リスティング広告の分析

概要

リスティング広告の分析視点や基本手順について勉強しました。

  • 目次
  • 概要
  • リスティング広告の分析視点
  • 分析の基本手順
  • 結論
  • 本の紹介


  • リスティング広告の分析視点

  • マクロからミクロの視点で結果を読み取る
  • 分析の基本手順

  • マクロからミクロの視点で結果を読み取る
  • アカウント⇒キャンペーン⇒広告グループ⇒広告文/キーワードから分析しデータ変化を把握
  • 改善の導き方

  • 前月と比較し結果の良し悪しから結果はどうなのか確認する。
  • 広告グループや広告文ごとに何が良かったか、悪かったのから要因を探す
  • 広告グループや広告文、キーワードなどを深く(ミクロに)確認し要因を探す
  • 結論

    アカウント全体から確認し、キャンペーン、広告グループキーワードと掘り下げ結果はどうか?前月と比較してどうか?を分析する。

    本の紹介


    Twtitter広告

    概要

    Web広告にはGoogleアドセンス以外にもSNS上に出せる広告があります。今回Twtitter広告について調べてみました。

  • 目次
  • 概要
  • Twitter広告
  • Twitter広告の種類
  • Twitter の広告メニューは3つ
  • 感想
  • Twitter広告

  • 魅力は即時性と拡散力
  • 数週間以上の投稿実績があるTwitterアカウントでないと、広告アカウントを作成できないので注意
  • 配信された広告は、「いいね」や「リツイート」されることで、広告に反応した人のフォロワーにも広まる。
  • ⇒広告によっては、予算以上の話題の広がりが生まれる可能性がある。(二次拡散性が強い)

    Twitter広告の種類

  • 「オートプロモートを設定する」と「Twitter広告を設定する」2つがある
  • オートプロモート⇒月額9,900円で継続的に広告を配信するプラン
  • Twitter の広告メニューは3つ

    プロモツイート

    タイムラインに表示される Twitter 広告で、フォロワー外を含めた投稿の閲覧数(リーチ)を伸ばしたり、コンバージョンを増加させたり、投稿に対するクリックやいいね、リツイートなどの反応数(エンゲージメント)を増やす目的でおこないます。

    プロモアカウント

    フォロワー数の獲得を目的とした Twitter 広告です。

    プロモトレンド

    24時間の表示で、タイムラインや検索タブ内にある「おすすめ」の二番目や「トレンド」の一番目に表示される Twitter 広告です。プロモツイートに比べ大きいキャンペーンやイベントを宣伝する目的で使用します。

    感想

    Twitter広告は、拡散力が魅力の一つとされていることから、フォロワー数が多ければ 宣伝効果は高まるということが推測される。Google広告のほかに気になっている広告の一つなのでもう少し調べてみようと思った。

    広告以外の集客方法~自然検索~

    概要

    検索方法の一つに自然検索という物があります。
    自然検索によるSEOとは何か?自然検索の特徴とは?他の集客施策と異なる点は何か?をまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 自然検索によるSEOとは?
  • 自然検索とは
  • 他の集客施策と異なる点
  • 本の紹介

  • 自然検索によるSEOとは?

  • ページのコンテンツや構造を改造する
  • 検索結果から自社サイトへの流入を増やす取り組みをする
  • 自然検索

  • オーガニックサーチと呼ばれる
  • SEO対策したとして集客が増える保証はない⇒検索上位にひょうじされなかったら無意味
  • 本の紹介


    顕在層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    顕在層向けの広告メニューには代表的なものがいくつかあります。
    今回は、顕在層向けメニューの役割やそれぞれどのようなものがあるのかをまとめました。



  • 目次
  • 概要
  • 役割
  • 顕在層向けメニュー
  • 本の紹介

  • 役割

  • コンバージョン=レスポンス効果の期待
  • 広告を見てWebサイトに誘導されたユーザーからコンバージョンを獲得するための広告手法が求められる。

  • (例)リスティング広告

    顕在層向けメニュー

    検索(検索連動型広告/リスティング広告)

  • 検索キーワードやフレーズに連動し結果的にテキストで掲載
  • 検索連動型(リスティング)広告とも呼ばれる
  • クリック課金(広告がクリックされると広告費が発生)
  • キーワードごと入札価格を設定、クリック単価*広告品質の高い順
  • (例)GogleAdwords

    ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)

  • 広告媒体のWebサイトを多数集めた「広告配信ネットワーク」を形成
  • 運用型広告
  • 少額で掲載可能
  • アドネットワーク・・・広告枠掲載料を持った媒体の広告枠をまとめて広告配信
  • DSP・・・複数の広告配信ネットワークをまとめて1mp(インプレッション)単位で広告配信をコントロール
  • コンテンツ広告・・・自社の商品やサービスに関連性の高いコンテンツに広告表示
  • アフィリエイト(成功報酬型広告)

  • 実行したコンバージョンに応じて広告費を支払う手法
  • 口コミによる情報技術拡散が期待できる
  • 紹介文はアフィリエイターが作成
  • 広告主がメッセージ内容のコントロールや把握は難しい
  • メール(DM型/広告/ダイレクトメール/メルマガ)

