

  • UPした月の順位を確認したところ、ブログのトップページを除いて1位でした。
  • 約10%の人間にとってランディングページとなっていました。
  • このブログを上げる1ッか月前の同じ順位のランディングページは7%だったので3%の増加が見られました。
  • 全期間で確認したところ、初期のころ上げたものを除くと1位でした
  • 結論

  • このブログでは、マーケティングについて学んだことをまとめています。
  • 「カジサック*マーケティング」は上位のニーズがありました。
  • Web分析、改善の第一歩は「会社」と「ユーザー」を知ること

    概要

    会社とユーザーを知ることで、より良いWeb分析や改善を行うことができます。

    会社を知る

  • 会社を知らなければWeb分析、改善どころか何の施策も行えません。
  • そのためには会社のWebの状況も把握する必要があります。
  • サイトの構造を理解し、どういったコンテンツがあってどのようなナビゲーションとなっているかをチェック
  • セッション数などの数値や推移は必ず知っておく必要があります。
  • Web広告の実施有無やツールの導入状況を知ることも大切です。
  • ユーザを知る

  • 商売の基本は誰に、何を、どう売るかです。

  • 顧客とは

  • 競合と比較した時に自社を最も評価してくれた人
  • →継続して評価してくれれば、その人はファンとなって企業は継続的な利益を得られます。
    →ユーザーを知ることができる最たるWeb特融のデータは気ワードです。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善のための5つの力

    概要

    Web分析には「情報収集」「情報発信」「仮説」「設計」「施策実行」の5つのスキルが必要になります。

    情報収集

  • 情報収集力
  • 収集した情報が必要かどうかの見極め力
  • 情報発信

  • 情報発信により、その情報に興味がある人が集まりさらに情報が集まります。
  • 発信することで、伝えるために整理するので自身の理解にも役立ちます。
  • 仮説

  • 情報から疑問点を見つけ結論を導き出す力、気付きを得る力です。
  • 設計

  • ゴールを定め道筋や方向性を決定する力です。
  • KPI(重要業績評価指標)を決定し測定する。
  • 施策実行

  • 施策を実行に移す力。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善が求められる理由

    概要

    スマフォの普及に伴い、企業のマーケティングの主戦場は、Webに移行しています。
    それに伴いビジネスの継続的な成長には、Webの分析、改善が必要不可欠となってきました。
    分析をせず戦略も立てないマーケティングでは、再現性がなく継続的な成長も望めません。

    戦略を立てるには

  • データを集め、区別し重要なものを抜き取ることで現状を正しく知る
  • この、区別をすることが分析の本質になります。

    スマフォ普及に伴う弊害

  • ユーザーの情報の取得先がテレビ、新聞からWebに変わったことで膨大な情報が取得できるようになった
  • それに伴い、ユーザーの行動が大きく変化し、分散されることになった
  • 自社のターゲットであるユーザーの行動や、どのようなアプローチが可能か掴みづらくなった
  • これを解消するためには、行動や趣味などを分析し、仮説を立て改善を繰り返す必要があります。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。