Web分析、改善の第一歩は「会社」と「ユーザー」を知ること

概要

会社とユーザーを知ることで、より良いWeb分析や改善を行うことができます。

会社を知る

  • 会社を知らなければWeb分析、改善どころか何の施策も行えません。
  • そのためには会社のWebの状況も把握する必要があります。
  • サイトの構造を理解し、どういったコンテンツがあってどのようなナビゲーションとなっているかをチェック
  • セッション数などの数値や推移は必ず知っておく必要があります。
  • Web広告の実施有無やツールの導入状況を知ることも大切です。
  • ユーザを知る

  • 商売の基本は誰に、何を、どう売るかです。

  • 顧客とは

  • 競合と比較した時に自社を最も評価してくれた人
  • →継続して評価してくれれば、その人はファンとなって企業は継続的な利益を得られます。
    →ユーザーを知ることができる最たるWeb特融のデータは気ワードです。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善のための5つの力

    概要

    Web分析には「情報収集」「情報発信」「仮説」「設計」「施策実行」の5つのスキルが必要になります。

    情報収集

  • 情報収集力
  • 収集した情報が必要かどうかの見極め力
  • 情報発信

  • 情報発信により、その情報に興味がある人が集まりさらに情報が集まります。
  • 発信することで、伝えるために整理するので自身の理解にも役立ちます。
  • 仮説

  • 情報から疑問点を見つけ結論を導き出す力、気付きを得る力です。
  • 設計

  • ゴールを定め道筋や方向性を決定する力です。
  • KPI(重要業績評価指標)を決定し測定する。
  • 施策実行

  • 施策を実行に移す力。
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善の目的

    概要

    Web分析、改善の目的は、「事業に成果をもたらすこと」です。 何を改善すれば、大きな成果がもたらされるのか考える必要があります。

    成果のために理解が必要なこと

  • 経営、マーケティングについて
  • Webインターネットについて
  • 統計、データ分析について
  • Web分析、改善で扱うデータの範囲

  • アクセス解析で取得できる自社のデータ
  • Webマーケティング解析によるデータ
  • ビジネス解析によるデータ
  • 参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。

    Web分析、改善が求められる理由

    概要

    スマフォの普及に伴い、企業のマーケティングの主戦場は、Webに移行しています。
    それに伴いビジネスの継続的な成長には、Webの分析、改善が必要不可欠となってきました。
    分析をせず戦略も立てないマーケティングでは、再現性がなく継続的な成長も望めません。

    戦略を立てるには

  • データを集め、区別し重要なものを抜き取ることで現状を正しく知る
  • この、区別をすることが分析の本質になります。

    スマフォ普及に伴う弊害

  • ユーザーの情報の取得先がテレビ、新聞からWebに変わったことで膨大な情報が取得できるようになった
  • それに伴い、ユーザーの行動が大きく変化し、分散されることになった
  • 自社のターゲットであるユーザーの行動や、どのようなアプローチが可能か掴みづらくなった
  • これを解消するためには、行動や趣味などを分析し、仮説を立て改善を繰り返す必要があります。

    参考書

    こちらをもとに、分析について学んでいきたいと考えています。