  • チラシやDMなどの広告をEメールで配信
  • アプリ(CPI/広告/リワード広告)

  • アプリ内に広告を掲載
  • ユーザーがアプリをダウンロードすると広告費が発生
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    潜在層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    潜在層向けの広告メニューには代表的なものがいくつかあります。
    今回は、潜在層向けメニューの役割やそれぞれどのようなものがあるのかをまとめました。



  • 目次
  • 概要
  • 役割
  • 潜在層向けメニュー
  • 本の紹介

  • 役割

  • 広告を元にユーザーをサイトへ誘導すること=トラフィック効果
  • 広告をmチアユーザーにクリックなどアクションを起こさせサイトに誘導する
  • 欲求はあるが具体的なところまで確定していない人向け
  • ある程度のターゲティングが行われている状態で表示される広告
  • =認知層より関心が高い
    =クリックして自社サイトに誘導できる可能性が高い

    潜在層向けメニュー

    ディスプレイ(アドネットワーク/DSP/コンテンツ広告)

  • 広告媒体のWebサイトを多数集めた「広告配信ネットワーク」を形成
  • 運用型広告
  • 少額で掲載可能
  • アドネットワーク・・・広告枠掲載料を持った媒体の広告枠をまとめて広告配信
  • DSP・・・複数の広告配信ネットワークをまとめて1mp(インプレッション)単位で広告配信をコントロール
  • コンテンツ広告・・・自社の商品やサービスに関連性の高いコンテンツに広告表示
  • アフィリエイト(成功報酬型広告)

  • 実行したコンバージョンに応じて広告費を支払う手法
  • 口コミによる情報技術拡散が期待できる
  • 紹介文はアフィリエイターが作成
  • 広告主がメッセージ内容のコントロールや把握は難しい
  • メール(DM型/広告/ダイレクトメール/メルマガ)

  • チラシやDMなどの広告をEメールで配信
  • アプリ(CPI/広告/リワード広告)

  • アプリ内に広告を掲載
  • ユーザーがアプリをダウンロードすると広告費が発生
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    認知層向けの代表的な広告メニュー

    概要

    認知層に向けた広告の役割や認知層向けの広告メニューについてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 認知層向け広告はなんのためにあるか?
  • 様々な認知層向けの広告
  • 本の紹介

  • 認知層向け広告はなんのためにあるか?

  • 商品やサービスを知らなかった人が広告で認知し興味を抱かせるため=インプレッション効果
  • 不特定多数に表示されるので興味のない人にも表示される
  • 大量のユーザーが集まるサイトで展開することでユーザーに認知させる効果が高まる
  • 様々な認知層向けの広告

    ディスプレイ広告(純広告/リッチメディア)

  • 目にしやすい優良広告枠に配信=認知層、ブランディングに有効
  • 記憶コンテンツ

  • 広告を読み物として掲載する手法
  • ユーザーに商品やサービスの機能、特徴などを理解してもらうため有効(グノシーなど)
  • 動画(動画広告、インターネットCM)

  • インストリーム広告:動画の頭の部分に入る広告
  • インストロール広告:動画領域をクリックやマウスオンした時に配信される
  • ソーシャルメディア

  • 広告媒体のフォーマットに合わせコンテンツの中に広告を送り込ませる手法(LINE FACEBOOK広告)
  • 本の紹介


    Twtitter広告

    概要

    Web広告の中にはSNS広告という物があります。私のサイトの流入はTwtitterからが多かったので、Twtitter広告について調べました。

  • 目次
  • 概要
  • Twitter広告
  • Twitter広告の種類
  • Twitter の広告メニューは3つ
  • 感想
  • Twitter広告

  • 魅力は即時性と拡散力
  • 数週間以上の投稿実績があるTwitterアカウントでないと、広告アカウントを作成できないので注意
  • 配信された広告は、「いいね」や「リツイート」されることで、広告に反応した人のフォロワーにも広まる。
  • ⇒広告によっては、予算以上の話題の広がりが生まれる可能性がある。(二次拡散性が強い)

    Twitter広告の種類

  • 「オートプロモートを設定する」と「Twitter広告を設定する」2つがある
  • オートプロモート⇒月額9,900円で継続的に広告を配信するプラン
  • Twitter の広告メニューは3つ

    プロモツイート

    タイムラインに表示される Twitter 広告で、フォロワー外を含めた投稿の閲覧数(リーチ)を伸ばしたり、コンバージョンを増加させたり、投稿に対するクリックやいいね、リツイートなどの反応数(エンゲージメント)を増やす目的でおこないます。

    プロモアカウント

    フォロワー数の獲得を目的とした Twitter 広告です。

    プロモトレンド

    24時間の表示で、タイムラインや検索タブ内にある「おすすめ」の二番目や「トレンド」の一番目に表示される Twitter 広告です。プロモツイートに比べ大きいキャンペーンやイベントを宣伝する目的で使用します。

    感想

    Twitter広告は、拡散力が魅力の一つとされていることから、フォロワー数が多ければ 宣伝効果は高まるということが推測される。Google広告のほかに気になっている広告の一つなのでもう少し調べてみようと思いました。

