KPIの設計で気を付けること

概要

KPIを設計する際は定義書など文書で残すことで関係者と共有する必要があります。

抽出したKPIに順位をつける

  • KPIの数は5~12個が基本です。数が少ないと漏れの可能性が、多い場合インパクトが小さいものまで洗い出している可能性があります。
  • 数が多すぎると測定の手間や施策が煩雑になります
  • インパクト、スピード、実現性の3つから優先順位をつけ取捨選択します。
  • 定義文書を作成

  • 指標を洗い出した後、定義書を作成し、関係者と共有します。
  • KPIは設定して終わりではなく、改善サイクルを回すことが目的です。
  • KPIを運用し、改善する

  • KPIは測定して判断し、行動を起こし改善を繰り返すために存在します。
  • 習慣化のためにも定期的な測定が大切です。
  • 施策を中心に考えることが大切です。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。