    広告の費用対効果と指標

    概要

    宣伝のための広告費を幾らかけようか?広告費を幾らかけて売り上げが幾らならば 利益が発生しているのか?
    そんな費用対効果の高い広告を見極める指標として「ROAS」「ROI」「CPA」が存在しています。

    今回これらの指標を、具体例を挙げてまとめました。
  • 目次
  • 概要
  • ROAS
  • ROI
  • CPA
  • 感想
  • ROAS

  • 広告費に対して得られた売上を%で表したもの、
  • 広告費の何%の売り上げが立ったかを知ることができる。
  • ROAS=広告経由の売上÷広告費用×100(%)

  • *ROASの高い広告にはさらに予算を投下したり
    *ROASの低い広告のページの改善を行うといった判断ができる

    【例】
    CottonPotで広告を出す。9000円の売り上げを目標にしている。広告費用を1カ月5000円とした。この時のROASは?
    (9000/5000)*100=180[%]

    1カ月5000円の広告費で9000円売り上げが発生した場合広告費の1.8倍の売り上げがあったということになります。


    ROI(Return on Investment)

  • 広告費に対して得られた利益を%で表したもの
  • *(ROASが売上、ROIが利益と考えるとわかりやすい)

     ROI=広告経由の利益÷広告費用×100(%)

    【例】
    CottonPotで広告を出す。8550円の利益を目標にしている。広告費用を1カ月5000円とした。この時のROIは?
    (8550/5000)*100=171[%]


    CPA(Cost Per Acquisition)

  • 広告をかけたとき、コンバージョン1件を獲得するのにかかった費用
  • CPAの数値が高ければ高いほど1件のコンバージョンにつなげるための費用がかかっているということ
  • CPA=広告費用÷CV数

    感想

    Web広告を出そうと思い調査中です。
    過去一度一万円で一カ月だけ出稿した際はPVは増えたもののコンバージョンは0でした。

    9000円の売り上げを出すためには広告費を幾らかけようか?広告はGoogle広告だけでいいのか?
    SNS広告はどんなものか?などを調べています。
  • google広告の予算を考える

    概要

    web広告とは?効果が最大化する3つのポイントを解説! で勉強したことを元に、 アクセサリーショップCottonPotの広告を出稿しようと考えており、新たな疑問として幾ら位かければいいのか気になってきたのでgoogle広告の予算はどのくらいがいいのか調べました。


  • 目次
  • 概要
  • 一般的な広告出稿予算
  • 広告費用の決め方
  • CottonPotの広告費を決める

  • 一般的な広告出稿予算

    ネットで調べた限りになりますが、一般的に20~30万円を初期の予算として始める企業が多くいようです。
    掲載の目的が定まっていれば、「目標CPA × 目標CV数 = 必要予算」で決定します。

    広告費用の決め方

  • 「目標CPA × 目標CV数 = 必要予算」
  • CPA (Cost per Acquisition:コンバージョンを得るために幾らかかるか?)
  • CPA=CPC/CVR(コンバージョン率)
  • CPC(Cost Per Click:広告を見たユーザーが1クリック幾らか?)
  • 平均クリック単価(キーワードプランナーで調べられる)*クリック数=広告費
  • CottonPotの広告費を決める

    コンバーション数を決める

    コンバーション数、つまり何件の注文が欲しいかを考えます。
    とはいえ、今までショップ運営などしたことがないので、Web解析士の問題集などを参考に、仮に下のようなデータを目指すことを決めました

    売上9000円
    受注数3件
    商談数6件
    CV数24件
    フォーム到達数240件
    回遊数2400件
    セッション数9600件

    次にクリック単価を調べました。
    アクセサリーショップCottonPotは、ネックレスとピアスを販売しております。そこで、今回はネックレスのクリック単価をキーワードプランナーを使い調べました。
    その結果「18円~66円」とでてきたので、一番高い66円で計算しようと思います。

  • CVR=CV/セッション数*100=(24/9600)*100=0.25%
  • CPA=66/0.25=264
  • 広告費 = CPA*CV = 264 * 24 = 6336円

  • 広告の適切な予算は6336円と算出されました。文言等も考えて出稿はしたいと思います。

    広告費用対効果

    概要

    広告費用対効果についてまとめました。


  • 目次
  • 概要
  • 費用対効果の代表指標
  • 投資収益率(ROI)
  • 広告費用対効果(ROAS)
  • 本の紹介

  • 費用対効果の代表指標

  • 費用対効果の代表指標は投資収益率(ROI)広告費用対効果(ROAS)
  • 投資収益率(ROI)

  • 投資収益率(ROI)=利益への貢献度
  • 投下したコスト(費用)に対して得られる利益の割合
  • 広告費用対効果(ROAS)

  • 広告費用対効果(ROAS)=売上貢献度
  • キャンペーン期間における広告費用に対して得られた売上金額
  • 広告出稿によってどのくらい売上が上がったか
  • ROAS100%未満=広告費<売上
  • ROAS=売上/広告費(コスト)*100
  • 本の紹介